FC2ブログ

記事一覧

合格するぞ!

 学問の神様の菅原道真公を祀っている各地の天神様(天満宮)は、受験シーズン前には絵馬を奉納する受験生でごった返します。 菅原道真公が御祭紳になっているのは何も天神様だけではなく、根津神社でも御祭紳にしてるんです。でもこれは良く調べないと判らないので、根津神社では受験シーズンにあまり絵馬は売れない(^ω^) つまり受験生に人気の天神様ってのがあるんですよね。本家は九州大宰府の天満宮。大阪にも天神祭りと...

続きを読む

猛暑の夏祭り

 夏祭りは暑いのが当たり前。とは云え、東京で夏祭りと云ってるのは五月の祭りの事で、朝顔市をやるような七月の真夏ではなく、サツキが咲く五月のさわやかな季節の祭りなんです。 ところがドッコイ。今年は異常気象で五月に30度を越える真夏日が続きました。甚平を着て朝顔市の取材に行く時の気温ですよ。 案の定、今年の五月の熱中症による救急搬送者は去年の四倍だそうです。数人の死者も出ています。くわばら桑原。神田と三...

続きを読む

湯島天神本社神輿

 一口に神輿と申しましても、実にいろんな神輿があるんです。 一番多いのが町内会の神輿で、祭りが盛んな町会では大人神輿と子供神輿と幼児神輿なんてのも持ってます。江戸三大祭の一つの神田祭では、108もの氏子町会や睦があるそうで、それぞれの神輿が神田明神に宮入りしたら日曜日一日では間に合わないので、土日の二日間で宮入りしています。 神輿の管理やメンテナンスって大変で、雨に降られると金属部分は錆びちゃうし、...

続きを読む

祭り手拭い

 考えてみたら当たり前なんだけど日本の祭りって純和風なんですよね。 町会や神社でお揃いの浴衣を着ているし、祭り半纏もおそろい。足元は神輿を担がない人は雪駄です。神輿を担ぐ人は近年はゴム底の地下足袋が定番になってます。 木遣りをやってくださる江戸町火消し保存会の鳶かしら連中は、制服の刺し子半纏に雪駄か草鞋です。今時、草鞋ってどこで売ってるんだろうと考えてしまいます(^ω^) でもそれが東京の粋な祭りの...

続きを読む

湯島天神祭

 文京区の神社の一番最初のお祭りは、湯島天神の夏祭りです。考えてみると文京区の夏祭りって湯島天神だけで、あとはみんな秋祭りなんですねぇ。簸川神社、根津神社、白山神社、本郷櫻木神社みんな九月の秋祭りです。 湯島天神は、去年が本祭りで神幸祭のパレードがありましたが、今年は陰祭りです。でも令和初の祭りと云い事で、日曜日には本社神輿の渡御がありました。 それにしても土日は物凄くいい天気で、二日とも30度を越...

続きを読む

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ