FC2ブログ

記事一覧

夜桜


 「夜桜(よざくら)」と云う品種の桜が特にある訳ではない。夜見るから夜桜なんです。そんじゃあ、朝見たら朝桜で、昼見たら昼桜かい? って屁理屈をこねてはいけません。桜の場合は、朝桜や昼桜と云う用語は一般的にはなく、夜桜と云う用語しかありません。

 藪さんは何故こう云う細かい事をいつも記事に取り上げるのかと云うと、日本語と云う、世界一難しいと思われる言語を正確に理解するためには、少しでも疑問に思った事は徹底的に調べるべきだと考えるからです。

 例えば朝顔と云う夏場に咲く花がありますが、その植物名の由来に付いては判りませんが、夏場の早朝に咲いて、ホンの数時間だけ花を開いて、朝のうちに花が萎んでしまうので朝顔と云う名前になったものと思われます。

 朝顔とは別の種類ですが、朝顔よりももう少し長い時間、つまり昼頃まで咲いているのを昼顔と云います。更には、夕顔と云う干瓢を作るものもあり、夜顔と云う花もあります。それらの花は全て別の種類です。さすがに、寝顔や笑顔と云う花は存在しません(^ω^)

 と云う事で今日の記事はこれでおしまい。相変わらず、ぞろっぺな記事だとお思いでしょうが、昨晩撮影してきた播磨坂の夜桜の動画を出すために、これだけの文章をひねり出したと云う事です(^ω^)

 土曜日の午前中にも播磨坂のイベントの取材をしてきて、子供動物園とか、千駄木にある駒込学園の生徒さんによる和太鼓演奏も撮影してきました。ちなみに駒込学園の卒業生には・・・鯨岡兵輔、大滝秀治、萩本欽一、江口洋介、小島三児さんなどがいます。

 午前中の播磨坂の取材のあと、夜には千代田区の千鳥が淵緑道の桜並木のライトアップの取材にも行ってきました。おとといの午後には、そのライトアップのLEDの設備の具合もチェックしましたが、案の定、ライトアップとは名ばかりで単に白色のLED球を点灯して桜に当てているだけ。

 しかも、どっから湧いて来たんだか判らない大勢の人間が、人員整理のガードマンのハンドスピーカーから流れる「立ち止まらないで下さい」と云う声に促されて、ただゾロゾロと歩いているだけ。そんな夜桜見物があってたまるかい!

 靖国神社の方をチェックしたら、露店が電気を点けて盛んに煙を発生している。その屋台部分には桜の木なんかありません。藪さんが如何にガッカリしてしまったかがお判りでしょ?

 もちろん口直しに播磨坂へ回りましたよ。ピンク色の二列のボンボリの下で、皆さんがアルコールを飲み食べてました。播磨坂には露店の出店が禁止だし、基本的には火気使用禁止で、ほとんどが地元の人たちばかりですから、家で大鍋におでんなどを作ったのを持ってきて食べてます。子供たちもたくさんいてキャッキャと走り回っている。これこそが花見なんですよ。花なんか見てないけどね。

 千鳥が淵のように、子供がほとんどいなくて(来てるのは地元の人じゃなくて観光客だからそうなる)、ただゾロゾロと歩いてるのは花見とは云わんでしょ。藪さんは播磨坂で本当の花見の状況を見て安心して、ますます文京区が好きになりました(^-^)v

撮影データ・・・平成26(2014)年3月29日(土)午後7時半 文京区播磨坂桜並木

コメント

No title

土曜日の夜で暖かいのでもっと人出があるのかと思いましたら、以外と少ないですね。
昨年の方がもっと賑わっていた様な気がします(^^)
開花から満開までが早いですね(^^)
それにしても先生の地元愛炸裂ですね!

No title

夜桜見物なるものに行ったことがないので、雰囲気はわかりました。我々に業界では、あまりやらないんですよね。

No title

おはようございます。(*^-^*)
二箇所もお出かけになって・・・お疲れさまでした。
夜桜とぼんぼりが綺麗~。https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d139.gif">
ぼんぼりのりぼんが風でゆらゆらしていますね。
風の中でのご撮影もお疲れさまでした。
まだ蕾の段階から藪さんの動画で拝見させて頂いていた桜並木がピンク色に染まり・・・
最高に美しく開花した桜並木を見ていたら、
感動してウルウルしてしまいました。(@_@。
蕾の時は閑散としていた並木、
桜達が皆さんに見てもらえて喜んでいるようです。(^_-)-☆

No title

三徳で、缶ビールを買い込み、昨日夕刻、播磨坂に行ってまいりました。やはり、ここの雰囲気こそ、正しき花見だと思います。
花のした
飲めや歌えの
大騒ぎ

本日は谷中界隈のお寺花見になりそうです。

No title

こんにちは。(*^-^*)
書き忘れたのでもう一コメ。(笑)
この動画から
「イイコにしてるからお祭りに連れてって。」の落語も思い出しました。
ほんとうに良いご取材ができて良かったですね。
ありがとうございました。m(_ _*)m

No title

今日は雨だから、この土曜日の夜に観ないと夜桜は楽しめません。文京区の上品な夜の花見、流石です。フンドシ一丁でかっぽれの総踊りしている人は居ません。
それどころか、スーツ姿の正装とは、恐れ入谷の鬼子母神でございます。藪さんの文京区愛に満ちたレポート堪能しました。

No title

雨が上がりましたね。今夜も夜桜見物の地元民の皆様が、播磨坂に集うことでしょう。花は桜木、人は武士!今が盛りの短い季節です。

No title

カメラだと桜祭りの文字の周りの光がよく写るのは、おそらく人間の目と、カメラのCCDやCMOSなどのイメージセンサーの分光感度特性の違いなのでは?と思います。
人間の可視域は380ナノ~780ナノメートルで、それ以外は目に見えないが、イメージセンサーは暗闇などでの感度維持のため、可視域より広い約200ナノ~1100ナノメートルに感度がある。
だから目には見えないがセンサーに写る光を映像化できるのだと思います。

No title

*菖蒲園さん。。
他に有名な花見の場所がたくさんあるので、特に播磨坂に花見に来る人と云うのは、花見の場所のハシゴをする人くらいしかいないのかも知れません。来てる人ってのはほとんどが地元の人なんですよ。子供なんかパジャマのまんま来てたりしますからね。

緑道は丁度いい狭さと云うか、広さであって、ビニールシートで広い場所を占領するって事が出来ません。屋台を出す場所がないから屋台はない。昨日の取材では緑道にしかビニールシートが敷かれてなかったのですが、混雑する時は、左右の歩道にも敷かれます。

あまり混雑せずにゆっくり楽しめる場所だと思います。千鳥が淵の緑道も播磨坂と同じくらいの幅なんですが、通行人が多くて歩けないくらいですから、とてもシートを敷ける状態ではありません。午後に飲んだチューハイが多少残ってたのかも知れませんが、ちょっとくらい地元自慢をしてもいいでしょう。

それにしても千代田区批判が多過ぎましたね。以後気を付けます(^ω^)

No title

*キャバンさん。。
昼間見る桜もいいんですが、夜に見る桜ってのはまた別の趣があるんですよ。と云うのはソメイヨシノの花ってのは早咲き系の桜のようにピンク色と云うよりもむしろ白に近い色なんで、夜に少しの明かりがあるとその白さが強調されて、しかもツボミは暗くて見えないから、見えるのは咲いている薄いピンク色の白い花ばかりなので、満開だと思う訳です。それが夜桜見物の醍醐味なんだと藪さんは分析しています。

もちろん、夜目、遠目、傘の内・・・と云うフレーズはキャバンさんならご存知だと思いますが、そういうところでほろ酔い気分で若い女性とバカっ話をするくらい、いい気分になれるのはないでしょう(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
藪さん今日は、身体が痛くて一日中寝てました(^ω^)
雨だったし、今日播磨坂で予定されていた、たくさんのイベントがどうなったのかってのも取材したかったのだけれども・・・藪さんは起き上がる事ができませんでした(^ω^)

藪さんはすべて台本無しで「藪さん歩」をやってるんですが、この動画は、藪さんの本音をちゃんと喋っているので、藪さん自身何回も見てしまう傑作だと思います(^ω^)

ちょっと、ナレーションで千代田区を批判し過ぎちゃったのが悔やまれる部分です。でも、その動画の記事を書いたら、何で藪さんがこんな事を云ってるのかが、納得できるはずです。それほど千鳥が淵のライトアップの状況はひどかったんです。

No title

*PONさん。。
三徳・・・春日通りにある高級スーパーですね。超ローカル話題ですが、あのスーパーが出来たのは・・・30年位前だったかな? 青山のユアーズのように、輸入食品も扱っていて、モダンでおされ~なスーパーですね。サーモンのカルパッチョなんかを普通に売ってる訳で、LIFEのような一般のスーパーとは違いますね(^∇^)

播磨坂の花見は、ちゃんと江戸花見の伝統を守ってますよね。若干酒に酔って大きな声を出す人はいますが、藪さんほどどうしようもない酔っ払いはいません(^ω^)

去年の昼間の取材の時には、結構歌の上手いセミプロのような人も来ていて、ウクレレの大きいやつを弾きながら、パーカッションに合わせて歌ってました。藪さんももうちょっと若かったら、バンジョーを弾いてワンマンショーをやろうかと思ったくらいです(^∇^)

No title

*まーぶるさん2。。
その落語は「初天神」ですね。
靖国神社の屋台だったら、広い場所にいろんなモノがあって、子供を連れて行った親は大変だったでしょうね。昔懐かしい射的もあったし、空き缶を十個くらい積み上げたものに、ボールを投げて倒すと云うボーリングのようなのもありました。

「あれ買ってくれ、これ買ってくれ」とか「あれやりたい、これやりたい」とおねだりしている子供はいませんでした。落語を聴いてないってのもあるし、今の子供は財布を持っていて、お父さんなんかよりよっぽどお金を持っているんです。ですから逆にお父さんが子供に「あれ買ってくれ、これ買ってくれ」と云って、子供の財布のお金をあてにしかねないのが、現代ですね(^ω^)

No title

*Marsさん。。
播磨坂の桜並木ってのは決してメジャーではありません。ご承知のように文京区ってのは東京のど真ん中にあるけれどもJRの駅がひとつもない小さな区なんです。住民だって17,8万人で、東京23区では千代田区に次いで人口が少ない区なんです。

ですから夜桜見物に来ている人ってのはほとんど地元の人で、顔を知っているので、周囲に知り合いがいない花見とは違って、バカな事は出来ないんです(^ω^)

No title

*Marsさん2。。
この播磨坂の夜桜の特徴的な事は、この動画で藪さんが上品さを協調している理由があるんです。つまりこの播磨坂の夜桜見物ってのは、落語で云うと・・・酢豆腐に近いんです。

近所の人しか来ないんです。トイレのところでパジャマを着た女の子がいますが、かつて藪さんが子供の頃に、6の日縁日で、こんにゃくえんまの縁日に行ったのと同じような状況が再現されている訳です。

東京には数多くの花見の名所がありますが、播磨坂のような下町情緒が再現されているところは、他にはないと思います。

No title

*Marsさん3。。
詳しい技術情報ありがとうございます。
私が以前に感じたのは、友人からメールで原稿を送ってもらって、友人のホームページを作っていた時に、あまりにも送られてきた飲み屋の写真が真っ暗なのでその写真を使うのはやめようと思ったのですが・・・

画像加工ソフトで明るさをアップしてみると、真っ暗な写真でもちゃんと映像が写ってるのには驚きました。夏場の早朝のまだ薄暗い時に、辛うじて見える電線に止まってるツバメを撮影したのですが、目には黒い物体にしか見えなかったものが、画像加工で明るくすると、ちゃんとツバメだと判る映像が記録されてました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ