FC2ブログ

記事一覧

市川海老蔵


 團十郎さん、会見で陳謝
 
 歌舞伎俳優市川海老蔵さん(32)の負傷について父親の市川團十郎さん(64)が25日夜、都内で記者会見し「世間をお騒がせしたことは誠に申し訳ない」と陳謝。海老蔵さんからは「飲んでいて具合が悪くなった人を介抱していたら、そばにいた知らない人から一方的に暴行された」と報告があったという。
 
 ・・・と云う事で、テレビで既報のニュースですが・・・32にもなって、64の父親に謝罪させちゃったのは、歌舞伎界と云う特殊事情もありますが、海老蔵さんに取っては、青天の霹靂(せいてんのへきれき=思いがけずおこる突発的事変)で、全治二ヶ月とはまさに、師匠でもある親に迷惑を掛けた事と両方の意味で、痛恨の至りでしたな。
 
 事情は判りませんが・・・おそらく海老蔵さん自身も、かなり飲んでいたとしたら、断片的な記憶しかないと思います。実は私も、背中が痛かった事があり、寝違えかと思っていたのですが、三日後くらいに一緒に飲んでいた者に聞いてみると・・・駅のベンチに座る時に、酔っていてベンチの手前で腰を下ろしたために、背中をベンチの角にぶつけていたとの事。
 
 アルコールは、麻酔剤にもなります。かなり飲んでいると、脳が麻痺してしまうために痛みはあまり感じません。海老蔵さんがどのように帰宅したのかは不明ですが、全治二ヶ月の怪我をしていたとしても、あまり痛みは感じていなかったと思います。酔いが醒めてから激痛に襲われる。私の場合は、背中の痛みが取れないので、病院でレントゲンを撮ったら、肋骨を骨折していました(^ω^)
 
 昨年も、アイドルタレントが、怪我はしなかったけれども、深夜の公園で全裸で大声を出し、パトカー出動となった事件がありました。気を付けなくてはいけません。落語には、「試し酒」と云う、飲酒に関する恐ろしい演目がありますが・・・まあ、酒は、「気狂い水」とも申しますので、ほどほどにしておいた方が無難です。数々の失敗をして来た私が申し上げるのですから、間違いござんせん(^ω^)
 でも・・・酒に酔うくらい楽しいものは無い。「酒無くて なんぞこの世の 花見かな」ってな句もございます。幸いにも私の場合は、笑って話せる失敗談ばかりなので、ラッキーだったと云えますが、まかり間違えば、取り返しの付かない事にもなりかねないので、これからの年末年始、酒を飲む機会も多いと思いますが、くれぐれも間違いの無い様に願います。
 
 ちなみに・・・談志が司会をやっていた、笑点の前身の金曜夜席の時の問題・・・
 
飲酒運転は何故いけないのか?
 
 多分、柳朝の答えだったと思うが・・・轢き殺した実感が無いから。
 
 金曜夜席のコンセプトが後に11pmになり、笑点は、全国区の長寿番組になるにつれ、このようなブラック・ジョークをカットするようになりました(^ω^)
 
http://deov.up.seesaa.net/i/E6B5B7E88081E894B5E381AEE8B2A0E582B7E7AE87E68980.jpg 被害総額5億円。当然ながら、この金額は加害者が払えるものではないので、本人がかぶる事になります。
 
 全治二ヶ月と云うのは、骨折がある場合は、そうなります。骨折が無い場合は、1~2週間の診断になると思います。
 

コメント

No title

酒を断ち10年を過ぎました。
血圧が高くなり、バイオリンを練習すると頭が痛くて とても練習出来ません。
市川海老蔵さんまでの経験は有りませんが、寸前までの経験は、何度もあります。自分で階段から落ちたのが一番危なかったです。アルコールは薬物で、それで使命を損なう人は多いですね。
藪井師匠さんの酒の記事は 年末 そして今の国の状況を見つめるキッカケですね。

No title

師匠、おはようございます。

酒は百薬の長などと言われる反面飲みすぎるとですね。・・・
私なども色々な武勇伝はありますが、
こればかりはやめられません。
「禁酒番屋」のカステラ酒を思い起こしました。(笑顔)・・・

No title

*つるたさん。。
つるたさんの場合は、意志で断酒をしたのではなく、体調によって断酒せざるを得なかったようですね。
私は、酒も飲むし、煙草も吸います。今までに何度も、禁酒禁煙をした事がございます・・・が、何のために禁酒禁煙するのかが曖昧で、今だに、酒煙草を嗜好物として楽しんでいます。私にとって酒煙草は合法的な薬であって、それをやめると、体調が悪くなるからです。

10月から煙草税が25~30%くらい上がりました。9月末に5カートンくらいストックしましたが、全部吸っちゃったので、現在は高額の税金を払って煙草を吸っています。ただし、以前は、一カートンずつ買っていたんですが、今は、一箱ずつ買っています(^ω^)

酒や煙草が本当に身体に悪いのなら、その販売を許可している厚生労働省は、国民の健康を害する役人と云う事になり、厚労大臣は犯罪者として告発されるべきです。

No title

*エキさん。。
おはようございます。
酒は嗜好品ですよね。神代(かみよ)の昔っからあるんです。お神酒(みき)と云うくらいで、神社でお祓いをした後は、お清めのお神酒を飲みます。私はジョークで、もう一杯と、お巫女さんに云った事がありますが・・・無視されました(^ω^)

演歌にも多数歌われておりますが、酒は、薬では癒されない病さえ癒してくれます。
だからと云って、飲んではいけない状況で飲んではいけませんね。水カステラは、順番を間違えてますね。最初に、酒徳利にションベンを入れて持って行けば、次回の水カステラは、フリーパスだったと思います(^ω^)

No title

もともと母のお店を手伝っていた事もあり「気違い水」の恐さも知っているのですが、人間、飲まれるほど呑んでは元も子もないってことなんでしょう。家で呑んでりゃ、そのまま横でも後ろでも、ぶっ倒れて寝てりゃいいんですが、外ではそうはいきません。置き引きや事故の恐れも多々ございます。わたしは何時ぞやの交通法改正から外で酒を浴びるほど呑むのは無くなりました^^ヾ。ま、せめて閏年くらいに。。

No title

女が外で酔っぱらうのはどうも絵になりません。その点に関しては見栄っ張りですので失敗はありませんが、↑のように家では時々酔い潰れますが・・・
酒に酔う心地よさは人間の特権だと思います。

No title

どんな事情が有ろうとも板の上での稼業の人間が舞台に穴を開ける事は許されません。
でも父上の十二代團十郎の跡を継ぐのはこの海老蔵な訳で…
どんな奴でも松竹は「襲名披露」の興業を打ち儲けなくてはならないので、
京都南座は休演しても正月の新春花形歌舞伎にはメインとして出るわけでしょう。
その松竹や歌舞伎界の内部に向かった甘さが今日の奴を作ったのです。

先日伊勢神宮で「御料酒 白鷹」を気持ちよく飲んで来ました。
「酒なくて何の己が桜かな」人生に酒が無くては何の意味も感じないオバサンです(笑)

No title

パンダです・・・
女が外で酔うのはどうも絵にならない・・・ためにもてない人生を送っております○| ̄|_
次の集まりには着物で色っぽく飲んで・・・カラオケで裾をたくし上げそうです。
しかし・・・具合が悪いと言って記者会見をキャンセルしておいて飲みに出たというのは「傲慢」なんじゃないでしょうかね。謙虚そうに見えてやはりちやほやされて、いい気になっていると言われても仕方ないんじゃないかしらん。
しゅうさんと飲んだら間違いなく潰されますね(^^)

No title

*ヤマさん。。
私はだらだら、だらだら飲むタイプなので、いつもかんばん(閉店)まで飲んでいるので、早く閉めたい店側としては、迷惑な客ですね(^ω^)

酒が絡む事件に付いて分析してみますと・・・仲間内で飲んでいる場合は、喧嘩になっても、止める人間がいるので大した問題にはなりません。事件はいつ起こるかと云うと、仲間と別れて一人になった時に起きちゃうんですね。だから、その状況にならないようにすればいいのです。

今は外では飲まない事にしていますが、以前は、酒を飲む時には、必ず車で出掛けました。ヲイヲイと思うかも知れませんが、もちろん、酒飲んで運転する訳ではありません。飲んだ後に必ず自宅まで送り届けてくれる、酒を飲まない運転手を同行させたのです。

海老蔵さんや草薙君には、マネージャーがいるはずです。酒好きな芸能人は、必ず、酒を飲まないマネージャーを常に同行すべきです。

No title

*安寿さん。。
そうですね。女性が飲み会の帰りに、電車の座席で寝込むと云うのは・・・良くない。それじゃ、単なる酔っ払いのおやじと同んなじですし、化粧が崩れたり、股を広げちゃうのは、みっとも良くありませんね(^ω^)

すぐに寝られる、家で飲むのが一番です。私は話をしながらガンガン飲むタイプなので、家で飲んでいても、二時間くらい電話をしながら飲んでしまい、ベロンベロンになってしまう事もあります。だから、できるだけ、家で、一人で、電話をせずに、喋らずに飲むようにしています(^ω^)

No title

*しゅうちゃん。。
落語には、酒の失敗の話が多々ございます。と云う事は、江戸時代から、酒にまつわる失敗談ってのは、人間のメインテーマでもある訳ですね。

であるが故に、そう云う失敗をしてはいけないと云う事なんです。実業の世界でもそうですが、特に芸能人は、有名税としてマスコミに取り上げられてしまうので、気を付けなくてはなりません。酒飲んで高座に上がっても、客がそれを許したのは、志ん生だけです(^ω^)

「酒なくて何の己が桜かな」が正しいヤツでしたっけ?
ウロ覚えですいません(^ω^)

酒は、違法薬物のように、飲んだからと云って犯罪にはなりませんが、心神耗弱(心神喪失)状態になってしまうのは同じなので、気持ち良く飲んでいる状態を超えた場合は、行動に責任が取れない状態になってしまうので、留置する必要があり、交通違反切符と同様の、飲酒停止切符を切る必要があると思います。

No title

*パンダちゃん。。
新之助時代に、テレビドラマに出ていた頃は、大っ嫌いだったのですが・・・テレビで、海老蔵のドキュメンタリーを見てから、なるほど、歌舞伎役者の家に生まれるってのも、いろんなプレッシャーがあるんだなと思いました。海老蔵は、こぶ蔵なんかとは、まったく根性が違います。

ただし、稽古で腰を痛めたと云って、記者会見をキャンセルしていながら、その晩に飲みに行っちゃったってのは、事情が良く判りませんね。世の中を舐めていると云われても仕方がありません。

でも、歌舞伎役者ってのは聖人君主ではありません。今の勘三郎は、談志と飲む時は、素っ裸で踊ります。歌舞伎役者ってのは、「傾く(かぶく)」人間なんです。そのどうしようもない人間と云われるパワーが、役者としての力ともなる訳で・・・今の同好会のような落語界からは、志ん生のような強烈な噺家が生まれてこないって事にもなるんです。

・・・弁護は、この辺で宜しいか・・・(^ω^)

No title

禁酒のキッカケは、師匠の仰る通りです。
今も、イチョウの葉の焼酎が飲みたいです。
タバコは、止める事が出来ません。
酒とタバコを一度に止めて体調を崩された人の話は良く聞きます。

No title

酒飲みの立場から援護してあげたいですが今回は「酔った」から悪いのではなく
「舞台に立つ」事を生業にしている者としては穴を開けることが絶対にダメだと言いたいのです。
親の死に目にも会えないのが当たり前と言う覚悟が大病をした父を持った彼には分かっていたと思っていたので実は残念です。

今は何回目かの歌舞伎ブームです。
切符が飛ぶように売れ周りからちやほやされる事に慣れてしまってはいけない。
歌舞伎役者は普通の役者や噺家等とは全く一線を引く立場です。
歌舞伎界では彼の立場にはどんなに精進し頑張って努力してもなれません。
歌舞くパワー=根底を流れる差別と言うパワーを彼も反発ばかりせずにいい加減認めて良い力へ向けて行く時期だと思います。

No title

*つるたさん。。
健康に良くないと云う事にはなっているのですが・・・確かに過度の飲酒や喫煙は、害があるとは思いますが、それが科学的に証明されているのかと云うと、そうじゃないはずです。明らかに健康に害があると云うのが証明されているのに、政府が高額の税負担を強いて、財源にしているとしたら、とんでもない話です。

酒飲みは薬物をやらないと云います。その理由は、アルコールによって薬物の効き目が薄れてしまうからです。だとしたら、飲酒は薬物依存の抑止に貢献しているって事です。喫煙は居眠り防止にもなり、居眠り運転の防止にもなります。すべての嗜好品とはそう云うものであって、そんな事を云い始めたら、ラーメンなんてのは、高脂血症とか高血圧の原因になるから、健康の為にラーメンは食べるべきではありません(^ω^)

No title

*しゅうちゃん。。
團十郎さんは、今でも抗がん剤を服用しているのだと思います。そんな父親に心配掛けちゃいけない。
歌舞伎界の名跡は世襲制なので、いずれ、團十郎名跡を襲名しなければならない訳で、伝統芸能の世界にいる者は、常に節制を強いられている訳ですね。

落語界のように、名跡をいい加減にしていないからこそ、文化庁もNHKも、歌舞伎を伝統芸と認めている訳ですね。もちろん落語は、伝統芸とは認められていません。

今回の件は、5億円の損害だったと思って、精進しなくてはいけません。

No title

ショートです。
だらだらはしご酒するのは、酒呑みとしては「クズ」です。自業自得でしょう。

No title

*キャバンさん。。
いろいろ事情が判って来るに連れて、いろんな事が判って来てますね。
酒飲んで泥酔すると云う事は、素面の時の意識を失ってしまうってのが一番怖いんです。

私は泥酔した翌朝に、財布の中身を見るのが怖い事が何度もありました。つまりどのように金を使ったのかを憶えていない訳で、そうなったら、外で酒を飲む事を、やめなくてはなりませんね。犯罪にだって絡みかねません。

私は選挙違反で任意同行を求められた事があります。昔は今のようにボードにポスターを貼る方式ではなく、どこにでも選挙ポスターが貼ってありました。私にはまったく記憶がないのですが、ポスターを剥がしたとタクシーの運転手の通報があったらしく、酔ってフラフラと歩いていた私がその犯人として、パトカーで連行されました。酔っていて自分の行動をハッキリと覚えてないんで、喧嘩になりません。気を付けなくてはなりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ