FC2ブログ

記事一覧

白雪姫


 天地真理 あまちまり 本名=斎藤真理 昭和26(1951)年11月5日~ 埼玉県出身の歌手 1970年代前半に一世風靡したNo.1アイドル。後に続くアイドル歌手のスタイルを作った。「白雪姫」の異名もあった。

 昭和46(1971)年7月、TBS系の人気番組『時間ですよ』で堺正章の憧れる「隣のまりちゃん」役で一躍脚光を浴びた(同番組からは浅田美代子の「赤い風船」などのヒット曲も生まれている)。同年10月1日にアイドル歌手として「水色の恋」でデビューし大ヒットした。以後、「ちいさな恋」、「ひとりじゃないの」、「虹をわたって」、「ふたりの日曜日」、「若葉のささやき」、「空いっぱいの幸せ」、「恋人たちの港」、「恋する夏の日」、「恋と海とTシャツと」、「想い出のセレナーデ」などの一連の大ヒット曲を飛ばし、南沙織、小柳ルミ子とあわせて新三人娘と呼ばれるようになった。ヒット曲は主に『森田公一とトップギャラン』で知られる森田公一が手掛けていたことは有名。オリコンシングルチャートでは、5曲が1位を取っており、この記録は後に松田聖子に破られるまで、女性ソロシンガーの最多記録であった。

 1990年代前半にはすっかり太ってしまい明石家さんま司会の番組にしばしばゲスト出演。その後、ダイエットに成功しダイエット本を出版したり、ダイエット商品の広告で雑誌によく登場するようになる。だが数年後、リバウンドによってか以前より太った姿でテレビ出演。デビュー当時に良きライバル関係だった小柳ルミ子はある番組で天地のあまりの変貌ぶりに号泣してしまい、かねてから大ファンだったというそのまんま東からも「僕たちの世代の人間がみんなショックを受けるから、もうテレビには出ないで下さい」と言われた。(出典=ウィキペディア)

 ・・・って事で、デビュー当時の真理ちゃんは、本当に花が咲いたように可愛くて、「白雪姫」と云う言葉がピッタリであった。しかし、白雪姫も経年劣化する訳で・・・^^。女性が本当にお気の毒なのは・・・肥満体になると、評価が落ちてしまう事だ^^。「^^」を付けるなんて失礼なんだが・・・^^。男性歌手が中年になって肥満体になると・・・「貫禄が付いた」と云われ、どちらかと云えば、評価が上がる。

 小林旭さんや加山雄三さんは、若い頃から比べると、二倍くらいの大きさになっているのに・・・(´,_ゝ`)プッ。おデブちゃんだって、いいじゃん。最近は、デブだから仕事が来るタレントがいっぱいいる。怒られるといけないので、この辺で止める^^

コメント

No title

_(_△_)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!、きゃんの母上も急にデブになりました。運動量は少なくはないと思うんですけど、消費能力が落ちてるみたい(*≧m≦*)ププッ。「ひとりじゃないって~♪すてきなことね♪」可愛い歌o(*^▽^*)o~♪

No title

*きゃんさん、そうですね。新陳代謝量の違いのようです。若い頃は、運動もせずに、コタツに入ってポテチを食べながらテレビ観賞している人以外は、丼飯を三杯位食べたって、滅多な事では太りません。小林さんや加山さんの若い頃の映画を見ると・・・まるで、別人のように、ガリガリです^^

No title

子どもの頃憧れの人でしたね~ 始めて「あまちまりさま」ってドキドキしながらファンレターを書きました♡ 「白雪姫」のイメージが強すぎて倍くらいの体型になってしまった時に、開き直りのイメチェンできなかったのかなぁ?? 今はどうしているのかな~ 懐かしかったです(^_-)-☆

No title

こんな昔の写真がよくありましたね。こういうヘアースタイルが好きでした。今こんな女性がいたら、珍しがられるでしょうか?小柳ルミコが号泣するって、いったいどんなことになっているんでしょうねえ。とにかくこの真理ちゃんの人気はすごいものがありましたし、あややより可愛かったかもしれません。声も可愛いです!

No title

懐かしいです^^何十年ぶりかで聞いた歌声です^^そうですねーー;男性は太っても貫禄があるって言われたり、逆手にとって「まいう~」路線に変更もありかもしれませんが、女性はどうしましょうね・・。着ぐるみを着てごまかすか・・・あぁ、でもふくよかな方は歌がうまいです!真理さんも、森公美子さんみたいになったらいいです^^v

No title

オイラも、あの一大革命的時代はリアルタイムですんで、よく憶えてます^^。多種玩具にタイアップってのが付いたのも『天地真理』さんが先駆者だったと思います^^。(ピンクレディーもスゴかったですが…^^)まっ、肥ってしまうのは、いた仕方ないとしても、芸能界ってトコは一線を超えた世界で、「人々に夢を売る商売」です。最近じゃ、この意識も無くなってしまって、グダグダな世界になってしまってますから、このような不祥事が・・・^^ゞ。。。

No title

中年になると、、、新陳代謝が悪くなり。。。ホルモンのバランスが狂ってきます。天地まりも、一時、メチャメチャオデブになり、週刊誌に載った事がありました!スマートな体を保つことは難しい・・・

No title

↑・・食事のダイエットは出来ないと自信(?)の有る、きゃんは・・・前途多難(--)??。ってか、写真が入れ替わった??かわいくなった(^・^)♪

No title

*ミルさん、ダイエット本を出した本人がリバウンドしちゃうと、本を買ってくれた人に申し訳ないと云うのがあって、なかなか出て来れないんでしょうね。それに、芸能界ってところは、テレビに出続けていれば、いろんな仕事が回って来るでしょうが・・・一旦、テレビから消えちゃうと、カンバックは容易ではありませんからね。売れなくなっちゃうと、レコードは出してもらえないし、女優か、バラエティか、旅番組にシフトしないと、芸能界では仕事がありません^^

No title

*ゆふさん、この写真は、おそらく、お菓子やさんか、レコード屋さんに貼られていたポスターではないかと思います。テレビでご覧になった事はございませんか?肥満体のおばさんになって、少しの間出ていました。アイドル歌手ってのは、現役時代にチヤホヤされるだけに、その末路は悲しいです。サザンの「海岸物語」って歌の歌詞に出て来るアイドル歌手も、ダイエットと整形のやり過ぎで、蝋人形みたいになっているのを、この前テレビで見て・・・あまりにも悲惨で、正視出来ませんでした。

No title

*ばんびさん、「時間ですよ」の出演者だと・・・浅田美代子さんも歌手だったんですが・・・今は、バラエティ・タレントとして生き残ってますね。アイドル歌手でいられるのは、ホンの数年です。売れなくなった時にどうするかを、売れてる時に考えておかなくてはいけません。森公美子さんは声楽家ですが、バラエティ・タレントとしてやってますね。森さんの場合は、最初から肥満体でしたので、ちょっとくらい体重が増加したって、許容範囲になっちゃうんです。要は、二倍になって戻って来るのがまずい^^

No title

*ヤマさん、次から次へと、百万枚を超えるヒット曲を飛ばしたピンク・レディーも、結局、キャラクタ変更が上手く行かなくて、落ち目になっちゃうんですからねぇ・・・。芸能界は厳しいですよ。その点、ユーミンとか中島みゆきのようなスタンスだと・・・いつまでも君臨できますね^^

No title

*お菊さん、小柳ルミ子さんは、元ダンサーだから、ダンス・レッスンで、いつまでもウエスト・サイズを50数センチに保っていられるんでしょうね。シンクロナイズド・スイミングは、物凄く体力を消耗するスポーツで、小谷美可子さんは、現役時代に、毎日五千キロカロリー以上食べていたそうですが、それでも痩せちゃうそうです。毎日ショートケーキを腹一杯食べても太らないスポーツは・・・シンクロです!・・・みなさん(´,_ゝ`)プッ

No title

*きゃんさんのようなウチのストーカーには、すべてが判っちゃいますね^^。きゃんが1コメをくれた時点で使っていた写真は、一部の方の夢を壊しかねないので、「きゃんまちまり」の写真に変更しました(´,_ゝ`)プッ。スイミング・センターでシンクロの練習を毎日一時間やれば、ショートケーキを十個食べても太れません^^

No title

天地真理とは懐かしいですね。活躍している頃はこちらも若かった。春夏秋冬ですよ。人生もいつまでも春という訳にはいかないでしょう。(猶興)

No title

*さわやかさん、二枚目路線のアイドルよりも、多少三枚目的なアイドルの方が、つぶしが利くので^^芸能界では、長く生き残れるようですね^^

No title

シンクロは体力が勝負だといっておられましたね!

No title

*お菊さん、それと、手で始終水をかいているので、腱鞘炎になるようです。

No title

天地真理は懐かしいですね。友人と「虹をわたって」の映画を見に行きました。最近はカラオケで歌っています。この頃の曲は覚えやすいのです。

No title

*mさん、ウチの記事は、「懐かしい」をメインにしておりますです、はい^^。あまりにも古くて、ぜんぜん知らないとおっしゃる方もおられるので・・・それを楽しみに、毎日記事を推敲しております^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ