FC2ブログ

記事一覧

今戸の狐

【登場人物】
菅良助(かんりょうすけ。千住・橋場の「いろは長屋」に住む噺家の若い前座=初代 三笑亭可楽門下)
向かいのかみさん(千住=コツの妻=サイ)
町内の厄介者(やくざなバクチ打ち)
 
【概要】
 落語作家の乾坤坊良斎(けんこんぼうりょうさい)は、噺家になったが、才能が無いのを悟り作家に戻る。良助と云う門人がいたが、どうしても噺家をやりたいと云うので、知り合いの初代 三笑亭可楽に紹介する。可楽にはすでに内弟子が多数いるので、通いの弟子となる。
 
 住み込みの内弟子なら、生活に金は掛からないが、通いの前座なので、寄席の中入りで売る籤(くじ)の僅かな収入しかなく、暮らしに困っている。仕方が無いので、師匠には内緒で今戸焼きの狐の彩色の内職をしている。
 
 向かいのかみさんは、元・千住(コツ)の女郎上りだが働き者で、近所から「千住の妻(コツのサイ)」と呼ばれていた。物干しから覗かれ、良助の内職が見付かってしまう。自分にもやらせて欲しいと良助に頼む。やらせますから、師匠には内緒に願います。
 
 中橋(現・中央区八重洲)に住む三笑亭可楽の家では、内弟子の前座達が、小遣い稼ぎに寄席の中入りで売った、籤の売り上げを勘定していた。「チャリン・チャリン」と云う音が外まで聞こえる。急な雨に降り込められたヤクザが、雨宿りで軒先に立ち寄ると、中から「チャリン・チャリン」と聞こえる。『おやぁ。キツネ(サイコロ博打)をやってやがるなぁ。ここは、可楽の家か・・・』
 
 翌朝。ヤクザは、可楽の家へ押し掛け、見逃してやるから金をこしらえてくれと云う。応対に出た可楽は、何の事だか判らないからと奥へ引っ込んでしまう。内弟子の前座「三笑亭のらく^^」から、キツネは、橋場の良助のところで毎日出来ていると聞き出す。
 
 ヤクザに押し掛けられた良助は、大慌てで人形や道具を隠す。『いいよ。いいよ。判ってるんだから、慌てなくていいよ』



狐 (サイコロ博打)
出来ている (賭場が開かれている)
こさえる (金を調達する)
顔が揃う (上客の顔ぶれが揃う)
大きいのも小さいのも (博打の規模の大小)
金張り銀張り (高額の賭け)
壊す (賭場を荒らす)


 ・・・等々。ことごとく、今戸焼きの狐の彩色の話と、「狐」と云う、三つのサイコロを使った博打の話が符合して、会話が成立してしまう。
 
 良助は『押入れの中に出来ています』と、押入れを開けて、今戸焼きの狐の土人形を見せる。ヤクザは『俺の云っているのは、骨(コツ)の賽(サイ)だ!』と怒る。『千住(コツ)の妻(サイ)なら、お向かいのおかみさんです』
 
【雑感】
 落語作家の乾坤坊良斎(1768~1860)の弟子=二代目 菅良助の実話と云われています。この良助は前座名として、初代 立川談志を名乗っています。良斎自身の実話との説もあります。乾坤坊良斎は「お富与三郎」等の作家で、おとぎ話「桃太郎」の作家ではないかとの説を、四代目 柳亭痴楽は紹介しています。
 
 初代 三笑亭可楽は、職業として落語をやった江戸寄席落語の開祖で、門弟数十人を育成しました。初代 三遊亭圓生も当初は可楽の門人でした。天保四年(1833)没。
 
 廓(くるわ)と云えば吉原(中=ナカ)ですが、ここは官許の公娼場。いわゆる岡場所(おかばしょ)と云われる場末の私娼場としては、落語によく登場するのが、千住の「コツ」です。他には品川や新宿のような遊郭も登場します。千住宿は、上宿(北千住)と下宿(南千住)からなりますが、下宿から山谷までの草原が刑場のあった小塚原で、「こづかっぱら(こつかっぱら)」と云いましたので、この「こつ」から来ているとも考えられますが、志ん生は、『昔、刑場があって骨が沢山埋まっているから、骨(コツ)と云った』と語っています。
 
 この演目は古今亭(金原亭)一門に伝えられてますね。噺家として修行中はアルバイトをしてはいけないんです。「ご飯が好きじゃ噺家にはなれない」。貧乏のどん底に喘ぎながら、食うや食わずで噺家の修行を続けて来た志ん生の思いが込められている演目のように思えます。
 
 サイコロ博打には、いろんなものがあるのですが、普通のドラマなどでやっているのは、サイコロを二つ使った、目の数の合計が奇数か偶数かに張る丁半博打です。サイコロを一つ使って、その数字に張るのが、「ちょぼいち」と云うもの。サイコロを三つ使って参加者が順繰りにドンブリの中に振り入れるのが「チンチロリン」。こう云う事は学校じゃあんまり教えてくれませんが・・・(^ω^)
 
 志ん生がこの演目でやっている「キツネ」の説明は、「チョボイチ」の間違いではないかと思うのですが・・・三つの賽を使う「チンチロリン」のルールは、志ん生が説明しているものとは違います。チンチロリンのルール説明は・・・まあ、いいでしょう(^ω^)
http://deov.up.seesaa.net/i/E58FA4E4BB8AE4BAADE5BF97E38293E7949F20E4BB8AE688B8E381AEE78B90.wma 28:15 今戸の狐
 / 古今亭志ん生
 データ・・・五代目 古今亭志ん生 明治23(1890)年6月28日~昭和48(1973)年9月21日 享年83 前名=七代目 金原亭馬生 出囃子=一丁入り 紫綬褒章 勳四等瑞宝章 本名=美濃部孝蔵

コメント

No title

懐かしい噺ありがとうございました。
もう一つの今戸は今戸焼。これは可楽でした。
もうやる人はいないでしょうね。

No title

この噺、「実録!噺家の生活」みたいな感じで
結構好きです。
落語の噺の中では少し毛色が違っていて楽しいですね。
ヤクザ者もなんかまぬけで楽しいですね。(^^)

No title

*けんちゃん。。
病前の音源ですから、元気はいいんですが、何かちょっとこの音源の志ん生は、バタ付いてる感じがします(^ω^)

他社ブログのコメントで、今戸焼は現在でもあるのですが、金張りとか銀張りと云うような色使いの物は、今戸焼には無いようです。可楽の今戸焼は、福助人形と云うものを現代では見掛けなくなったので、美男子としての歌舞伎の福助に引っ掛けたサゲが判らなくなってますね。

No title

*菖蒲園さん。。
実在の噺家が登場する演目ってのは、これ以外には無かったと思います。
この演目と淀五郎を聞いた感想文の提出を、噺家が入門する時の必須条件にすべきだと思います。

テレビタレントになるには、厳しいオーディションがありますが、それをすり抜ける方法として、噺家に入門するってのが多いように思います。

No title

残念…日曜に出直して参ります。

No title

*しゅうちゃん。。
この演目は、多くの事を説明しなくてはならないので、説明落語になりやすく、難しい演目です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ