FC2ブログ

記事一覧

素敵なタイミング

受験生は混乱しないように・・・京大、入試問題ネット流出で理事長呼びかけ  京都大学は26日、試験中にネット掲示板に入試問題の内容が掲載された件について、同大学サイトに淡路敏之理事長の名前でコメントを掲載した。  それによると、25~27日の個別学力試験のうち、ネットに掲載されたのは25日の数学と26日の英語の試験問題。この件について、事実関係の調査を開始したという。  京都大学では不正行為に対しては厳正に対処...

続きを読む

花いかだ

 今回のニュージーランド国クライストチャーチ市の大地震に於ける建物崩壊で、多くの日本人語学留学生の安否が今だに不明で、ご家族のご心配は如何ばかりか・・・お見舞い申し上げます。  それはさて置き、日本に於ける世論と云うのは概ね、テレビのワイドショーによって「作られている」と云っても過言ではありません。一年半前の衆院選挙で政権交代させた主な原因は、前政権への政治不信や民主党の公約への期待ではなく、ワイド...

続きを読む

文七元結

 文七元結(ぶんしちもっとい)と云う落語演目は、大真打ちにしかできない大根多の一つとされ、登場人物も多く、フルパーツをやれば一時間以上掛かる演目なので、定席の寄席以外の落語会でないと滅多に口演される事はありません。  音源が残されているもの、残っていないが演じたと記録に残されているものがありますが・・・初代 三遊亭圓右、四代目 橘家圓喬、五代目 三遊亭圓生、五代目 古今亭志ん生、八代目 林家正蔵、六代目 ...

続きを読む

天神山

 「天神山(てんじんやま)」と云うのは上方落語の演題で、東京では「安兵衛狐(やすべえきつね)」とか「葛の葉(くずのは)」、あるいは「墓見(はかみ)」と云う演題でやります。「野晒し(骨釣り)」によく似た演目です。  この演目は、人形浄瑠璃の「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」や、それを基にした歌舞伎の「葛の葉」を原典としています。「葛の葉」と云うのは、伝説上の狐の名前です。村上天皇の時...

続きを読む

夏の医者

 医者の季語は? ・・・まあ、医者に季節は関係ないと思いますが、落語の「夏の医者」は、サゲ(落ち)の関係で、夏でなくてはなりません。  「夏の医者」は、東西共にまったく同じように演じられている演目で、原話は、明和2(1765)年に出版された笑話本「軽口独狂言」にある「蛇(うわばみ)の毒あたり」。上方落語の「ちしゃ医者(駕籠医者)」とは別の演目です。  「ちしゃ(萵苣)」と云う植物名は現代では使われてないと思い...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ