FC2ブログ

記事一覧

さらば河津桜

 ソメイヨシノが一斉に咲き出す前に目を楽しませてくれるのが、河津桜に代表される早咲きの桜です。 一口に河津桜と申しましても、戦後に伊豆の河津町に自生しているのが発見された品種で、後に河津桜と命名されました。同じような状況で修善寺で発見されたのが修善寺桜、御殿場で発見されたのが御殿場桜と云うように、発見された地名が付けられています。 紀伊半島の吉野桜、伊豆大島の大島桜のように、江戸時代からあった桜に...

続きを読む

文京桜祭り

 さていよいよ桜祭りの季節がやってまいりました。都会のチベット小石川が年に二回だけ賑わうイベントです。 もう一回は何かと云うと、こんにゃくゑんまの除夜の鐘(^ω^) 地方では限界集落とかと云って、人口減少により無人村になるのを問題視したりしますが、都心の場合はそれとは逆に人が少ない方が静かで落ち着きます。 とにかく東京ってところは狭い場所にゴチャゴチャと佃煮にする如く人間がいますので、人間がいない事...

続きを読む

上野公園入口

 「上野の山崎町を出まして、あれから山下へ出まして・・・」。落語の「黄金餅(こがねもち)」の麻布までの道中付けの出だしです。 山下と云う地名があった訳ではなくて、上野の山の下と云う意味ですね。新橋まではまっつぐに現在の中央通りを、夜中に西念の死骸を入れた早桶を担いで行く訳ですが、その山下の場所がこの上野恩賜公園の入口です。 上野公園と云うのは、かつてはすべて東叡山寛永寺の広大な敷地でした。徳川幕府に...

続きを読む

上野の桜の代表木

 ソメイヨシノと云う桜の品種は、明治の初めに豊島郡染井村(現在の駒込辺り)の植木屋さんが、小石川薬草園(現在の小石川植物園)で、様々な桜の苗木を接木して作り出した園芸品種と云われています。 桜の中では薄いピンク色で最も白に近いために明るく華やかな桜なので、明治中期頃に一斉に全国に広まりました。東京市長だった尾崎行雄はワシントン市へ友好のしるしとしてソメイヨシノの苗木を贈りました。現在ワシントンのポ...

続きを読む

上野の花見の準備中

 さてさて、そろそろ花見の季節になってまいりまして、あちこちの花見スポットでは桜祭りの準備が始まっている事でしょう。 東京の花見スポットと云えば幾つもありますが、上野の山もその一つでしょう。毎日30トンものゴミが出るくらいで、見物客の多さではピカイチでしょう。 そんな上野の山の桜祭りの準備状況を取材してきました。普段から外人観光客が多い場所なので、14日の木曜日の平日にも拘らず、まだソメイヨシノが咲い...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ