FC2ブログ

記事一覧

かんかんのう


 「かんかんのう」は、江戸時代から明治時代にかけて民衆の間で唱われていた俗謡。元歌は清楽(しんがく=中国清朝の音楽)の「九連環(きゅうれんかん)」ですが、歌詞もメロディーも元歌とはかなり違っています。これは、漢文を意味も判らないまま日本語で訓読したためです。落語の「らくだ」に重要なモチーフとして登場します。

 江戸時代の文政3(1820)年の春、長崎の人が大阪難波堀江の荒木座で踊った事から「唐人踊(とうじんおどり)」と呼ばれ、名古屋、江戸でも大流行しました。別名「看々踊(かんかんおどり)」。

 これは唐人風の扮装をした踊り手が、清楽の「九連環」の替え歌と、鉄鼓、太鼓、胡弓や蛇皮線などの伴奏に合わせて踊ると云う興行的な出し物でした。庶民も盛んに真似をしたので、その流行のあまりの加熱ぶりに禁令(文政5年2月)が出たほどでした。その後も庶民の間では、「看々踊」や、その歌の「かんかんのう」が歌い継がれました。

 歌詞はバージョンによって多少異なりますが、以下のようなもの。

 かんかんのう きうれんす きゅうはきゅうれんす さんしょならえ さあいほう
 にいかんさんいんぴんたい やめあんろ めんこんふほうて
 しいかんさん もえもんとわえ ぴいほう ぴいほう


 江戸から明治にかけて、「かんかんのう」を唱っていた庶民の大半は、中国伝来の歌だと云う事は認識していましたが、歌詞の意味は把握しておらず、一種のナンセンス・ソングとして、意味不明ながら語呂の響きを楽しんだと云う事のようです。(出典=ウィキペディア)

 落語の「らくだ」と云う演目は、「らくだ」とあだ名された長屋の嫌われ者が、フグ毒に当たって死んだので、その兄貴分と云うヤクザ者が、香典や通夜の酒料理を恐喝する手段として、屑屋にらくだの屍骸を担がせて、「死人の看々踊」を踊らすと云うとんでもない噺。

 現代日本では、「かんかんのう」と云えば、「らくだ」と云う落語演目しか思い浮かびませんが、上記のような事から、長屋に住んでいた当時の庶民は、「かんかんのう」と云う歌や「看々踊」と云う踊りをみんな知っていたと云う訳ですね。

 この「月琴(げっきん)」と云う楽器ですが、志ん生さんも「月琴・木琴は云うに及ばず、借金の言い訳まで花魁は出来た」・・・と良く語ってましたが・・・現代日本では見掛けない楽器ですね。

 観察すると・・・四弦であり、マンドリンのように、対の二本の弦が同じ音程のようです。つまり、二弦の楽器と同じであり、左手の指使いは、弓で弾く二胡(にこ)と同じなのではないかと思われます。八弦のマンドリンと四弦のヴァイオリンは同じチューニングなので、どちらかの楽器を弾ける人は、他方の楽器も弾く事が出来ますね。ピックで弾くか、弓で擦るかの違いです(^-^)v

コメント

No title

昨年だったでしょうか…鶴瓶が「らくだ」を持って全国を笑わせるためにとか言って廻っていたことが有りますね。
松鶴と米朝と枝雀の「らくだ」を聞いた記憶が有りますが…
関東の噺家さんの「らくだ」を聞いた記憶がないです。

「梅が枝の手水鉢…」と母が鼻歌歌ってました。

No title

*しゅうさん。。
「らくだ」は、何と云っても、六代目 松鶴なんですが・・・東京では、八代目 可楽でしょうね。実は明日、可楽の「らくだ」を上げる予定なので、そのマクラ記事として、これを出してます(^ω^)

東京で「らくだ」をやってるのは、志ん生・可楽・小さん・談志・小三治と云ったところですね。圓生も志ん朝もやってなかったと思います。

「梅が枝の手水鉢・・・」と云う俗曲もいいですね。志ん生が「風呂敷」で、「お願いも手水鉢もねぇ(無い)」と云ってるのは、「梅が枝の手水鉢」の洒落ですね(^∇^)

No title

*しゅうさん。。
追記・・・
「梅が枝の手水鉢」に付いて調べてみたら・・・仮名垣魯文(かながきろぶん 1829~1894)と云う文学者が洒落で作ったらしいですね。メロディは文政期のはやり歌「かんかんのう」の流れを汲んでいると云う事でした。いやぁ~、勉強になりました(^∇^)

♪梅が枝の手水鉢 叩いてお金が出るならば 若しもお金が出た時は その時ゃ身請けをそれ頼む

そのうち、これも記事にします(^∇^)

No title

♪「かんかんのう きうれんす」♪って祖父が酔っぱらって歌ってましたのでそこだけ憶えていました。
子供のころ浅草のどっかでエノケンがオデコに3角の布つけた死人をオンブしてこの歌を歌ったドタバタ劇を見た記憶があります。
死人はロッパだったかな・・・?

No title

*安寿さん。。
私の子供時代の記憶で、定かではないのですが、大人たちが酒席で「♪かんかんの~」ってやってたかも知れないってのがあります。

演劇で私の記憶にあるのは・・・三木のり平さんが屑屋?になった「らくだの馬さん」と云うのをテレビで見た記憶があります。

明日、可楽の「らくだ」で記事を書こうと思って、再度音源を聴き直したのですが、最後までやってるスタジオ録音はあまり出来が良くないので、一時間以上の長編になっちゃいますが、「かんかんのう」の音曲と解説が入っている圓生バージョンにしようかと考え中です(^ω^)

No title

調べてくださってありがとうございました。
母は生粋の名古屋人ですので「かんかんのう」が流行った流れで
「梅が枝の手水鉢」も覚えたのではと思います。
まぁ…遊び人でしたので。
父とダンスホールで知り合い、許嫁を捨てて家出して押しかけた人ですから(汗)

No title

*しゅうさん。。
へへへ、あら、まあ・・・(^∇^)

で、↑のコメで圓生さんが「らくだ」をやってないって書いちゃいましたが、失礼しました「圓生百席」にちゃんと入ってます(^ω^)

でも私の印象が薄いのは・・・「らくだ」って演目は、圓生さんの芸風に合ってないんですよ。何でも来いのオールマイティの圓生さんですが、「らくだ」と云う演目は・・・不肖ながら私から云わせると、圓生さんのやり方では面白くも何ともありません。

でもまあ、これからの噺家さんの教科書として原稿を書きましたので、1時間17分24秒の音源を、プロの噺家とはどう云う事を考えるべきなのかのお手本として、お時間のある時に聴いてみて下さい(^ω^)

No title

藪師匠、
「かんかんのう」と云うのは、語呂の響きで歌わせる訳ですネ。
意味も分からずに歌っているなどは、滑稽です。
いずれにしても、「かんかんのう」の事は初めて知りました。
勉強になりました。

No title

*エキさん。。
私は子供の頃に、♪ラーメチャンたらギッチョンチョンでパーイのパーイのパイ ラメコで・・・って、意味不明の歌を歌った事があります(^ω^)

その出典は何だったか・・・良く判らないのですが、紙芝居屋が歌ってたのか、浅草オペラでエノケンが歌ってたのか、良く思い出せません(^ω^)

そう云うのって良くありますね。先代 文楽が、「あばらかべっそん」と云ったり、「ベケンヤでゲスな」なんて~事を云ったらしいのですが、噺家の言葉遊びなのかも知れません。

「あら、松っちゃんデベソの宙返り」なんぞも子供の頃に良く流行った言葉です(^ω^)

No title

藪井先生…その歌は
「名古屋は日本の中京で、熱田まで電車がひいてある
自転車にシャチホコ、糸しぼり、お能の狂言元祖にて
あの、なも、おきゃあせ、すかたらん‥‥(おきゃあせ=やめなさい)
なみちゃんたら、ぎっちょんちょんで、倍の倍の倍」
だと思いますが…

No title

*しゅうさん。。
記事根多をどんどん提供して下さってありがとうございます(^∇^)

私が昔の音源収集フリークだって事は薄々お判りだと思いますが・・・明治初期に「ぎっちょんちょん」と云う歌があったんですが、それは、メロディも歌詞もまったく違います。

それでエノケンを調べてみたら・・・ありました(^-^)v
「パイのパイ節」と云う歌です。一番の歌詞は・・・

♪東京の中枢は丸の内 日比谷公園 両議院 粋な構えの帝劇に いかめし館は警視庁 職あり職あり? 馬場先門 海上ビルディング東京駅 ポッポト出る汽車どこへ行く ラーメタンたらギッチョンチョンでパーイのパイのパーイ パーミコとパナナでフライ フライ フライ

つまり、これは、東京の名所自慢の歌ですね。だから、しゅうさん地方の名古屋では、その替え歌が作られて、そう云う歌詞が出来たんだと思います。

う~ん。私が本来、このブログでやりたかった日本各地の歴史考証が出来て非常にうれピぃ。エノケンのこの歌も、いずれ記事にします(^∇^)

No title

高い山から谷底見れば…という「ぎっちょんちょん」ですか?
その歌は私も知っていますよ。

エノケンの歌も部分的に覚えが。
♪日本で一番の浅草は 雷門何とか何とかで…

なんてうろ覚えですが(笑)

No title

「らくだ」の必需品ですね。
「かんかんのう」は、演者が歌う場合がありますが、微妙に違うので、どれが本とかわからないですね。

No title

*しゅうさん。。
その通り、「高い山から谷底見れば」ですね。
明治時代になって、文明開化と共にたくさんの「流行り歌」と云われる流行歌が作られたんだと思います。

No title

*キャバンさん。。
「かんかんのう」は、正確な歌詞がある訳ではなくて、聞き覚えたのを適当に歌ってるんだと思います。

「らくだ」の中では、兄貴分も屑屋も長屋の連中も、「かんかんのう」を知っているってのが前提になってますね。じゃないと、この噺は成立しませんね。

No title

*カギさん。。
落語ブームとかって云ってますけど、そもそも落語はブームになるようなもんじゃありません。ブームってのはいずれ去る訳ですけれど、作品はいつまでも残る訳です。

だからブームに浮かれてるのは本当の落語ファンじゃなくて、作品を鑑賞してないんですよ。笑点のような状況を落語だと勘違いしてるから、ちょっと硬派な作品研究を書いたりすると、コメントが出来ないって事なんだと思います(^ω^)

No title

「かんかんのう」のころの古い月琴をやってます絶滅種演奏家の CHARLIE ZHANG です。「九連環」のほかに,むかし端唄のお婆ちゃんから教わった「かんかんのう」も月琴でやりますね。なぜかマイナー調ですが。
上野で弾いてたら若手の落語さんに一曲所望されたことがあります。もちろん「かんかんのう」で。

No title

*チャーリーさん。。
こんにちは。
月琴のビンテージ物の修理ですか・・・
いやはや、長大なご研究に驚きました。

古い楽器もあのように手当てしていただくと、涙を流して喜ぶはずです(^∇^)
幾つもの音源を聴かせて頂きました。月琴は素朴ないい音がしますね。
調弦は、上の二本を C とするなら、下の二本は三度上の E くらいの感じでしょうか・・・

No title

ブログにあげるためかなり音質落としちゃってますけど。(汗)
実際にはもう少し余韻がのびますね。お女郎さんとさしむかいで聞くような楽器なんで,大ッきな音は出ないです。
調弦は4度か5度,通常は4C/4G,曲により4D/4Gです。

大流行したので,古いものも楽器は数残っているんですが,弾く人が少ない。作ってる人も修理してくれる人もほぼ絶えちゃってるので,いろいろと調べながら自分でやってまーす。

No title

*チャーリーさん。。
再訪問ありがとうございます(^∇^)
ネットで音源をやる場合は、高音質でやるとデータが重くなっちゃうので、どうしても音質を下げて軽くする必要がありますね。

ギターの改良の歴史は、より大きな音を出す工夫だったと云います。ボディーをより大きく作ったり、木からスティールに素材を替えたりした後に、電気で音を増幅させる方法に至りました。でも私は、電気を使わない、アン・プラグドなアコースティック楽器の素朴さが好きです。

動物の皮を用いたのが三味線ですが、伝統的に木を用いているのが、月琴ですね。生ギターやマンドリン、もちろんヴァイオリンやチェロなどの、馬の尻尾の毛を使った弓でこすって音を出す楽器もありますね。ピックを使って弦を弾いて音を出すのを撥弦楽器といいますが、ウクレレやダルシマーなどが西洋では開発されました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ