FC2ブログ

記事一覧

宿屋町

 ヤフーブログには、上方落語の記事をコンスタントにお書きになっているブログが探しても見付からないと云う事から、上方落語をほとんど知らない藪井竹庵が無謀にも「東の旅」の幾つかの演目を連続して記事上げすると云う、暴挙に出ている昨今ではあります。  上方落語の「東の旅」と云う旅噺のシリーズは、大阪から奈良へ下り伊勢街道を使って伊勢神宮へ行き、帰りは北上して大津から琵琶湖を経由し京都の伏見から三十石の夜舟...

続きを読む

浮かれの尼買い

 「三人旅」と云う落語演目は、古くは初代の圓右や三代目 小さんもSP音源を残しているし、金馬や圓生や小さんも音源を残している東京落語の旅噺のシリーズです。  ほなあほな。「三人旅」は、喜六と清八がお伊勢詣りをする「東の旅」の一部で上方落語やおまへんか? と仰る方もいる事でしょう。  まあ私のような素人には難しい事は判りませんが、東京の「三人旅」と云うのは、無尽(むじん)と云う、口数を定めて加入者を集め...

続きを読む

軽業

 軽業(かるわざ)と云う落語演目は、「伊勢参宮神乃賑(いせさんぐうかみのにぎわい)」と云う長編の上方落語の一遍です。大阪からお伊勢さんへ見物に行く、いわゆる「東の旅」の一部が独立した演目です。  上方落語ではお馴染みの、喜六(きろく)と清八(せいはち)のコンビ。江戸落語では、八っつぁん、熊さんのようなスットコドッコイの名前。その二人が、大阪から伊勢参りをした帰り道の道中で、様々な見世物をやっている...

続きを読む

杉玉

 杉玉(すぎだま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に、作りたては緑色の杉玉を吊るし、その色が枯れて茶色に変化して行く事により、新酒の熟成状況を客に知らせるディスプレイ。  今日では、酒屋の看板のようになっているが、元々は酒の神様に感謝を捧げるものだったらしい。その起源は、酒造りの神様=大神神社(おおみわじんじゃ=奈良県)...

続きを読む

太田道灌

 室町時代の武将だった太田道灌(1432~1486)は房総の千葉氏を抑えるため、当時の利根川下流域に城を築く必要がありました。そこで道灌は、秩父江戸氏の領地であった武蔵国豊嶋郡に江戸城を築城しました。品川に居住していた道灌が江戸城に居を移したのは、1457年だと云われてますから、弱冠25歳! 昔の人は若くして大きな仕事をしたんですねぇ(^∇^)  徳川家康が駿府城(1586年入城)から江戸城に入城したのは何年でしたっけ?...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ