FC2ブログ

記事一覧

藪さんも楽しい

 いったいいつまで盆踊りの記事を続けるんだようってお思いでしょうが、あと四日くらいかな? (^ω^)。根多がない訳じゃなくて、そのあとには本郷櫻木神社の祭りの取材記事を、十日分くらい用意しています。。何故こんなに長く白山神社の盆踊りの記事を続けているのかと云うと、現場にいないとその楽しさは判らないと思いますが、近年にはなかったくらい物凄く楽しかったからです。。少子高齢化って何じゃらホイと思ってしまうほ...

続きを読む

子供たち喜ぶ

 少子高齢化と云われて久しい。高齢者が増える事は医療技術が発達すれば当然の事であり、悪い事ではない。。問題は、若い人が容易に結婚できて安心して子供を作れる社会情勢にはなっていないと云う事なのだ。大手町にある気象庁周辺では、この数年ツバメを発見できていないと云う。。ビルが林立してしまい、ツバメが安心して子育て出来る場所がなくなっているのが要因である事は明白。。人間社会もそれに似ている。地方には雇用機...

続きを読む

盆踊りの夜の熱気

 藪さんが社会人になった頃の40数年前には、コンパと云う数十人が入店できる安価な洋風居酒屋がありました。二世代前のバーテンのいるトリスバーの規模を大きくしたような、若者をターゲットにした洋風飲み屋で、赤提灯を嫌う世代の飲み屋でした。。職場の関係で銀座三越を担当していましたので、かつて西銀座ビルの二階にあったアメリカーナと云う百人くらい入れるコンパには、週に三日くらいは飲みに行ってました。。名前を失念...

続きを読む

バハマママ

 なんじゃそりゃ? ってお思いでしょうが、近年では「ドラえもん音頭」などと共に子供たちがノリノリで踊っている盆踊りの曲で~す(^∇^)。盆踊りの楽しさを分析してみると、老若男女が同じ「振り」で少しずつ前進しながら踊る事ではなかろうか。藪さんが小学生時代には、体育の時間に「オクラホマ・ミキサー」だとか「藁の中の七面鳥」などの幾つかのフォークダンスの組み踊りを体育の授業として踊らされました。。フォークダン...

続きを読む

白山神社の盆踊り

 盆踊りと云う、一曲が三分程度の民謡や歌謡曲を次から次へと流して、老若男女が誰でも自由参加できて屋外で踊って行くスタイルってのは、日本にしかないのかも知れません。。藪さんが子供の頃の昭和30年代には、夏(秋)祭りと盆踊りはセットになってましたから、ペギー葉山さんの「南国土佐をあとにして」だとか、三橋美智也さんの「夕焼けトンビ」とか、三波春夫さんの「チャンチキおけさ」などの当時の流行歌で盆踊りを踊って...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ