FC2ブログ

記事一覧

時計のロック

 ロックン・ロールと云えば、米国の専売特許のように思えますが、実は英国にもそのルーツがあって、ビル・ヘイリーとコメッツの・・・と云う記事を書こうとしてちょっと正確な事を調べたら・・・にたり、にたりで、これはしたり(^ω^)  私は半世紀以上も間違った解釈をしていました。ビル・ヘイリー(Bill Haley 1925/7/6~1981/2/9)って、私はてっきり英国人かと思ってたのですが、ミシガン生まれの米国人じゃないですか・・・(^ω^)  ...

続きを読む

山崎屋

【登場人物】鼈甲問屋山崎屋の若旦那通い番頭の佐平(表向きは堅物)山崎屋の旦那町内の鳶頭 【概要】 日本橋横山町の鼈甲問屋、山崎屋の若旦那が番頭の佐平に、ちょいと金の工面をしてくれないかと頼みました。いいですよ。お幾らほど?  なにね・・・ほんの百両(800万円)だよ。  冗談を云っちゃ困りますよ。若旦那。一分(2万円)や二分ならいざ知らず、通いの番頭に百両なんて金が工面できる筈が無いじゃないですか! あな...

続きを読む

左馬

 「馬」の字が反転した字が書いてある将棋の駒の置物がございます。もちろん、このような将棋の駒は無く、縁起物の置物としてあるだけです。これの読み方は「ひだりうま」と云います。  実際の将棋の駒では、「角行(かく)」が成った時に駒を裏返すと、「馬」と云う字が書いてあります。将棋で「うま」と云った場合は、桂馬の事ではなく、成角(なりかく)の事を云います。自陣に退いた馬は、最強の防御駒と云えます。  で、...

続きを読む

立川談志

 「噺家」と云う商売は難しいなぁ・・・  聴く耳持たない客を相手に、真面目に落語をやってもしょうが無いからね。判りゃしねぇんだから・・・(^ω^)  貧乏人に金持ちの苦労が判らないのと同じなんだよ。30前後の頃の談志は、本当に落語が上手かったと思いますが、今年74歳になった談志は、時代に流されて、止む無く波乱万丈な噺家生活を送らなければならなかった志ん生とは違いますが、自ら好んで、波乱万丈な噺家生活を送ってきた...

続きを読む

紀元二千六百年

 作詞=増田好生 作曲=森義八郎 金鵄輝く日本の 栄えある光身に受けて今こそ祝えこの朝 紀元は二千六百年嗚呼一億の胸は鳴る 歓喜あふるるこの土を しっかと我等踏み締めて遥かに仰ぐ大御言 紀元は二千六百年嗚呼肇国の雲青し 荒ぶ世界に唯一つ 揺るがぬ御代に生立ちし感謝は清き火と燃えて 紀元は二千六百年嗚呼報国の血は勇む 潮ゆたけき海原に 桜と富士の影織りて世紀の文化また新 紀元は二千六百年嗚呼燦爛のこ...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ