FC2ブログ

記事一覧

くじら屋

 浅草の名物飲み屋と云うと、捕鯨船かも知れません。たけしが浅草キッドと云う歌の中で、♪煮込みしかない「くじら屋」で・・・と歌った店です。。店主は元デン助劇団の俳優さんで、テレビで何度も紹介されてますが、矢鱈とテンションが高い。藪さんは志ん生と同じで一人でゆっくりと飲みたいタイプだから、くじら屋のような店では飲みたくない(^ω^)。まあ浅草と云うとどうしても雷門となっちゃうんですが、本当の浅草ってのは裏通...

続きを読む

六芸神

 残念ながら現在の浅草には江戸情緒など微塵も残っていないと藪さんは思います。。本来の江戸っ子ってのは、気合だぁ~なんてバカな事は叫ばずに、地味なお洒落を追求したんです。神田生まれの志ん生は高座ではいつも黒い羽織を着ていましたが、その裏地は浮世絵の美人画。草履には徳利の刺繍がしてある。。つまり見えないところにお洒落をするのが江戸っ子の粋なんです。残念ながら雷門前で客引きをする何社もの人力車屋さんは、...

続きを読む

志ん生の稽古場

 志ん生はご贔屓に金を出してもらって日暮里に家も持つまでは、随分と夜逃げ紛いの引越しを繰り返したようです。。貧乏だったから家財道具なんか持ってないので、借家を転々としていたらしい。長女の美津子さん、二女の喜美子さん。そして長男の馬生が誕生(1928年生)した時には、笹塚の借家に住んでいた。。その頃の志ん生は昭和初期の不景気で多くの噺家が落語では食えないので離職を余儀なくされる中、一年間講談に転向しまし...

続きを読む

圓朝まつり

 三遊亭圓朝と云うのは、幕末から明治中頃に掛けて活躍した東京落語の中興の祖と云われています。。自ら落語を演じたばかりではなく、現代では圓朝モノと云われている数多くの落語作品を作りました。また、牡丹燈篭とか髪結新三、乳房榎や文七元結などなど、数多くの圓朝作品が歌舞伎で演じられています。。一説には孫弟子を含めると五百人からの弟子がいたと云われる大家で、圓遊や圓左や圓右や四代目 圓喬や二代目 小圓朝など、...

続きを読む

ビール爆売れ

 夏場のイベントは、やっぱり暑いので、ちべたいビールがあると嬉しいよね(^∇^)。缶ビールじゃダメなんです。プロがビールサーバから時間を掛けて注いでくれる生ビールじゃないとね。きめの細かい泡。美味しさがぜんぜん違います。藪さんはすぐにお腹がいっぱいになっちゃうので普段はビールなんか飲まないんだけれども、おいしい生ビールだけは、あれば呑みます(^∇^)。7月の靖國神社の御霊祭では、表参道の屋台の出店を禁止...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ