FC2ブログ

記事一覧

明治時代の落語

 戦前の落語の状況と云っても・・・もはや戦後60余年。落語評論家の長老とも云える、談志さんだって、終戦当時は、十歳足らずでした。 落語を正しく評価でき、また語れる人で、ご存命の方が少なくなって来てしまいました。志ん生・文楽は、もちろん戦前からその名前でやってはいましたが、本当に大衆に支持されたのは戦後です。七代目 馬生や翁家馬之助時代の彼らが一世を風靡した訳ではありません。 現在、どこまで歴史を辿れるか...

続きを読む

君恋し

 「君恋し」と云えば・・・フランク永井のヒット曲で、昭和36(1961)年の第三回レコード大賞の歌なんですが・・・それは、ドドンパ風なスローリズムにアレンジされたもので、リバイバル・ヒットなんです。オリジナルは、昭和3(1928)年12月にビクターから発売された、二村定一(ふたむらていいち)盤です。 喜劇のスーパースターだったらしい二村定一。エノケンなどと戦前数多く共演したらしい。 途中に「埴生の宿」のメロディーが入る...

続きを読む

知りたくないの

 なかにし礼さんが訳詞したこの歌は、日本では、タンゴ歌手の菅原洋一さんが、昭和40(1965)年に発売して、二年後の1967年にヒットした歌謡曲ですが・・・元々は、ドン・ロバートソン Don Robertson の曲に、ハワード・バーンズ Haward Barnes が詞を付けて、昭和28(1953)年に発表されたカントリー・ソングです。 ギブソン・ギター Gibson のレス・ポール・モデルとしても有名な、米国のエレキ・ギターの神様=レス・ポール Les Paul...

続きを読む

バンジョー

                 Gibson Mastertone Banjo Earl Scruggs Special バンジョーは、アフリカ系アメリカ人が、アメリカに於いて、アフリカの幾つかの楽器の特徴を取り入れて生み出した弦楽器。 普通、バンジョーと云うと、日本では、ディキシーランド・ジャズで演奏される、四弦のテナーバンジョーが知られていますが、20世紀の中頃にブルーグラスと云う音楽で使われた、五弦バンジョーの独特のサウンドが注目され...

続きを読む

冗談音楽

 「冗談音楽」と云うのが、かつてはありました。これは、面白い歌詞で笑わせる、いわゆる、「コミック・ソング」とは違って、ナベなどの楽器ではないものを使って、演奏して笑わせると云うスタイルの音楽です。 この音楽の元祖は、米国のスパイク・ジョーンズ Spike Jones(1911~1965)で、彼のシティ・スリッカーズと云うバンドは、戦前に、大いに活躍しました。このバンドのスタイルをコピーしたのが、フランキー堺とシティ・...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ