FC2ブログ

記事一覧

ちはやふる

ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれないに 水くくるとは
                   (在原業平朝臣 小倉百人一首第17番歌)
 

 小倉百人一首の中の在原業平の歌。この歌の意味を娘に聞かれ困った男が近所に住む自称『物知り』の隠居のところへ意味を訊きに行く。ところが、隠居もこの歌の意味を知らないので、困った隠居は即席で話を作りその場を取り繕う。
 
 江戸時代、相撲取りの『竜田川』が新町へ遊びに行った際『千早』と云う花魁に一目惚れした。ところが千早は力士が嫌いで振られてしまう(『千早振る』)。
 
 振られた竜田川は妹の『神代(かみよ)』にアタックするが、こちらも云う事をきかない(『神代も聞かず竜田川』)。
 
 竜田川は力士を辞めて、実家に帰って家業の豆腐屋を継ぐ。それから数年後、竜田川の店の前に一人の女乞食が訪れる。「おからを分けてくれ」と云われたのであげようとしたが、その女乞食の顔を見て驚いた。千早太夫の成れの果てだった。怒った竜田川はおからをあげる事は出来ないと云い、千早を突き飛ばす(『からくれないに』)。
 
 千早は井戸のそばに倒れ込み、こうなったのも自分が悪いと井戸に飛び込み入水自殺を遂げた(『水くぐる』)。最後の『とは』って何だ!と突っ込まれて、「『とは』は千早の本名だ」とサゲるのが普通。
 
本当の意味・・・
 「千早振る」=『神』にかかる枕詞(まくらことば)
 「神代も聞かず」=神代、つまり大昔にも訊いた事が無いだろう
 「竜田川」=奈良県生駒郡を流れている川の名前
 「唐紅に水くくるとは」=からくれない「舶来の紅の意」鮮やかな濃い紅の色。くくり染め(しぼり染め)の事
 『紅葉が竜田川の川面に写り、くくり染めのように見えている。こんな事は今までに一度も無かっただろう』
 
 ちなみに、古今和歌集にはこの歌の但し書きとして・・・『二条の后の春宮の御息所と申し上げるときに、御屏風に竜田川に紅葉ば流れたるかたを書けりけるを題に詠める』・・・とあるので、業平本人は竜田川を実際に見た訳でなく、屏風絵からその様子を想像して詠んだもの。(参考=ウィキペディア)
 
 この落語は本来『木火土金水(もっかどこんすい)』と云う長編の部分が独立したもの。
 
 百人一首の「和田の原八十島(やそしま)かけて・・・」は、「和田の原」と「八十島」がともに田舎相撲の話。「つくばねの峯より落つるみなの川・・・」も「筑波嶺」と「男女の川」と云う力士の話で、そのあとにこの「千早振る神代もきかず竜田川・・・」が入り、これも相撲の話。ともに強引なこじつけが笑いを呼ぶ。そのあとさらに「やかん」をめぐるトンチンカンなやり取りが入る。
 
 その相撲話の前二つをカットしたのが『千早振る』で、やかんを独立させたのが『やかん』と云う一席となる。三代目 柳家小さんは『木火土金水』として、その全篇を演じていたとの事。落語好きだった夏目漱石や正岡子規は、上野の鈴本で小さんの演るこの演目を聴いていたかも知れない。漱石は「名人 小さんと同時代人で、小さんの落語を聴けるのが嬉しい」と云う文章を「三四郎」の中に残しているし、寄席発祥の地とされる下谷神社には「寄席はねて 上野の鐘の 夜長哉」と云う子規の句碑があります。
 
 「ちはやふる」か「ちはやぶる」と濁るか「千早振る」と漢字で書くのかに付いて調べたのですが、定説は無いようです。

動画データ・・・平成8(1996)年11月13日 上方落語名人会 吉朝42歳時
 
 データ・・・桂吉朝 昭和29(1954)年11月18日~平成17(2005)年11月8日 享年50 本名=上田浩久

コメント

No title

こんばんは。(*^-^*)
秋の風情たっぷりの句が、
竜田川の恋愛話になってしまって・・・(笑)
最後がハッピーエンドだったら良かったのになぁ~。(笑)
藪さんも寒くなってきたので、履きなはれ~。(笑)
面白かったです。(^_-)-☆

No title

*まーぶるさん。。
雨の日には、雨ばっかりで取材が出来ないと文句を云うのに、今日みたいに晴れた日は寝坊をしてしまうドジな藪さんです(^ω^)

午後二時過ぎになってやっと神保町の古本まつりに出掛けてきました。行列に並ばないと食べられない、白山通りにある「いもや」と云うとんかつ屋をまず覗いたんですが、昼時ではないので店の外にまでは行列がなかったけれど、店内には十人位が待っているので断念して、本屋街を見物し明治大学の図書館を見学。そのあと東京駅へ足を伸ばして外観だけ撮影し、神保町へ戻ったのが四時半頃。いもやの店内を覗くと誰も待ってないので、やっと、とんかつにありつけました。

若い頃には皿に山盛りのキャベツを残さず食べられたんだけれど、もはや食が細くなっているので食べられなくてキャベツを少し残しちゃった。赤出汁のシジミの味噌汁のシジミを昔は全部食べたんだけど、それもやらなかった。自転車走行が13キロ。万歩計の歩数が7,700歩。ちょっと歩き過ぎました(^ω^)

No title

陽成院の「筑波嶺の。。。」部分は二代目小さん(禽語楼)の速記が残っています。

No title

アマゾンの電子書籍の端末から、石垣島より送信です。奇想天外な解釈も、ここで、止めて正解ですね。
石垣島は、寒いです。海の中は26℃ですが、外は、やっと20℃の状態です。来るたびにいっているイタリアンにいってきました。美味しかったです。

No title

*けんちゃん。。
今の噺家さんは不幸だと云えるのかも知れません。

かつての大師匠たちは、落語が上手くならなければ有名な寄席には出してもらえず、場末の寄席やドサ回り。噺家ではほとんど食う事ができずに、廃業して転職せざるを得ませんでした。その過酷な生存競争を生き残ってきた噺家の音源が現在残ってるんです。

現在は協会に所属していれば、下手糞でも寄席に出してもらえる時代です。前座から二ツ目となり、下手糞でも十数年すれば真打ちになれちゃう時代です。これほど客が落語界にバカにされている時代はないと思います。しかしながら現代は、バカにされている事を知らない落語知らずの客が多いからこのひどい状況が改善されずに、噺家の中にさえ現在のひどい状況を理解せずに落語ブームだなんて云ってるバカもいる。

下らん改作をするくらいなら、昔の演目を掘り起こせって云いたいですね。

No title

*キャバンさん。。
現在では何故、根問い物の長編が失われ、長いものをブツブツ切って語るのかと云うと、噺家が多過ぎるからなんです。一人が十分くらい語って交代しないと、仕事にあぶれるヤツが出て来る。

あぶれたっていいんです。かつてはあぶれた奴は飯が食えないからドンドン噺家を廃業しました。だから落語のクオリティが保たれたんです。今の落語界はハッキリ云って噺家が多過ぎます。五分の一くらいに人数を減らさないと、糞も味噌も一緒になってしまって、いずれみんな共倒れすると思います。

下手な落語を聴きに行ってはいかんのです。現在の噺家の五分の四がリストラされるまで、心を鬼にして落語を聴きに行ってはいけません。よく管理された湖なら、魚が釣れなくなったら2,3年禁漁にします。漁業でもそうですし農業でも作物の成長が悪くなったら、その農地は休耕田として土地を休めます。

林業でもいい材木を作るには余計な木を伐採します。今の東京の500人の落語界は、400人の首を切り100人を育てる環境にしないと、やがてまともな木が一本も育たない状況になります。

No title

===
下らん改作をするくらいなら、昔の演目を掘り起こせって云いたいですね。
===
痛切に感じますね。一昔前の表現を借りれば「激しく同意」です。

私は不幸な連中に馬鹿にされたくはないので、滅多に落語会には足を運びません。
来月は一つだけ予定を立てています。東京に行っている時だけですが。

No title

コメントさせて下さい。

アタシはここ一カ月間、ラジオの録音テープをmp3に変換していまして、昭和の名人上手の噺をイヤっと言うほど聴くことになりましたんで(食傷気味です)、今の噺家さんのは、もう聴く気にもなりません。

早起き名人会と同時期にJOLFで放送しておりました「早起タップリ寄席」→(全くJPKRと同じ体裁で朝5:00からの放送でした。アナは「ヒガのぼる」さん)NHK第二の「語り芸の世界」のデーター化が終わったんですが、こっちも昭和の名人が揃っており、いい話を沢山聴けました。今はイイ放送が、無いですね!

アタシの中では、古今亭右朝が亡くなった時点で、残念ですが現役の噺家さんには興味がなくなっちゃいました。
(このコメを書きながら⑤神田伯山の天保水滸伝を聴いてますが、昔の芸人さんはケッコウですね)

No title

早死にでした吉朝さん。大好きでよく聴きました。彼が米朝を継ぐと思っていたのに師匠より先に亡くなりました。
癌で入院して一時は復活して、闘病していた入院中の話をマクラで笑にしていたのに…
当時の録音を聴くと、残念です。

一方、千早振る!よくできていますよね。同じように百人一首から、別の噺でもと、アレコレと捻る遊びを仲間としてみたりしましたが、秀作はできませんでした。
また、現役では小三治師匠から、無名の二つ目・前座まで幅広く演じられています。寄席では、橘家文左衛門がよく掛けてます。
そして、次の出番の後輩に、「とは?」の下げを丸投げして下りてしまいます。振られた後輩は、ちゃんと考える人もいれば、無視するやつも。

No title

*けんちゃん。。
私は個々の噺家に付いてどうこう云ってるんじゃなくて、落語と云う文化全体に付いて述べているつもりです。
噺家さんにだってそれぞれの人生がある訳であり生活があります。落語にはよくある設定ですが、かあちゃんにもっと稼いで来なさいよって云われれば、落語はこう語らなくてはならないなんて事は捨てて、客に受けて仕事が増えるのであれば、恥も外聞もなく高座ででんぐり返しだってやっちゃうんです。

私が申し上げているのは、それは落語の芸ではなくて銭を稼ぐためのお笑いですよと云ってるんです。落語じゃなくてそう云う邪道が落語だと思われて、落語ブームだと云われている時代が落語不在の不幸な時代だと申し上げています。

No title

*ぶひぶひさん。。
厄介な作業をしていただいて恐縮です。
食傷しますか? しないと思いますが・・・(^ω^)

私は志ん生音源なら同じ物を五回以上連続して聴き続けても時間を損したとは思いません。今のどうしようもない落語を5分聴く方がはるかに時間の無駄です。

「夕空晴れて日がのぼる」と云うフレーズを使っていたアナウンサーですね(^ω^)
玉置さんの「ラジオ名人寄席」が川戸さんのクレームによって強制終了せざるを得なくなって以降、聴くに堪える落語のラジオ番組は無くなったんじゃないですかね。昔の音源を流すだけなら新人アナウンサーにだってできますが、それじゃあ落語番組とは云えません。

講談の神田伯山の次郎長伝を虎造さんが浪曲にして人気を得ましたが、伯山先生の次郎長伝の音源も残っていて虎造さんに劣らずいいですね。

No title

珍しい!!吉朝ですか。
残念ながら吉朝を良く聞いたとは言えないので偉そうな事は書けません。
すっきりとした噺家と言う印象でしたね。
個人的にはもぅ少しもっちゃりと言う感じが好きなんです。

No title

*Marsさん。。
江戸時代に既に百人一首のパロディ本・・・本来の意味とは異なる解釈をする笑話本・・・ができていたらしいです。落語になっているものは、その笑話本を根多元にしているらしいです。百人一首を題材にしている落語に「崇徳院」がありますが、あれはパロディじゃありませんね。

高座の文左衛門と楽屋から出て行ったステテコ姿の喬太郎がウルトラマン談義をしてしまい、雀々が早く帰ろうよと云った高座は、今年の5月31日の新宿末広亭の余一会でした。まあ余一会だから敢えてそう云う事をやったらしいです。

No title

*しゅうちゃん。。
同じような四角い顔だと、二歳年下で枝雀の弟子の雀松がいますね。雀松は吉朝のようなキレがなくもっちゃりしてる感じです(^ω^)

今月6日に三代目 桂文之助を襲名しました。

No title

藪井先生…折角ご推薦頂きましたが雀松では少し趣味が。。。(笑)
でも最近聞いていませんが、文之助を襲名する位の実力になったのでしょうね。

No title

*しゅうちゃん。。
もしかして、しゅうちゃんは面食い? (^ω^)

少なくとも去年くらいの雀松の映像を幾つか見てますが・・・特別に良くはないけれど、今の上方落語では上位にランクされると思います。師匠の枝雀とは違って米朝に近い正統派です。

No title

勿論良い男が良いに決まってます♪雀松さんの顔は仁鶴さんの遠縁ですか(笑)

3月に藪井先生に「天神山」を聞かせて頂いてましたね。失礼しました。
今もう一度聞かせて頂きました。ルックスは別にして…悪く無いですね。
何より明るさが有るのがいいですね。上方落語はやはり明るさが不可欠です。
サゲの「ある春の日のお話です」の一言が何か温かさを感じます。

No title

*しゅうちゃん。。
まだ未整理なんですが、雀松さん(失礼。これからは文之助と書かなければならないんだった。でも雀松の方が親しめる^^)の映像は何本も持ってるはずですので、吟味する時間があるかどうか判りませんが、いいものがあったら記事上げしたいと思います(^∇^)

No title

おはようございます

↑楽しみにしていますので是非お願いします。
ところで…染丸さんお加減悪かったんですか!!知りませんでした。
米朝お師匠さんは退院、三代目のお加減が良くないとは聞いていましたが。。。
上方落語は若くして亡くなる方も多く、名人方もお年を召され、雀松さんクラスに頑張って頂きたいと切に願います。

No title

*しゅうちゃん。。
染丸は数年前に脳梗塞で入院して退院したんですが、今年また入院していたらしいです。今月の初めかなんかにNHK大阪で新人落語コンテストみたいなのがあって、それの審査員として出ていたのですが、頭の毛はちょっと見すぼらしいほど染むらがあって、晩年の志ん生以上に呂律が回ってませんでした。

痴楽さんをはじめ、かつて何人もの人がそう云う状態になりましたが、噺家は喋るのが商売だから辛いですね。

東京はそれでも中堅クラスには何人かは目ぼしいのがいますが、スカパーの寄席チャンネルでしか見る事ができませんが、大阪は東京以上に目ぼしいのが育ってない感じがします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ