FC2ブログ

記事一覧

テネシー・ワルツ


Pee Wee King 1914~2000 享年86
  作曲=P. W. キング/R. スチュワート(1948)

I was dancin' with my darlin' to the Tennessee Waltz
When an old friend I happened to see
I introduced him to my loved one
And while they were dancin'
My friend stole my sweetheart from me.

I remember the night and the Tennessee Waltz
Only you know how much I have lost
Yes, I lost my little darlin' the night they were playing
The beautiful Tennessee Waltz.

 歌無しのもっと速いバージョンを聴いた事があったような気もするんだが・・・こんな感じで、データが失われて行くのが悲しい。文部科学省が何もしないから、孤軍奮闘するしかないのだ。でも、これもそんなに長くは続かない。はっきり云って、後の世には、このブログにあるようなデータは全て失われてしまうであろう。それは、一つの文化の終わりだと思うのだが・・・文化を理解出来ない世代には文化は必要ないとも云えるのだが・・・。それでいいのかなぁ・・・と云う思いがあって、ドン・キホーテの如くやってます。

 で、このテネシー・ワルツは、ブルーグラス界の御大=ビル・モンローが生まれ故郷のケンタッキー州を歌ったケンタッキー・ワルツに対抗して、その二年後にテネシー州生まれのピー・ウィー・キングが作った歌だったと思いますが・・・私の記憶容量にも限りがあり、特に最近は、脳の左側部分に記録されている・・・と思われる事が読み出しにくくなっているって事を自覚しています。

江利チエミ・・・・・・ベスト!
パティ・ページ・・・・・・ヒット盤
スパイク・ジョーンズ・・・・・・マニア好み^^
ピー・ウィー・キング・・・・・・オリジナルなんだが・・・一番詰まんない^^

コメント

No title

藪師匠、

私の感覚では「テネシー・ワルツ」と云えば、何と言っても江利チエミさんですね。(笑)・・・・・・・

この歌が流行した頃は、皆が前を向いて生きていました。
今となって考えてみれば、単純明快ないい時代だったのです。

No title

ご幼少の頃(^^ゞ江利チエミさんが歌ってたのをおぼろげに覚えてます♪

No title

エキさんのおっしゃるようにあのころ意味も解らず気楽に歌っていましたがあらためて歌詞を読むとけっこう切ない歌なんですね。
友達に恋人を取られたなんて・・・
このほかにもセンチメンタrジャーニーなんて好きでした。

No title

テネシー・ワルツ。ココ最近では、上戸彩。。。じゃなかった綾戸智絵さんが
ずっと唄われていらっしゃいますね^^。
それぞれの音楽性や価値観があって、どれもこの楽曲は素敵に聴こえます。
やはり,原曲の持つエネルギーなんでしょう^^。

No title

江利チエミは8トラックのカラオケでよく歌ったわ。
テネシーワルツ・家へおいでよ・さのさ・奴さん 深川くずし・酒場にて…
不幸で悲しく寂しい人生でしたね。
だからこそなのかな…今でも口ずさんでしまうのよね。

No title

*エキさん。。
敗戦でどん底まで落とされたんですからねぇ。あとは這い上がる一方で・・・

経済的に豊かな社会が理想的なのかと云うと、米国を見ればお判りのように、格差社会を生むだけです。かと云って、マルクス=レーニンが考えた共産主義社会がいいのかと云うと・・・覇気のない怠け者の社会になってしまい、それに付込んで独裁者が出現し、共産主義独裁と云うとんでもない社会になってしまいます。

何だかんだ云っても、日本的いい加減民主主義社会が、もっとも理想的な共産主義社会なのかも知れません。格差社会とは云え、それは怠惰を生まない程度に適度であり、人口に対してホームレスが一番少ないのは日本ですよ。

No title

*ごんちゃん。。
江利チエミさんのバージョンって、最初英語で歌ってたかと思うと、突然、♪去りにし~夢~って日本語で歌い出すんですよね(^ω^)

No title

*安寿さん。。
使われている英語自体は難しくないので、幼稚園の子供でも一週間もあれば覚えて英語で歌えると思います。でも・・・内容はちょっと複雑ですね(^ω^)

男が歌う場合は、「ヒム him」となり、女が歌う場合は、「ハー her」となります。彼女や彼氏を親友に紹介してはいけない・・・って歌ですね(^ω^)

No title

*ヤマさん。。
この歌は、柳ジョージさんが歌ってて、江利チエミさんと共演してるのもあると思いますが・・・私の記憶だと、柳さんはこの歌を、確か8ビートで歌ってたと思います。それで・・・えっ? それじゃ、ワルツじゃないじゃん! って思った事がありました(^ω^)

No title

*しゅうさん。。
江利チエミさんは、十代の頃、米軍キャンプ廻りをしていて、渡米して注目されました。当初はスタンダード・ジャズを歌ってたんですが、その後は純邦楽も歌うようになりましたね。「奴さん」のシングル盤もウチにありました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ