FC2ブログ

記事一覧

トンガリ馬楽

 八代目 林家正蔵 品川区出身。17歳の時、後の三代目 圓遊に入門し福吉(ふくよし)。24歳で、三代目 圓楽。32歳で、五代目 蝶花楼馬楽。55歳で、八代目 正蔵。上野稲荷町の長屋に住んでいたので、「稲荷町の師匠」と呼ばれた。近所の長屋には、二歳上の、九代目 文治(留さん文治)が住んでいて、仲が良かった。 日本共産党の熱烈な支持者として知られていた。イデオロギーに共感した訳ではなく、「あたしゃ判官贔屓」と本人談...

続きを読む

林家正蔵

 七代目 正蔵は、明治27(1894)年生まれで、昭和24(1949)年10月26日に55歳で亡くなっている。志ん生より三歳下、文楽より一歳下、八代目 正蔵の二歳上だ。 師匠の初代 柳家三語楼は、名人と云われた三代目 小さんの弟子の中では異端児で、落語家と云うよりもむしろ三平スタイルのエンターテイナーだったのだ。だから、弟子の七代目も同じスタイルを踏襲して、古典落語をやるスタイルではない。弟弟子の金語楼や三亀松も古典落語な...

続きを読む

庚申待

【庚申待】(こうしんまち)宿屋の仇討(あだうち)【登場人物】熊五郎(ホラ熊)宿屋の泊り客大ぼら吹きの侍【概要】 日本橋馬喰町の旅籠屋で庚申待の日に、一日店を休み、町内の人達が、夜明かしで話をやり続けると云うのが庚申待の習慣。この日は旅籠は休みにするが、それを承知の人は泊める。武士が一人泊まる。 町内の衆は、「試し斬り」と「茶飯」を引っ掛けて「茶飯斬り」などと馬鹿っ話をしている。「お止しよ~。神様の...

続きを読む

ブルーベリー

 ブルーベリー(blueberry)は、ツツジ科スノキ属に分類される米国原産の落葉低木果樹。 栽培品種の成木の樹高は1.5~3m。春に白色の釣鐘状の花を咲かせ、花後に0.5~1.5cmほどの青紫色の小果実が生る。北米大陸でのみ栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木。果実は北米では古くから食用とされてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ローブッシュ系、ビルベリー等の交配に...

続きを読む

勝五郎の義心

 ♪旅行けば~駿河の路に茶の香り、ここは名に負う東海道。名所古跡の多いところ、中に知られる羽衣の松と並んでその名を残す、街道一の親分は、清水港の次郎長の義心伝のその中に、尾張名古屋の代官斬り、遠州森の石松の苦心談のお粗末を不弁ながらも勤めましょう・・・ 二代目 広沢虎造データ・・・明治32(1899)年5月、東京・芝白金生れ。本名は山田信一。(TBSアナウンサー山田二郎は、虎造の二男) 19歳の時、大阪に行き、二代目 ...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ