FC2ブログ

記事一覧

たが屋

 「たが」と云うのは、漢字で「箍」と書きますが、竹を裂いて梱包テープ状にしたものを、三本程度編んで輪にして、桶や樽の外側にはめて、桶や樽がバラバラにならないように固定する帯状の枠。風呂桶とかワインを寝かせておく樽などは、金属製の「たが」が使われます。古い時代には金属加工が困難だったために、「たが」の素材としての竹が手に入りやすい日本では、竹製の「たが」が使われていて、古くなって劣化した「たが」を新...

続きを読む

三遊亭百生

 三遊亭百生(ひゃくしょう)と云う噺家の名跡は、現在では途絶えております。百生名跡を名乗った噺家さんは三人いたらしいのですが、初代 百生と云われている人は、圓朝門下の三代目 圓生(1839~1881 初代 圓楽)に入門して初代 圓輔を名乗り、三代目の没後、四代目 圓生(1846~1904)門に移って、初代 百生を名乗ります・・・が、後に幇間に転向し松廼家喜作と名乗ったらしい。この喜作が四代目 圓生門下で百生を名乗っていた事...

続きを読む

夢八

 「夢八(ゆめはち)」または「夢見の八兵衛」と云う落語演目は上方落語で、東京でやっている噺家さんはいないかも知れません。ただし、東京で上方落語をやった二代目 三遊亭百生(1895~1964)や、二代目 桂小南(1920~1996)が持ち根多にしていたので、東京でお聴きになった方もいるかも知れません。  内容は・・・怪談噺です。とは云うものの、怪談噺風滑稽噺と云うモノで、怖がらせながら笑わせると云う、落語国独特のスリラ...

続きを読む

新会長

 会長と申しましても、ピンからキリまでございまして・・・って火焔太鼓の語り出しみたいになっちゃいますが・・・  落語協会の会長ですよ、お客さん。五代目 鈴々舎馬風に替わって、十代目 柳家小三治が六月に会長になるってアナウンスはあったのですが、六月何日なのか・・・落語協会のHPを見ても、会長は鈴々舎馬風になってるし・・・  私は、現代落語に関してはまったく知らないから、そう云う事は知りません。昨日の夕方、NHKのニュ...

続きを読む

スカラーソング

 スカラーソングと云うのは、明治から昭和初期にかけて活躍した神長瞭月(かみながりょうげつ 1888~1976)と云う演歌師が作詞した歌。当時の演歌と云うのは、自由民権運動や大正デモクラシーの高まりと共に、街頭で演説する人が増えて、社会や風紀を乱す恐れがあるために、街頭での演説が禁止されました。演説ではなく歌を歌うなら構わんだろうと、バイオリンを弾きながら社会風刺の歌を歌ったのが、演歌です。  あくまでも社...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ