FC2ブログ

記事一覧

ベンチャーズ


 夏の歌って事になると・・・♪あた~らし~い~ あ~さがきた~ きぼ~おの~あ~さ~だ~・・・って、ラヂオ体操の歌が浮かんでしまう世代ですが・・・(^ω^)

 現代の若い方のお好きな音楽ってのは、私なんかにゃまったく判りませんので、今や中年になられた、ちょっと前の若者の夏の歌は・・・TUBEなんですかねぇ。テレビでやってる夏の歌特集では、TUBEってバンドの歌がしばしば登場します。

 しかしながら、私のように、もはや長屋の井戸端に干してある菜漬けの樽に片足を突っ込んでいるような人間には、TUBEでさえ新しくて、一曲も知りません(^ω^)

 そんな私を満足されてくれる夏の曲と云えば・・・リゾート地で、冷やした大根の千切りを山葵醤油に付けたのをツマミにして、ジン・リッキーなんぞをチビチビやりながらまどろむ・・・時の音楽は? ベンチャーズなら申し分ありません(^∇^)

 ベンチャーズの結成は昭和34(1959)年。結成以来半世紀の長きに渡りますが・・・今だに、四の五の難しい事を云わずに、ベンチャーズ・サウンドを続けてます。ドン・ウィルソン(Don Wilson 1933年2月10日~)リズムギター(結成メンバー)ベンチャーズのリーダーを中心にして、70歳を超えたお爺ちゃんたちがエレキを弾いているんです。もちろん、ベンチャーズの半世紀の歴史の中では、バンドに在籍した何人もの人が故人になりました。

 私よりも爺さんの彼らが、今だにエレキを弾いている・・・ってのは、我々団塊の世代としては、嬉しくてしょうがない。今の若い人たちは彼らを見てどう思うのだろうか・・・?

 どう思われたっていい。私にとってはベンチャーズこそ、マイケル・ジャクソン以上のスーパースターなんだから・・・(^ω^)

コメント

No title

私は、この頃、、思います。
一つのことを、長~~く、続けることができるのは
幸せなことであり、大切なことであると!
ベンチャーズ! 目標^^にします!
毎日、とっても蒸し暑いダス!(←藪先生のまねをして^^!)
お体に気をつけて、修理ができたお風呂で(^-^)
疲れと暑さをいやしてください!

No title

エキです。初めまして、よろしく・・・

No title

わたし世代でも、初めてギター持った時は、『テケテケテケテケ~♪』を
やったものです^^ゞ。アレは以外と難しくって1フレづつ二回ピッキングしなきゃ、
いけなかったんですよね~^^ゞ。
「継続は力なり」。わたしも頑張らなくっちゃ^^ゞ。
夏は「冷やした大根の千切りを山葵醤油に付けたのをツマミにして、ジン・リッキー。。」いいなぁ~☆その組み合わせ~^^☆☆☆!私も夏には「キンキンに冷えたジン」をポッカレモンをチョット垂らして飲むのが大好きなんですが、永ちゃんの「時間よ止まれ」がBGMになっちゃいます。。^^ゞ。

No title

*お菊さん。。
私も人生を長くやって来て思う事は・・・もう止めちゃったけれども、続けてればよかったなって事が幾つもあります。

20年落語をやって売れないからって止めちゃったら・・・あの素晴らしい志ん生落語は生まれて来ないんですよ。人生って、あきらめずにやってりゃ、最後までには必ずバランスが取れると思います。

平家物語の冒頭には・・・「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり・・・奢れる者久しからず」って書いてあります。800年も前に、人生バランス論が書かれているんだス(^ω^)

以前と比べて、ブログをやるパワーがちょっと落ちちゃいましたけど・・・まだまだ私だって、一花も二花も咲かせないとね(^∇^)

まあ、お菊さんのようなご常連さんは、ブログの妹であり、同志なんだから、いつまでもギブアップせずに続けていてくだされば・・・草葉の影で見ていますよ(^ω^)

No title

*エキさん。。
こんにちは。
ヤフーブログを始められて、間もないようですね。ヤフーブログは、ブログのシステムとしては、決していい方のブログとは云えませんが・・・真面目に真剣にやるネット初心者には、決して悪いブログではありません。

まだ、文字だけのブログのようですが・・・写真を入れたり、その写真を自由にレイアウトできるようになればいいのですが・・・その点になるとヤフーブログでは、ネットの世界標準書式であるhemlが使えないので・・・非常にお粗末なレイアウトしか出来ません(^ω^)

まあ、いずれにしろ、ウチは、真面目に素朴なコメントをお書き下さる方を決して邪険にはしませんので、ネット技術を学びたいとかってお思いなら、どんな質問にもお答えします。私のパソコン歴は・・・まあ、30年以上と云うところだス(^ω^)

No title

*ヤマさん。。
私の飲酒歴って・・・まだ記事にしてなかったかも知れません(^ω^)
小学校に入る前から飲んでました~(^ω^)

私のお爺ちゃんって人はコックで、弟と一緒に、サンフランシスコのレストランでコックをやってたのですが・・・ストーブの不完全燃焼による一酸化炭素中毒で、サンフランシスコで客死しました。

お爺さんの弟の叔父さんは、埼玉県に住んでいましたが、正月前後の二週間くらいは、毎年ウチに遊びに来ました。ご承知のようにウチは乾物屋でしたから、暮れは忙しくて、叔父さんの相手なんか出来ません。で、もっぱら小学校入学前の私が、コタツに入って鎮座している叔父さんのお相手をしたと記憶しています。

判らないなりに、サンフランシスコ帰りの叔父さんから英語を教えてもらったりしました。叔父さんは、日本酒。私は・・・りんご酒を飲みながら・・・(^ω^)

No title

お久しぶりです。
まだ、ブログ復帰まで時間がかかりそうです。時々、「お付き合い」のさもないコメントの応酬をすることに疑問を感じてますので。
「薮さん」は別です。全部が、同一でないとしても、共通項がありますので。
「テケテケテケ」は「パイプライン」からだったのですかね?私に
Beatlesを教えたいとこが、「不良」の象徴と言われた「エレキ」にはまったころ、私は不良予備軍として、漁師小屋の「練習スタジオ」でギターをいじってました。

私見ですが、ベンチャーズがいなくてもBeatlesは登場したかもしれませんが、彼らがいなければ、日本ではBeatlesがすんなり受け入れられたかは別のような気がします。

No title

きゃんてば、意外と渋いところ(なのか?)があって、こういう「おじさん軍団」が大活躍してるのって頼もしくて好きです。

会社なんて、おじさん軍団の集まりだったりして(((((*≧m≦*)~♪、たまに打ちっぱ(ゴルフ)にくっついて行ったりっして・・(*≧▽≦*)~♪


・・・で、何を書きたかったんだっけ((((((‥ )?

No title

*キャバンさん。。
お暑いですから、ご自分のペースで、ゆっくりと「漂うように」記事を書いていけばいいんだと思いますよ。晩年の志ん生は、テレビに出た時などに、そう語ってました(^∇^)

1950年代末までにロックンロールの時代が終わって、60年代に入るとアメリカン・ポップスの時代になりますが・・・サーフィン・サウンドってのは、それとは別のムーブメントではなかったかと思います。

ビーチボーイズに代表されるサーフィン・サウンドですが、ジャン&ディーンとか、サファリーズとか、米国のグループサウンズは、ロックンロールに替わって出てきてるんですよね。

ご指摘のように、ビートルズに代表されるリヴァプール・サウンドが、日本にすんなり受け入れられるかどうかは、疑問の時代背景が当時はありました。星加ルミ子のミュージック・ライフも、木崎義二のティーン・ビートって雑誌も、ビートルズを特集して売りまくる前は、ボビー・ソロなどのカンツォーネ特集で売ってました(^∇^)

No title

*きゃん。。
ふ~ん、そう云うところがあるんだ~(^ω^)

日本の歌手って、ある程度の年代になると引退しちゃって・・・売れなくなってCDが出せない状態とも云う^^・・・サブちゃんのように、ずっと紅白に出続けている大歌手を除くと、懐メロ番組にしか出てこなくなっちゃいますね。

でも、外国の歌手は違います。60代になってもギンギンにやってます。むしろ、若い頃より凄かったりして・・・(^∇^)

そのうちに、スコセッシが撮影したローリング・ストーンズのクリップを何とかするつもりですが・・・60代半ばだとはとても思えない迫力です(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ