FC2ブログ

記事一覧

産卵間近

 今年の藪さんローカルのツバメの産院では二羽のお母さんが子育てをし、それぞれ四羽(6/8に巣立ち)と五羽(6/15に巣立ち)のヒナが無事に産卵ベッドから巣立ちました。。その後、十日くらいは産卵希望の別のお母さんと思われるツバメが、朝夕に入れ代わり立ち代り産院の下見に飛来していたのですが、何が気に入らないのかすぐにどこかへ飛んで行ってしまい、土を運んで産卵床を作る行動には至りませんでした。。藪さんローカル...

続きを読む

ツバメの見回り

 藪さんの近所で今年ツバメが子育てをしているのが確認できている場所は四ヶ所あります。。先週土曜日の午後にその四ヶ所を見回ってきました。その状況の報告です。。四ヶ所の内、一番早い所は既に二回目の抱卵に入っています。一ヶ所は先週の木曜日の午後に今年一回目の子育ての三羽の大きなヒナを確認したのですが、二日後の土曜日の午前中までに巣立ってヒナの姿は確認できませんでした。。残りの二ヶ所では藪さんローカルも含...

続きを読む

ツバメの壁ドン

 「壁ドン(かべどん)」と云うのは、長屋のような集合住宅で隣がうるさい時に「うるせぇぞ~。静かにしろぃ!」と云う意味で、壁をドンドン叩く事。。しかし昨年の新語大賞で上位になった「壁ドン」は、壁をドンドン叩くと云う意味ではなく、男が女性を壁に追い詰めて、壁に手を付いて通せんぼして女性の退路を断つ・・・と云う暴力行為の事を意味しているらしい。。話はガラッと変わりますが・・・一般的に野鳥が子育てをする時は、枝...

続きを読む

二回目の子育て

 藪さんが何故ツバメにご執心なのかに付いては疑問に思われる方もいるかも知れません。。ツバメはもちろん野鳥です。同じ野鳥のスズメやハトとは違って、人間からエサをもらったりはしません。何故人家のそばで子育てをするのか?。人間が住むそばには天敵の猛禽類は寄り付かないから比較的安全に子育てが出来るからなんです。現代に於いてツバメの子育ての最大の難関は・・・人間です。。人間の赤ん坊だってお母さんは夜も寝られな...

続きを読む

隣町のツバメ

 藪さんローカルでは今年二ヶ所でツバメの子育てが行われて、防衛隊の協力もありカラスに襲われる事もなく、また近隣住民の苦情も封じ込めて無事に九羽のヒナが巣立ってくれてありがたい。。・・・のではあるが、表の棚から巣立った四羽のヒナが五日間産卵床のそばに夕方帰ってきてくれて寝てくれたのはありがたいのですが、連日の飛行訓練によってヒナはかなり飛べるようになったとみえて、ツバメのお母さんがヒナを連れて里帰りす...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ