FC2ブログ

記事一覧

反魂香


 「反魂香(はんごんこう)」と云うオカルト噺は東京の演題で、上方では「高尾(たかお)」の演題でやります。享保18(1733)年に出版された「軽口蓬莱山(かるくちほうらいさん)」と云う笑話本にある「思いの他の反魂香」が原話。

 内容は、「不動坊(火焔)」と云う演目と同様のオカルト的な噺なので、怪談噺とも云えるのですが、圓朝が作った「真景累ヶ淵」のような純然たる怪談噺ではなくて、むしろ滑稽噺と云えるような、ぜんぜん怖くない演目です。

 因州鳥取の島田重三郎と云う侍が、江戸詰めの話の種に吉原の遊廓へ行き、三浦屋の高尾太夫(二代目)に一目惚れ。重三郎と高尾は逢瀬を重ねますが、その事が国元の殿様に知れ重三郎は追放処分。その間に高尾太夫は仙台の殿様の目に留まり身受けされますが、云う事を聞かないので斬り殺されてしまう。その経緯は、ちょっとややこしいのですが東京では、先代の金馬さんなどが同じ演題の「高尾(仙台高尾)」でやってます。

 重三郎はそれを知り髷を落として坊主になり、高尾に貰った「反魂香」を焚いては、高尾の魂を呼び出して逢っている・・・と云う話を、毎度お馴染みの町内のスットコドッコイの八五郎が聞きます。三年前に死んだ女房の「おかじ」に逢おうと薬屋へ「反魂香」を買いに行きますが、薬の名前を間違えて越中富山の「反魂丹」を買って帰り、火鉢にくべたがなかなか女房が出て来ないので、袋ごと放り込んだら煙がモクモク。

 女房の「おかじ」がなかなか出てこないので「かじ~かじ~」と呼び掛ける。
 隣では「火事~火事~」と云う声が聞こえ煙が入ってくるから驚いて八公のところへ行くと大変な煙。こりゃ大変と水をぶっ掛ける。

 やいやい。何だってウチん中へ水を撒くんだい。
 だっておめぇんとこで火事を出してるからよ。
 かじが出ねぇからけむぅ出してるんだい。

 上方版と東京版では若干の設定や人物の名前が違いますが、上方では当代の三代目 桂春團治。東京では八代目 三笑亭可楽や、その弟子の夢楽が演じたものが知られています。こう云う演目は、途中で「はめもの(お囃子)」が入る上方の演出に軍配が上がるようです。

 高尾太夫と云うのは、吉原の大店(おおみせ)三浦屋に伝わる花魁の大名跡です。吉野太夫・夕霧太夫と共に、花魁の三大名跡と云われました。東京の落語で云えば、三遊亭圓生とか三笑亭可楽とか柳家小さんと云う大名跡で、花魁のナンバー・ワンが代々襲名したそうです。この演目で語られる高尾は二代目で、万治高尾とか仙台高尾と呼ばれた花魁。落語には「紺屋高尾」と云う演目がありますが、その高尾は五代目。

映像データ・・・昭和54(1979)年8月31日 第136回落語研究会 国立小劇場 志ん朝41歳時

 データ・・・三代目 古今亭志ん朝 昭和13(1938)年3月10日~平成13(2001)年10月1日 享年63 前名=朝太 出囃子=老松 本名=美濃部強次 志ん生二男

コメント

No title

*namさん。。
呼ばなくても出てきてご通家の薀蓄を垂れてくださいよ(^ω^)

クラシック音楽関係は法師さんのご専門なので、私は余計な事を書いてボロを出したくない(^ω^)
ハープシコードってのは、鍵盤楽器としてのピアノの原形でチェンバロとも云ってるって事くらいは知ってます。グレン・グールドもキース・ジャレットの名前も知ってます。でも知ってるってだけでコメントはできません(^ω^)

是非ともトラバ先の法師さんの記事を読んでください。東大落語研究会編の「落語事典」に志ん朝のサゲが記載されてないらしい。東大落語研究会ってのは、三代目 小圓朝が指導したクラブで、保田武宏さんの出身クラブです。保田さんのような落語データの第一人者が志ん朝のサゲをご存じないなんて事はあり得ないと思うんですが・・・(^ω^)

No title

*namさん。。
可楽の音源を廃止になったサーバに上げてあったのですが、切れちゃってるので夢楽さんの動画の前に可楽の音源を上げますか・・・って、既に菖蒲園さんなら記事を書いていると思いますが・・・(^ω^)

志ん輔が志ん朝のサゲを引き継いでいる件・・・ありがとうございます。スカパーの「落語チャンネル」の動画にあるかどうか探してみます(^ω^)

No title

*トシ坊さん。。
そうでしたか、残念でしたね。三代目は1930年生まれですから今年83歳。
春團治さんよりはるかに年下の私が、今の暑さに参ってしまって、記事が書けない状態なんですから、春團治さんの辛さは良く判ります。

「悠々として急げ」・・・60歳で亡くなってしまった釣り師でもあった日本の最後の文豪=開高健先生のお言葉です。若い頃には何でも無茶できたんだけども、年を取ると本当に何も出来なくなります。私はこの暑さに、外出する事さえ恐くて、エアコンの効いた涼しい自宅からは外出できません(^ω^)

No title

私はクラシックもジャズも聴きかじる程度です。
キース・ジャレットは何枚かのアルバムを聴いていますが、グレン・グールドはこのゴルドベルグ変奏曲の二枚を聴いたことが有るぐらいかな。
何か偉そうな蘊蓄をコメント出来るような知識も耳も持ち合わせていませんがこの聴き比べはなかなか楽しめます。

さて、東大落語研究会編の「落語事典」は先代小さん師匠ぐらいまでの速記をもとに纏めているようですね。
志ん朝師の反魂香の速記は読んだことが無いですが、落語研究会のDVDには速記が付いていたのかな?
東大落語研究会編の「落語事典」が改訂されたのが平成6年ですから、落語研究会DVDが速記の初出ならば改訂には間に合っていないことになりますね。

ちなみに手元の矢野誠一さんの事典本「落語手帖(88)」「落語読本(89)」はどちらも「おかじ」は取り上げていません。
立川志らく師の「全身落語家読本(2000)」には志ん朝師が女房の名前を変えてサゲを改変したと書いています。但し、志らく師はこの改変には否定的です。

No title

皆様方のコメントを拝見していて、いくつか書きたくなりました。
1.Goldbergをハープシコードで弾いたというのは面白いですね。Bachの時代には強弱を表現できるピアノはなかったのですから、言って見れば正しい選択です。ジャズの方がやったというのも面白い。一度山下洋輔がBrandenburgを弾いたのを聴いたことがありましたが、凄かった。
2.東大の落語会は確か創設者の一人がY先生で、多分今週お会いすることになると思います。
忘れなかったらこのサゲのことを聞いておきます。が、多分酒の席で忘れてしまうでしょう。
続きます。

No title

3.「悠々として急げ」これは古代ギリシャの諺でσπεῦδε βραδέως です。それを痴愚神礼賛のErasmusがラテン語に訳してFestina lenteとして広まったものです。
βραδέωςは"e"のうえにアクセントがついていますがホメーロスのころはβραδηοςと書かれていました。こういう音量変化(長母音と短母音の入れ替え)のことを言語学ではQuantitative metathesisと言うというようなことをギリシャ語の時間にならったことを思い出しました。
4.可楽は「かんこ」ではなく「キナ臭いのは」でやっていたと思います。渡辺勇の本には「こんこ臭いのは内かたか、火の用心たのみます」と言うサゲで記されています。
妄言失礼。

No title

今気が付きましたが「女郎」のことを文字通り「ジョロー」と発音しなくて「ジョーロ」と発音する(「女郎買い」は「ジョーロカイ」であって「ジョローカイ」ではない)のは典型的なQuantitative metathesisですね。

No title

*namさん。。
最近の小石川図書館には、グレン・グールドのなんとかってポスターが貼ってありますが、最近はすべてネット予約で済ましているので、図書館にはホンの数分しかいないから何の事だか判りません(^ω^)

春團治版の女房の名前は「おチョネ」なんですよね。これは上方落語独特のものなので、東京版では使えないですよね。「お梅」と云うのは上方版では隣の女房の名前だったと思います。可楽はどうやっていたのか覚えてませんので、そのうちに可楽版を聴いてみます。

No title

*けんちゃん。。
「悠々として急げ」は開高健のオリジナルではなくて、彼が頻繁にその言葉を使ったと云う事なんです。アラスカのキングサーモン釣りのビデオの中でも語ってます。確かそのタイトルのエッセイ本も出していたと思います。

No title

*けんちゃん2。。
「女郎」の発音に付いてですが、東京落語では昭和30年代頃までの音源ではことごとく「じょーろ」と発音していたと思います。

「じょろう」と発音するようになるのはそれ以降の音源の筈です。

No title

えっ!今は「ジョウロ」と発音しているのですか?!https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s89.gif">

No title

*けんちゃん。。
今の噺家は口伝ではなくて、速記本で落語を「読む」事が多いので、「女郎(じょろう)」と発音しています。
「女郎屋(じょーろや)」と発音した噺家は、口伝で落語を教わった故人の噺家だけだと思います。

ちなみに調べたら柳枝の「宗論」のニッポン放送音源を所有してましたので、明日かあさってには記事にしようと思います。

No title

===
今の噺家は口伝ではなくて、速記本で落語を「読む」事が多いので、「女郎(じょろう)」と発音しています。ありがとうございました。
===
なんたる堕落!

柳枝の宗論今聴いています。
ありがとうございました。

No title

出先なので確認できて無いのですが、志ん朝師匠は明烏で「女郎買い」を「じょうろかい」と発音していたと思います。でも、「女郎なんざ買うと瘡(かさ)ぁかく」は「じょろうなんざ…」と発音していたんじゃなかったかしら。
文楽師匠はどうだったかなぁ?帰ったら聴いてみよう!

志ん朝師は江戸っ子の典型的な話し方をしていたイメージが有りますが、「新幹線」の発音は現代風だと京須さんが書いているのを読んだような記憶が有ります。

No title

*けんちゃん。。
私が舌っ足らずで中途半端な説明をしているうちに、namさんに指摘されてしまいましたが・・・(^ω^)

厳密に云うと・・・「女郎」のみの場合は、昭和の大師匠たちも「じょ、ろう」と発音しているんです。
違ってくるのが「女郎」に何かがくっ付く場合で・・・「女郎屋」や「女郎買い」や「お女郎」です。

それの大師匠たちの発音が・・・「じょう、ろや」であり「じょう、ろかい」であり「おじょう、ろ」となる訳です。

No title

*namさん。。
その通りです。私の説明が不十分でした(^ω^)

法師さんへの上記の説明でご理解いただけるでしょうか?
つまり「女郎」と単独で云う場合と、女郎に何かの言葉がくっ付く場合とで発音が異なると云う事なんです。

私が好きなのは、現代の噺家は絶対にそう云う発音はしないけれども、志ん生や金馬が普通に使ってた下町言葉の「デバート(でBAーと)」や「アバート(あBAーと)」です。私が子供の頃の大人は、みんなそう云う発音をしていました(^ω^)

大工調べのサゲで常に問題になる棟梁の発音も「とうりょう」ではなくて「とうりゅう」と発音してました。

No title

http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64110796.html
では黒門町はすべて「ジョウロ」と発音しています。時次郎が「鼻を欠く」というときも「ジョウロ」です。
「トウリョウ」でなければ困りますね。

No title

*けんちゃん。。
黒門町あたりだとすべてを「じょう、ろ」と発音してるかも知れません。

大工調べの場合は・・・「とう、りょう」と云う現代の発音ではダメなんです。「とう、りゅう」と云う神田竪大工町の下町の発音じゃないとサゲが決まらないんです。

「細工は流々、仕上げをごろうじ」と云うフレーズをもじって「大工は棟梁、調べをごろうじ」と云う地口落ちにしてあるのですから、「流々」の発音の「りゅう」を使う必要があるんです。

No title

一昨日、Y先生にお聞きしました。志ん朝の「おかじ」と言うサゲのことは知らないそうです。
ただ「そういうのが志ん朝君の考えなのか、誰かから引き継いだのか、もうわからなくなりますねぇ」とのことでした。
以上報告終わり。

No title

*けんちゃん。。
忘れずに聴きなんで下さってありがとうございます(^ω^)

志ん朝以前に「おかじ」をやっている資料が見付からない以上、現時点では仮に「おかじ」は志ん朝の工夫だとしておいてもよろしいのではないかと思います。もし何かの手掛かりが見つかれば、もう一度記事にします。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ