FC2ブログ

記事一覧

鯨のステーキ


ザ・フォーク・クルセダーズ / 今日の料理テーマ 鯨のステーキ・グリーン・ピース添え
ザ・フォーク・クルセダーズ(出典=ウィキペディア)

 ザ・フォーク・クルセダーズ (The Folk Crusaders) は、日本で最初のアシッドロックグループ。フォークルという略称でも呼ばれる。グループ名の中に「フォーク」という名前が残っているのは、リーダー加藤和彦がアマチュア結成時代に「世界中の民謡 (folk songs) を歌おう」と考えていたことの名残であり、純粋なフォークグループではない。

 現在、日本で最も音楽左派的な位置にある加藤和彦は、この名前とは正反対の位置にある。ちなみに一部の人々の間では、彼らの歌は「アングラ・フォーク」として分類されることが多い (ここで言うアングラとは「アンダーグラウンド (地下、の意)」を短縮した言葉)。日本のビートルズとも言われる。

冨田勲
 日本が誇る電子音楽界の巨匠、冨田勲。日本人で初めてモーグ・シンセサイザーを購入したことでも有名である。

 慶応大学在学中に作曲活動を開始。映画/アニメ/ドキュメンタリー/イベント/舞台/学校教材/コマーシャル・ソングなど、膨大な数の作品を世に送り出す。70年代からは、シンセサイザーを主体とした作曲に逸早く着手。ドビュッシーのピアノ曲を電子音でシミュレートした『月の光』(72年)が、全米ビルボード・クラシカル・チャートで第1位となって以来、冨田の名は全世界で知られるようになった。

 00年には、伝統楽器とフル・オーケストラのコラボレーションによる『源氏物語幻想交響絵巻』を発表。秀麗かつ荘厳な映像的音響世界が体感できる。(Yミュージック)

 NHKと民放の料理番組のテーマが入ってますが・・・NHKの方は、シンセの巨匠=冨田勲さんが若い頃に作曲したものです。まあ、それはさて置き、私はグリーン・ピース抜きの鯨肉が食べたいです。日本人は、昔っから潮吹く魚の肉を食べてきた訳で、イヌイット同様、この大きな魚の肉を食べる権利があるんです。牛の異常プリオンと、青豆を食べて頭が異常になった連中には理解出来ないのかも知れないが・・・

コメント

No title

1968年、ザ・フォーク・クルセダーズの第2弾シングル「イムジン河」を発売予定のはずが直前で発売中止になった。当時、朝鮮南北分断を歌った朝鮮民主主義人民共和国の歌で、レコード会社が政治的配慮を考え自粛的に発売を見合わせたようだ。がっ!、代表曲「悲しくてやりきれない」は当時、この曲の代わりに第2弾シングルとして出されたそうです。当時も今も政治的圧力は変わらず音楽業界も生きながらえているが…、どのジャンルのお偉いさんも、もう一度『初心』ってモンを持って欲しいもんだっ^^!!

No title

当時は矢鱈と「放送禁止歌」と云うのがありましたが・・・それって、今でも有効なんですかネェ。で、あってもまあ、Yブログの禁止事項には入ってないみたいだし、ウチはそんなの無視しちゃうから関係ないけど・・・^^。

No title

流石っ!藪さん、男だねぇ~^^!!このフォー・クルには欠かせない加藤和彦氏は、オイラ本当に好きなアーチストさんで『加藤和彦がアマチュア結成時代に「世界中の民謡 (folk songs) を歌おう」。』って中で、おおよそアイルランド系の音楽が芯になった曲が多く感じたかなぁ~^^。その後、サディスティック・ミカ・バンド『タイムマシーンにお願い』やソロの『シンガプーラ』の時代も大好きです^^。ところで『放送禁止歌特集』なんてのはいかがでしょう^^。あのねのねの「つくばねの唄」とか、つぼいのりおの「金太の大冒険」とか、ハハハハ~ッ^^!!こりゃまた失礼いたしやしたっ^^ゞ。

No title

サブ・カルチャーと云うのは、表のメジャー文化では扱い難いものを、マイナーな世界で扱うもので・・・かつては、様々なデバイス的制約があって、アングラに終始していましたが、今や、ネットと云う強力なデバイスを得て、個々の文化的主張を謳歌出来るようになりました。しかし、サブだから何をやってもいいと云う訳ではなくて、そこで問われるのは「質」です。表では、もはや忘れ去られつつあるものを、プッシュして行くのが、サブ・カルチャの役目です。売れている著作権者の利益を侵害するつもりはありません。↓

No title

で、理論的な難しい話はここまで^^。「放送禁止歌」で検索した事がないので、風説による事しか知りません^^。私の事ですから、多分それらすべての音源は、ドラえもんポケットに持っていると思います^^。「金太・・・」は、もはや表で扱うジャンルかな?とも思ってますが、ご存知ではない方がおられるといけないので^^上げても良いかな?とも思ってます^^。同類のものも幾つかありますけどね^^。でも、ウチだって独自の基準はあるんです。それは、「品位」です。これが一番難しい。テレビのワイドショーには、これが無い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ