FC2ブログ

記事一覧

すいか


 まあ、この時期に「すいか」と云うタイトルで記事を上げれば・・・ICカードの「Suica」の事ではなく、アフリカ原産の野菜である「西瓜」の事だとお思いでしょうが・・・ウチは、そんな単純なブログではなく、ひねりにひねったブログなんだス(^ω^)

 だから今回は、「酢イカ」に付いて考えるの心だ~(^∇^)

 私が子供の頃、世界一のご馳走とは何かと云うと・・・紙芝居屋のソースいかだと思ってました。実に旨い^^

 もちろん、駄菓子屋の酢いかも旨くて、酸っぱくて涙を流しながらも食べてました。甘いノシいかも千切って食べました。ウチは乾物屋でしたので、イカの味醂干しってのを売っていて、よく、店からくすねて来ては食べたものです。十枚束で売っていたスルメの足は、ザリガニ釣りのメインアイテムでしたから・・・ウチで売っていたスルメの足は九本しかなかったのは云うまでもあ~りません(^ω^)

 で、近年は、国際会議の場において、世界中に多額(2007年のデータで、77億ドル=7,800億円。日本国民一人当たり約7千円)のODA(オー・ディー・エイ=Official Development Assistance=政府開発援助)援助をしているにも拘らず、ほとんど何も主張しない外交下手の日本に対して、捕鯨禁止だとか、マグロを食うな! だとか、まったく理不尽な要求を突きつけられて、「バカヤロー!」とも云わずに、おとなしくしている外務省ですが・・・そんな事を云う国のODAを即刻引き上げちゃえば、態度を翻すに決まってるんです。

 外交とは、武力を使わない言葉の戦争なんです。日本は、憲法九条によって武力戦争は放棄していますが、言葉の戦争まで放棄した訳じゃないんです。北朝鮮を見てみなさい。大した軍事力は持ってませんが、言葉の軍事力だけは、軍事大国です(^ω^)

 日本は、世界で十位の軍事装備を持っていますが・・・憲法の規定によって、それが使えない以上、無意味な装備なんです。これからの時代は、軍備ではなく、言葉の軍事力の整備をすべきです。元オウム教の上祐さんのような人を、これからの外務省は採用すべきです(^ω^)

 またまた話が別方向に行っちゃってますが・・・この記事はイカの話なので、以下に述べます(^ω^)

 世界のマグロ漁獲高の大半を日本人が食べていると思われがちですが、そうじゃありません。データが少し古くて恐縮ですが・・・1995年のデータでは、世界のマグロ漁獲量は、191万トンです。日本人が食べているのは、71万トン。つまり、14年前のデータでは、世界のマグロの37%を日本人が食べているって事です。

 確かに、日本人が一番マグロを食べている比率が高いのですが、それはあくまでも民族的な食習慣の違いであって、パンを食べているか、コメを食べているかの違いでしかないんです。それが証拠に、データがないので推測ですが・・・日本人の牛肉消費量ってのは、欧米人に比べて極端に少ないはずです。

 つまり、もし、皆さんが欧米の商社の営業部長だったら、どのような戦略を立てますか? 大量の食品消費国である日本に牛肉を売り込もうとしたら・・・捕鯨禁止、マグロ禁止にする事が最善策でしょ? 鯨は知能が高いから殺しちゃ駄目だ! なんて~事を知能の低い連中が云ってますが・・・日本に養殖牛肉を売り込みたいだけの詭弁でしかないんです。

 で、やっとこ、イカに辿り着きましたが・・・イカと牛肉食はバッティングしないためか、イカ漁禁止って声は出ていないようですが、2004年のデータによりますと・・・マグロより3万トンほど少ないですが、日本人は年間で68万トンのイカを食べているのです。これは、世界のイカ漁獲量の50%を日本人が食べているって事です。

 イカは、マグロや鯨がメインに食べている餌です。日本には実にバラエティーに富んだイカ料理があり、日本人が世界の50%のイカを食べているってのもうなずけます。捕鯨や、マグロの漁獲制限を世界各国がするならば、日本は、牛肉の全面輸入禁止で対抗すべきです。

 かつての日本は、武力による大東亜共栄圏の構築に、資源がなくて失敗しましたが・・・21世紀は、武力を使わず言葉で、太平洋漁獲圏を構築すべきだと思います(^∇^)

コメント

No title

まぐろについては、個人的思い入れがあります。遠洋マグロ延縄漁船などを作っている造船所はかつてたくさんありました。多くが、漁獲制限とか、一方で日本を制限しながら、規制のない海外のまぐろの輸入で、鮪延縄漁業は衰退の危機にあり、今、この船を作っている造船所は日本で、清水の造船所だけになりました。そこも会社更生の最中。私は、12年、ここの管財人をやってます。
「遠洋漁業の衰退は、日本の食の安全保障の問題である」と会社更生計画に書かせてもらいましたが、記事の最後の2行には賛成です。

No title

*きゃばんさん。。
きゃばんさんは、物理的なゴーカートの事故で、上半身の自由が利かなくなったってのがありましたが・・・その件は直りましたか?

人間、歳を取って来ますと、四十肩だとか、五十腰だとかって、様々な不具合が出て来ますが・・・私は、日曜日の午前中から、五十肩の症状が出てしまって、往生しています。

それぞれの立場で、社会情勢に対して、理不尽さを感じたりするものですが・・・正義はあくまで正義であって、その理論が正しいと確信するならば、どんなに困難があろうとも、主張すべきなんですよね。

科学的に云うならば、地球の温暖化と云うのは、陸地よりも膨張率の高い海水の上昇によって、耕地面積が不足する事による食糧問題なんです。現在人間が食料にしている海洋資源の2/3以上が鯨に食べられていると云うデータもある訳でして・・・世界一広い海である、太平洋の海産物を制した国が、21世紀中頃の先進国と云えるのではないかと思いますが・・・その頃まで、私が生きている訳ではないので、提言だけしておきます(^ω^)

No title

おっしゃっているようなことを私も色々Blogに書いてきました。
全面的に賛成です。
ただ酢イカはまだ食したことがありません。

No title

御加減、如何ですか?。たしか吉幾三さんの唄で『酔歌』ってのがありました^^。
お酒のアテには、駄菓子屋の酢烏賊がいいですね~^^。
わたしは子供の頃から、ショウガとイカが大好物でして、いまだに回転寿しへ行っても、ほとんど「イカ」ばかり。。それと同等くらいで赤身を食べて、幸せ気分満載になります^^ゞ。勿論、アタリメもゲソおでんも大好物。自分でも、イカスミのパスタも作ります^^。
ただ、最近のテレビでデッカいイカの成れの果てを見てしまい、あの「イカの薫製」と判明してから、どうも大好きだった食欲が、その商品だけ失せてしまいました。。T○T///。。。

No title

藪さん
レーシングカートの肋骨骨折は、もう大丈夫。夏の耐久レースに向けて、練習中です。

さて、私も漁船建造造船所の管財人として業界の生地を呼んでますが、捕鯨禁止で天敵のいない鯨の異常繁殖で、魚類の生態系が崩れ、マグロの現象の原因もそこにあるというレポートを読んだ記憶があります。

鯨も、マグロも日本古来からの食文化だ!
文句あるなら牛を食うのをやめて見やがれ!
・・・・といいたいですよね。

No title

スイカも酢イカも大好き♪ですがsuicaは利用してないリラです。田舎過ぎて利用する意味を見出せないだけですが・・・(笑)

駄菓子屋さんで買った串に刺さった白い長方形の酢イカがちょっと懐かしいです。
あれってまだあるのかなぁ~。。。

私も「肉は良くてクジラはダメなのか~!」と最低限のことを叫んでみたことはあります。心の中で(*^^*ゞ

No title

*けんちゃん。。
幕末の頃・・・江戸幕府の体制、武士の体制を守ろうとした、近藤勇を中心とした新撰組と云う若者グループがありました。

それとは逆の立場で、梗塞化した幕藩体制ではもはや日本は、他のアジア諸国と同じように、欧米諸国の植民地にならざるを得ないって事に危機感を覚えて、幕藩体制を打ち破るべく明治維新に奔走した坂本竜馬などの若者のグループがありました。

結果的に竜馬は新撰組の闇討ちに没しましたが、時代は明治と云う新しい時代になり、近藤勇は官軍に殺されました。

大東亜戦争までの日本人と、敗戦後の日本人の違いは・・・誇りを持った日本人であるかどうかの違いだと思います。アジアで唯一、欧米諸国の植民地にならずに、工業化を推進したのが日本です。だからこそ戦前の日本は、米英と肩を並べる世界の一流国だったのです。

残念ながら、今の日本人は、進駐軍の洗脳によって、日本人の誇りを失ってしまった、三流国民でしかありません。

No title

*ヤマさん。。
ありがとうございます。寒い時期の関節痛は、なかなか直りませんが、死ぬほど暑っついこの時期は、クーラーで冷やし過ぎなければ、すぐに直るんだと思います。ピッチャーの肩と同じですね(^∇^)

最近は見掛けませんが、輪ゴムのような、イカの燻製が流行った時期がありましたね。リゾート地の屋台の定番って、焼きイカと焼きそばと焼きとうもろこしが、三冠王ですね。

モーターを動かす燃料代の値上がりで、津軽海峡のイカ釣り船の集魚灯の電気代が漁師を廃業に追いやってますが、白熱灯よりも電気消費量の少ないランプへの転換が図られてますね。

No title

*キャバンさん。。
私は、古~い人間なので、新しい用語を知らなくて、ゴーカートって書いてしまって失礼しました(^ω^)

専門家ではないので良く判りませんが、現在、一定量の捕鯨が許可されているのは、その獲物がないと餓死しかねないイヌイット(エスキモー)だけのようです。

現在、捕鯨に反対している連中の国は、かつては、鯨から脂だけ搾り取って破棄していました。鯨の生息数が一時的に減少したのは、現在、捕鯨に反対している国の責任なんです。

鯨は深海まで潜るので、体温の急激な低下を防ぐために、緩衝材として、マッコウクジラなどは、多量の脂を蓄えています。日本人の捕鯨は、西洋人がやっていた捕鯨とはまったく違うのです。鯨の全てを利用して、脂だけ搾って捨てるような事はしてないんです。

捕鯨に反対する日本人もいますが、今でさえ食糧需給率が40%しかないのに、地球の温暖化で海面が上昇し、耕地面積が減少し、金を出しても外国が食料を売ってくれなくなったらどうするのかを真剣に考えないと、日本人の5人に3人以上は餓死してしまうって事なんです。

No title

あはっは^^、、
この歌、聞いたことありますわ!
さくや、私も「やりイカ」の造りを食べましたよ!
いまが、一番おいしい時期ですからね。しかし、メモリーカードを
カメラに入れ忘れた私は、イカもポテトフライも、メモリー数不足で
写真に^^収められませんでした!
藪先生らしい^^、一杯、オチと、外交批判記事に、大傑作ですわ!

No title

*りらっち。。
リラさんの普通の感性が好きなんですよ~(^∇^)

ちなみに、藪駄菓子屋研究所の調査によりますと・・・近年、保健所の立ち入り検査が厳しくて、駄菓子屋へ商品を卸しているメーカーは、コンビニやスーパーに進出しています。コンビニで、ご指摘の酢イカが二十本入りの、透明のプラスチックケースに入れて売られているのを確認しています。

酒のツマミに良し、また、ご飯のおかずにも良い酢イカを、藪研究所は、既にサンプリングしている事は云うまでもございません(^ω^)

私は特に鯨の肉を食べたいとは思わないのですが・・・私の子供時代は日本は敗戦国で貧しくて、小学校の給食に出される肉のほとんどは、外国では捨てていた鯨の肉だったのです。

つまり、鯨の肉ってのは、サバイバル食であり、将来の食料不足の時代には、重要なアイテムになってくると思います。海面が上昇して牧場が水没したら、牛肉なんて手に入らなくなります。海面が幾ら上昇しようとも、問題なく安定的に入手可能な肉は・・・鯨の肉です。

No title

*お菊さん。。
今日は幾分涼しくなりましたが、昨日の藪地方の暑さは、ハンパじゃなかったですよ。風呂とクーラーが無かったら・・・干からびているところでした(^ω^)

藪地方では、「西瓜」と「酢イカ」のイントネーションは、明らかに違うので、混同する事はありませんが・・・南北に長い日本列島には、実に様々な発音があって、例えば、関西の「酢イカ」の発音は、関東の「西瓜」の発音と同じではないかと思ったりしています(^ω^)

No title

究極のサバイバル!
その時は一緒にクジラ狩りに行きましょう。そしてクジラの血抜きの方法を開発し、共にクジラで一儲けしようではありませんか。

・・・発言が野蛮でしたらスミマセン(。-_-。)

No title

*りらっち。。
私はアニメ関係は虎の穴で、あまり知らないんですが、はじめ人間ギャートルズは知ってます。人間は食料を得るために、危険を犯してマンモスの肉を手に入れたんですね。

つまり、より原始的な人間は、狩猟採集民族だった訳ですね。それが、より安定した食料を得るために農業を始めます。狩猟採集民族から農耕民族へ転換します。

農地を得るために、山を切り崩し、野生動物の土地を奪いました。つまり、人間が農耕民族になった時から、地球の環境破壊が始まった訳なんです。

一頭の牛肉を得るために600トンの水が使われていると云われます。牛の飼料を得るために広大なトウモロコシ畑を作り、農薬をばら撒きます。それが海洋汚染に繋がります。

そろそろ、地球環境を考えた食料の転換を図って行かないと・・・牛肉が得られなくなった時には既に、海洋が汚染されていて、鯨の肉も得られなくなります。つまり、鯨の保護に一番重要な事は、牛肉生産を止める事なんです。

No title

「はし」の発音が、よく、話題に出されるのと同じで
言葉というのは、実に面白いですね^^!

No title

*お菊さん。。
「はし」の様々な関西弁の発音に付いて、嘉門達夫さんが根多にしているのがありました(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ