FC2ブログ

記事一覧

モーツァルト セレナード13番-4

 カラヤン指揮 ウィーンフィル 1949年録音 第一楽章 第二楽章 第三楽章 第四楽章...

続きを読む

ビッグ・ビル・ブルーンジー

William Lee Conley Broonzy (June 26, 1893 - August 15, 1958)1893 Born in Scott, Mississippi, on June 261899 learned how to play the fiddle1905 Started playing for the church, picnics, country dances   moved to Arkansas1912-1917 Worked as a preacher and violinist1918-1919 served in US Army1924 moved to Chicago, IL1930's Major artist on the Chicago blues scene   worked as janitor and maintena...

続きを読む

国定忠治 名月赤城山 後篇

 二代目 広沢虎造データ 明治32(1899)年5月、東京・芝白金生れ。本名は山田信一。(TBSアナウンサー=山田二郎は、虎造の二男) 19歳の時、大阪に行き、二代目 広沢虎吉に入門。初代 虎造が、三代目 虎吉を襲名したのを期に、23歳の時、二代目広沢虎造を襲名した。大正12(1923)年に上京し、講談の神田伯山の十八番、「清水次郎長伝」を浪曲にして、一躍人気を得た。昭和39(1964)年12月、65歳で他界。...

続きを読む

国定忠治 名月赤城山 前編

 国定忠治 名月赤城山 前編 国定忠治の物語の人間関係を私は良く知りません。コレまでの演目を聴いて判明した事をメモ的に書いて見ます。追加情報をご指摘いただければ幸いです。国定忠治(親分)この演目で、赤城山に立て篭もった子分が、60余名と語っている。(その子分達)1) 日光えんぞう(漢字不明)・・・大泥棒。「唐丸籠破り」で、忠治が助けた。忠治が昔、世話になった人。2) 清水がんてつ(漢字不明)・・・生臭坊主。「...

続きを読む

さだまさし

戦友会 作詞作曲=さだまさし櫛の歯が欠けるように仲間が減ってゆく戦友会に出掛けた夜親父が呟いた學舎でなく古の戦いの友が集う年に一度の思えば何て儚い祭りだろう誰もがいつか年老いてゆくけれど何とも俺達の風情は他人に玉手箱開けられてしまった青春の浦島たちのようだ命懸けてお前達を守ったと云わせてやれそれを正義と云うつもりはないが時代と片付けたくもない今の青春を羨ましくもないが替わろうかと云われても断るだろ...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ