FC2ブログ

記事一覧

井桁に橘


 「井桁に橘(いげたにたちばな)」という紋は、日蓮宗の寺紋になっている。その理由は日蓮上人が井伊氏の流れを汲むと云う事らしいのだが確かではなく伝説らしい。井伊家中興の祖で徳川家康の四天王の一人だった井伊直政(1561~1602)が日蓮宗に帰依した事からと云うのが本当らしい。

 つまり井伊家の家紋の「井桁に橘」が日蓮宗の寺紋になったと云う事ですね・・・なんて知ったような事を書いてますが、私はそもそも日蓮が何で「井桁に橘」なのかって事すら知らなかった。落語を聴いて判らなければ調べればいいんです。判らないだろうからとカットしたりその部分を変えちゃうなんてのは落語に対する冒涜です。

 今の噺家は下手糞ばかりでなく勉強しないから困ります。大学出て噺家になって、馬鹿なオチャラケしか出来ないんじゃ親が泣くよ。
http://zykur.up.seesaa.net/ni/E698A5E9A2A8E4BAADE69E9DE99B8020E6A48DE69CA8E381AEE3818AE58C96E38191.wma 17:56 植木のお化け / 春風亭枝雀
 データ・・・七代目 春風亭枝雀(1927年四代目 柳枝門) 明治32(1899)年4月1日~昭和56(1981)年6月23日 享年82 前名=華好(1921年襲名 四代目 柳枝門) 出囃子=喜撰 本名=松田福次郎 芸術協会所属の音曲師

 音源データ・・・昭和52(1977)年4月28日 にっかん飛切落語会 第19夜 イイノホール 枝雀78歳時

コメント

No title

井伊大老は非業の死を遂げましたが、幕府の為にも尽くされましたよね・・。

No title

*くろまめさん。。
幕末の井伊直弼(なおすけ)は、雪の降る朝に桜田門の藩邸から駕籠に乗って外に出た時に、待ち伏せしていた水戸藩の血気盛んな若侍たちによって暗殺されましたね。日本史ではその事件の事を「桜田門外の変」と云ってますね(^∇^)

No title

===
「桜田門外の変」
===
だからあそこに警視庁ができたのです、ぬぁ~んちゃって。(昔三木鶏郎の日曜娯楽版でやっていました。)

No title

===
大学出て噺家になって、馬鹿なオチャラケしか出来ないんじゃ親が泣くよ。
===
東大を出たのもいますからねぇ。「流石東大出、噺がうまい!」と言いたいところだが。。。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s358.gif">

No title

*けんちゃん。。
桜田門にあるのが東京警視庁ですね。日比谷の交叉点から西方向に行ったところです。更に西方向に行くと東京地方検察局があります。藪さんは海老蔵じゃありませんが若い頃には酒で数々の問題を起こしましたので、東京地方検察局にも出頭した事があります(^ω^)

でも藪さんがやる事はすべて正義ですし、検事に対しても論破しますので、裁判所に起訴された事はありません(^ω^)

No title

*けんちゃん2。。
まあ噺家ですから、笑ってもらうのが商売ではあるんですが、客に笑われるのと客を笑わすのでは意味が違いますからね。バカだから笑われているくらい悲しいものはありません。ちゃんとした噺家は客を笑わせる為に様々な工夫をしています。

No title

>「井桁に橘(いげたにたちばな)」という紋は、日蓮宗の寺紋になっている

それでひとつ謎(?)が解けました。

圓生師の「樟脳玉」で捻兵衛さんと奥さんが羽織かなんかを作って、お互いの家紋(井筒と橘)を比翼紋にしようとしたら、職人が間違えて井桁に橘の紋にしてしまって、お祖師様みたいだと笑われた、という場面がありました。

なんで、井桁に橘でお祖師様(日蓮上人)なのか、と不思議に思っていたもので。

ありがとうございました。

No title

*SHIONさん。。
圓生の樟脳玉ですか。「不動坊」と同様のニセ幽霊噺ですね。しかし、SHIONさんは細かい部分まで良くご記憶してますね(^∇^)

現代ではほとんどやる人がいなくなっちゃってるでしょう。その意味では三遊本家が消滅してしまったと云うのは、東京落語にとっては大きな損失です。

No title

いえいえ、記憶力は大したことはありません。たまたま一昨日、庭の草毟りをしながら、ipodで圓生師の「樟脳玉」を聴いていたもので・・・

No title

*SHIONさん。。
「樟脳玉」のサゲってのは洒落てますよね。ニオイで、死んだ女房の気が残ってたのは「お雛様」(^ω^)

私が子供の頃は「樟脳(しょうのう)」と云ってましたが、その後はナフタリンとなり現代では「箪笥にゴン」と云わないと若い人には判らないかも知れません。

夏の縁日で、セルロイドで作った船を動かしていた動力は、薄くスライスした樟脳だったと思います。樟脳が水に溶ける時に水を押すのが動力になってました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ