FC2ブログ

記事一覧

タブラ


 タブラ Tablaは、北インドの太鼓の一種である。正確にはタブラ(高音)とバヤ(低音)という2種類の太鼓であり、組み合わせてタブラ・バヤとも呼ばれる。指を駆使し複雑で多彩な表現が可能である。

 胴は、高音のタブラは木で、低音のバヤは銅や真鍮などの金属でできている。胴の底は閉じており、壷や器のような構造になっている。皮はヤギ革であり、高音のタブラは中央に、低音のバヤは中央よりやや前側に、鉄粉を穀物の粉などと練りこんだ、スヤヒと呼ばれる黒いものが塗られている。これにより容易に倍音を発生できることがタブラの大きな特徴である。皮は、革紐で胴の底部と結び付けて張る。紐の結びかたを変えたり、紐と胴の間にはさんだコルク栓サイズの木の小片(グリ)の位置を動かすことなどで張力を調整し皮のチューニングを行う。チューニング時には小型のハンマー(ハトリ)も用いる。曲の調によってそのつどチューニングを変える。

 奏者の右側に高音、左側に低音の太鼓を、布製の、円座のようなクッションの上に置く。上面の皮が少し前を向くように傾ける。

 右手では右の太鼓のみ、左手では左の太鼓のみを叩く。右手で5種類程度、左手で3種類程度の音を出す。音にはそれぞれ名前が付けられており、インドでも地方によって呼び名が異なるが、バラナシ方面では右手のTe、Na、Ta、Tin、Deなど、左手のGi、Ki、Katなど、左手と右手の組み合わせのDha、Dhin、Tirkitなどがある。タブラの練習の一つとしてこういった名前を口唄することもある(例=「ダーダーティリキトダーダーティンナーダー」)。

 また左手の腹をつかって太鼓の張力を変えることで音程を上下させることができ、タブラ独特の風情の一つとなっている。(出典=ウィキペディア)

 インド音楽と云うとどうしても、ラビ・シャンカールなどの弾くシタールと云う弦楽器が有名ですが、このタブラと云う太鼓も、エキスパートの手に掛かると・・・魅力的な音を出しますねぇ・・・^^

コメント

No title

日本の打楽器は…情景を表すといいますが。これは感情をあらわしてるんでしょうかね?。太鼓がよく喋ること…。…すごい。~~

No title

歌舞伎で使われている・・・正式名称は知りませんが・・・大鼓と小鼓。大きい方は床に置いて打つ。小さい方は肩に乗せて打つ。高い音が出る方が、実は大きい方。「キン」と云う感じの音。小さい方は、通常、いよ~「ポン」と口唱される音で、低い音です。しかし、この小さい鼓に掛かっている紐はユルユルで、その状態では音は出ません。奏者が、紐を絞る事によって音が出るようになります。絞る力の強弱によって、音程が出せます。・・・しかし、タブラ。この口唱は、ひとつの芸です^^。

No title

シタールとタブラの演奏をイベントで数回やった事があります。音楽には詳しくないのですが、演奏には魅了されました。歌舞伎は知りませんが能では大きい床に置く太鼓は「大川」肩に担ぐのが「鼓」と呼ばれます。

No title

*さすらいさん、大きくて高い音が出るのは「おおかわ」でしたね。私は「大皮」だと思っていたのですが、「大川」ですか・・・。なんか別の意味があるんでしょうね。大きいのが高い音で、小さいのが低い音と云うのは、常識とは逆ですが、皮の張力の問題でしょうね。人間の力では、幾ら紐を絞って皮を引っ張っても、「大川」のような、「キン」と云う高い音は出ません。

No title

今日タブラの演奏をBSで聴きました。ヴァイオリンとフラメンコ・ギターとタブラのトリオに、ゲストにフルートが入って、フラメンコを演奏するんです。一人一人が実力者なので魅了されました。今度はライブで聴いてみたい演奏でしたよ。

No title

*さすらいさん、シタールのラビ・シャンカールが初来日した時の演奏をテレビで見ました。その時は、シタールの演奏ばっかりに目が行っていて、タブラや、もう一つの床にタテに置いてBGMみたいに一定の音を出し続ける楽器(楽器名は知りません)には、目が行きませんでした。で、その組み合わせは面白そうですね。ステファン・グラッペリのフィドルとジャンゴ・ラインハルトのギター演奏は、幾つか上げてありますので、検索してみて下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ