FC2ブログ

記事一覧

宿題

 8月31日と云えば・・・夏休みの宿題をやる日~(^∇^)  家庭学習の習慣を身につけるのが宿題の本来の狙いらしいのですが・・・学校で勉強させているのだから、家庭で学習する必要がどこにあるのでしょうか・・・  家庭で学習するんなら、学校なんか要らないはずです。平成20年度の一般会計の歳出総額は、83兆円ですが、そのうち「文教及び科学振興費」として、5兆3千億円が使われており、防衛費の4兆8千億円よりも多いんです。  だか...

続きを読む

すみだ川

 君はいま 駒形あたり ほととぎす  この俳句は、落語好きな方なら、どっかで聞いた事があるぞと思われるでしょう。  「仙台高尾」とか「反魂香(高尾)」と云う演目に登場する、吉原の大店、三浦屋のお職(おしょく=ナンバー・ワン)花魁名跡であった、「高尾太夫」が仙台藩主の伊達綱宗に贈った俳句と云われているものですね。高尾太夫の名跡は、一説には十一代まで続いたそうですが、この俳句を作ったのは、二代目の「万治...

続きを読む

花瓶

 花瓶(かびん)とは、花を活ける容器であり、尿を受ける容器ではない(^ω^)  「しびん」と云う落語の原話は、毎度お馴染みの、宝暦13(1763)年に出版された「軽口太平楽(かるくちたいへいらく)」にある「しびんの花活け」。上方では、「しびんの花活け」の演題で、橘ノ圓都が演じており、米朝に伝えました。東京では、桂文楽が「しびん」の演題で名演を残しました。同じ演目なのですが、金原亭馬生は、「花瓶」の演題でやりま...

続きを読む

耳なし芳一

 耳なし芳一(ほういち)と云うのは、第81代天皇の安徳天皇(1178~1185)や平家一門を祀った阿弥陀寺(現在の赤間神宮、山口県下関市)を舞台とした物語、怪談。小泉八雲の小説『怪談』にも取り上げられ広く知られるようになりました。  この話の背景は知らなかったけれども、耳にお経を書かなかったために、耳をもぎ取られたって話だけは、子供の頃に知っておりました。  阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでいまし...

続きを読む

ジャズ

 ジャズ(jazz)とは、音楽の一形態なのですが、ポップス(pops=流行歌)と云う用語と同様に、あまりにも多種多様であり、私ごときに定義できるようなものではないので、辞書を調べたが、これまたよく判らない。辞書と云うのは、言葉を定義するものであるから「様々な・・・」と云う言葉は使うべきではないと思います(^ω^)  ・・・と云う事で、ジャズとは「様々な音楽」であ~る! と、当ブログでは定義しておこう。だから~「様々」...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ