FC2ブログ

記事一覧

お花見


 花見をする習慣と云うのは外国にも無い訳ではないと思いますが、やっぱし、花見と云えば・・・日本に於ける桜見物って事になるんでしょうね。千年以上前の平安時代にも既に花見は行われていたし、落語にもしばしば登場しますが江戸庶民に取りましては、金の掛からない娯楽でした。番茶の煮出したとの大根とむしろがあれば花見の真似事ができました(^ω^)

 ここのところ連日、藪さんの地元の播磨坂の様子を見に行ってるのですが、同じ場所に時間を変えて何度も行ってみると、実に様々な事が判りますね。夜桜見物をする人たちと、平日の昼間に桜見物に来る人とではその年代層などが違うんです。

 夜はほとんどアルコールを飲んでますね。食べ物は、鍋料理とか酒のつまみが主流です。会社の同僚とか、ご近所さん、パジャマを着た子供たち・・・と云ったところで、お年寄りや幼児は少ない。一方、平日の日中の花見となりますと、お年寄りや幼児を連れたお母さん方が多い。アルコールは飲んでないし、おにぎりや自宅で作ってきたお弁当や、コンビニで買ったお弁当を食べている人が多い。もちろん、土日の日中になりますと、平日とは違って夜桜見物の客層に近くなる。

 播磨坂の場合、坂の傾斜を利用して「せせらぎ」と云う小川を、坂の途中の交差点から下の「和風ゾーン」と云っている場所に設置しています。その水は地下水を利用していて、一旦坂の下へ落ちた水は、フィルターでゴミを除去してからポンプで坂の上へ汲み上げて循環させています。ポンプを動かして水を流しているのは日中だけで、夕方から翌朝までの夜間は、危険防止のためと思われますがポンプを止めてますので、水は流れてません。

 何度も播磨坂の同じような取材をしていますと、当然時期が違うので桜が次第に咲いてくる状況が判るとは云え、取材がワンパターンになってしまうのは否めません。ですから撮影しながら藪さんは常に、ギャグと新たなる撮影アングルを考えている訳なんで、どうしても「え~と」ってナレーションが多くなる。これは噺家の「エ~」ってのと同じで、次の事を考えてるんです(^ω^)

 と云う事で、満開になった播磨坂の桜並木を文京シビックセンター25階の展望ラウンジから撮影してみようと云うアイデアが浮かびました。さてその顛末は・・・♪丁度時間となりました~。また明日受け持ちです。またの来場、お待ちいたします(^ω^)
撮影データ・・・平成26年3月31日(月)お昼 文京区播磨坂桜並木

コメント

No title

藪さんの地元は良い場所ばかりですね。播磨坂堪能させていただきました。

No title

お花見の雰囲気堪能させていただきました。
静岡も満開、良い天気になりましたが、事務仕事でずっと屋内です。

No title

こんにちは。(*^-^*)
東京の空とは思えないくらい青空が綺麗ですね。
子供達がせせらぎで遊ぶ姿や楽しそうな声も聞こえてきて、満開の桜のトンネルを歩いているような気分になりました。
ありがとうございます。(^_-)-☆

No title

子供は、水遊びしていますね。満開の桜を楽しむ皆さんが居て、長閑で平和な日本の風景です。

No title

*ノンちゃん。。
子供の頃や若い頃は、藪さん地方にはデパートはひとつもないし、繁華街もなく共同印刷の下請けの製本屋ばっかりの詰らない町だと思っていて、自分の故郷を探訪しようなんてまったく思ってませんでした。

歳を取って遠くに出掛けるのが億劫になった事と、体調維持の為に歩かなければならないと云う事が重なったので、自転車と歩きでわが町を探訪すると云うブログの記事を書き始めたんです。皆さんの町や村だって丹念に見て歩けば、幾らでも記事がお書きになれると思いますよ(^∇^)

遠くの場所は、その地方に住んでらっしゃる方が記事を書けばいいのであって、藪さんが住んでいるところの記事を藪さんが書かなかったらいったい誰が書くんだ? と云う考えで毎日地元の記事を書いている訳です。それが本当のブログの記事なんだと思います。落語とかの記事は、別に私が書かなくたって誰だって書ける訳ですからね。だからしばらくは落語の記事はお休みにしてるんです。

いずれ足が痛くなって歩けなくて取材が出来なくなりますから、そん時に落語の記事を書きますよ(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
春ってのはいろんなイベントなどが重なりますので、無理してでも時間を作らないと、なかなかゆっくり花見なんかできませんね。それと天気は気まぐれですから、ビデオや写真を撮ろうとしてもなかなか晴れてくれなかったりします。

たとえ晴れたとしても、この映像でもマイクがかなり風音を拾ってますけど、晴れた日は風が吹きやすいので、一年の内数回しか思い通りの撮影が出来る日ってのはありませんね。だからこそ何度でも出掛けて行く必要があるんです。

No title

*まーぶるさん。。
この日は風が結構強かったので、雲が流れてくれたんだと思います。このあとシビックセンターの展望ラウンジへ行ったんですが、若干霞んではいましたが雲がなくて富士山が見えました。播磨坂の桜並木は? それはまあ、このあとの記事にしましょう(^ω^)

幼稚園や小学生の子供たちは春休みになってると思いますので遊んでましたね。さすがに中学生とか高校生になっちゃうと、生意気になっちゃって地元では遊ばなくなりますね。原宿とか渋谷とか新宿のような田舎もんが集まる街へ出掛けて行くんですよ(^ω^)

藪さんの経験上、後楽園でさえ地元の人はほとんど行きませんからね(^ω^)

No title

播磨坂いい雰囲気ですね。
シビックセンターより後楽園のお庭のほうが好きです。
昔々お茶会をしましたっけ。

No title

*Marsさん。。
藪さん地方の子供たちには自然の春の小川ってのがないので、こう云う人工の浅い安全な小川で楽しむしかありません。藪さんが子供だったら、この急流の小川で雪の斜面を滑るプラスチックのソリに乗って、何度も滑り降りる遊びをやるのですが、アチコチ擦りむいて怪我をするからって、今の親は禁止しちゃうんでしょうね。

藪さんの子供時代は擦りむいたら赤チン(マーキュロ・クロム)を塗って消毒するだけで、子供の手足には常にカサブタがあるのが当たり前でした。でも破傷風で死んだ子供が一人いましたが、子供がいっぱいいた時代でしたので、規制なんか無しに自由に遊べた時代でした。

No title

*安寿先生。。
小石川後楽園には「かん・・・」なんとかと云う、お茶室みたいなところが入口の左側にありますね。護国寺にも数ヶ所のお茶室があります。

でも、シビックセンターの各階を探訪して、地方公務員がどう云う仕事をしているのかってのを観察するのは、藪さんは好きです。と云うのは、公務員ってのは営業職ではないので利益追求は求められないのですが、だからと云ってお座なりな仕事をしているような連中は首にすべきです。公務員ってのは、無料のサービスを売る商売だと藪さんは思います(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ