FC2ブログ

記事一覧

廓噺

 廓噺(くるわばなし)と云うのは、落語には大きなウエイトを占めるほどたくさんあるのですが、廓(くるわ)と云うのは、半世紀以上も前に法律的には廃止になったようで、現在では、落語で語られているスタイルの遊郭は存在しないと云えます。  ですから、現在の噺家が廓噺をしたとしても、実際には知らない世界であり、想像で語っているに過ぎません。しかしながら、文明の利器と云うものは凄いもので、実際の廓を知っている故...

続きを読む

彦六大いに笑ふ

 ピー・シー・エル製作。昭和11(1936)年11月12日封切り。71分。モノクロ作品。 演出 ................  木村荘十二  脚色 ................  三好十郎  原作 ................  三好十郎  撮影 ................  立花幹也  音楽監督 ............  清田茂  演奏 ................  P.C.L.管弦楽団  装置 ................  久保一雄  録音 ................  安恵重遠  ...

続きを読む

すててこ誕生

 八代目 林家正蔵(1895~1982)(トンガリ馬楽)  読まん年・書かん年(前座=寄席の下働き) 円歌(1891~1964)・今輔(1898~1976)・金馬(1894~1964)・可楽(1898~1964)  二ツ目(真打ち=羽織を着る師匠と云われる前の時間繋ぎ) 志ん生(1890~1973)・文楽(1892~1971)  データ・・・初代 橘家圓三郎 文政11(1828)年~明治19(1886)年8月8日 享年=58 前名=朝寝坊夢輔 本名=林三之助 寄席坐り踊りの祖  デ...

続きを読む

親鸞

 明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは  ご隠居。いい都々逸ですね。 ばかもん! それだからお前は、物を知らないって、子供に六文くすねられたりするんだよ。よくお聞き、八っつぁん・・・お前に浄土真宗だなんて云っても判らんだろうが、鎌倉時代の初めに仏教の派閥の一つを作った、親鸞(しんらん)と云うお坊さんがいたと思いなさい。  その親鸞が子供の頃、当時の天台座主(てんだいざす=天台宗の総本山、...

続きを読む

民謡

 民謡と云うのは、特定の国や地域において、主に口承によって伝わってきた伝統的な歌唱曲であり、民族音楽の事を云うらしい。どう云う基準による調査かは不明だが、日本には、五万八千曲ほどの民謡があるらしい。  しかし、現代の若い人は、日本の民謡を十曲以上知っているってのは、変わり者の部類に入るのかも知れない。かく云う私も、聴けば数十曲は知っているはずだが、題名を云えって事になると、十曲以上は無理だ。  そ...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ