FC2ブログ

記事一覧

芝浜

 暮れになると良く演じられる落語に「芝浜(しばはま)」と云うのがある。圓朝が三題噺として、「酔漢」、「財布」、「芝浜」の題で即興で作ったとされている。この演目を落語の大根多だなどと云っている連中がいるが・・・私はそうは思わない。こんな演目を後生大事に改作したりする連中の気が知れない。どうせ碌な演目じゃないんだから、志ん生や可楽のように短くすっきりやった方が、後味がよい。こんなロクでもない演目を暮れに2...

続きを読む

歳末対談

 昭和31(1956)年12月24日に、神田のうなぎ屋「神田川」で、落語界の歴史に残る超ビッグな対談が行われた。66歳時の古今亭志ん生と62歳時の三遊亭金馬と云えば、落語を良く知っている人なら、ビックリして座り小便してバカになっちゃうくらい凄い対談です。  残念ながら年末のラジオ放送用に収録されたものなので映像ではありません。金馬さんがしょっぱなに志ん生に対して「おめでとう」と云っているのは、志ん生がこの年に「お...

続きを読む

尻餅

 隣町で人だかりがしてたやさかい、この暮れに行き倒れかいなと思うて覗いたったら、きょうび珍しいちん搗きしとったで・・・  と云う事で、まだまだ右肩が痛とうて、記事書くのが難儀やし・・・大阪弁を考えながら書くのは時間が掛かりますので、このへんにさしといてくんなまし・・・(^ω^)  餅(もち) とは、日常的に食べる「うるち米」に比べて粘り気のある「もち米」を磨(と)ぎ、水気を切り、蒸し布で包んだものを蒸篭(せい...

続きを読む

大晦日

 大晦日(おおみそか)は、一年の最後の日。天保暦(旧暦)など日本の太陰太陽暦では12月30日、または12月29日だったが、現在のグレゴリオ暦(新暦)では12月31日。翌日は新年(1月1日)となるのは、与太郎でも知っている。「大つごもり」とも云い、落語では、「都合が漏る」と云う俗説も語られる。日本では、年神を迎える事にちなむ行事が行われる。  旧暦では毎月の最終日を晦日(みそか)と云った。晦日のうち、年内で最後の...

続きを読む

加賀の千代

 加賀千代女(かがのちよじょ) 元禄16(1703)年~安永4(1775)年10月2日 享年72 俳人。号は草風、法名は素園。千代、千代尼などとも呼ばれる。  朝顔を多く歌っている事から、出身地の松任市(現・石川県白山市)では、市民への推奨花の一つに朝顔を選んでいる。 白山市中町の聖興寺に、遺品などを納めた遺芳館がある。  朝顔に つるべ取られて もらい水 千代女の最も有名な句の一つですが・・・35歳の時に「朝顔や・・・」と詠み直...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ