FC2ブログ

記事一覧

自然観察


 藪さんは最近、自然を観察する事が楽しくなってます。もちろん人間を観察するってのも面白いんですが、人間の場合はストーカー行為と間違われかねないのでやめておいた方が無難です(^ω^)

野鳥や植物を観察する分には、立ち入り禁止エリアに入らない限りは怒られる事はありません。

去年は徹底的にツバメの子育ての観察をして、ツバメがまだ寝ている朝三時半頃から撮影するなんて事をやりましたが、元々藪さんは子供の頃から昆虫の観察が好きで、蟻んこやハサミ虫やゲジゲジやダンゴ虫なんかを、庭で一日中観察していました。

もちろん最近は、身体の衰えと共に集中力も衰えては来ているんですが、同年代の人と比べたら藪さんははるかに熱心な自然観察者だと思います(^-^)v

判らない事を判らないままにはしておきたくないと云う性格な者ですから、その道の研究者にも明らかになっていない事を徹底的に調べちゃったりする訳です。

藪さんはそこいらの怠け者の鳥類学者以上に、ツバメの子育ての実態に付いて知っていると自信を持って云えます。「ツバメのヘルパーさん理論」は、藪さんのようにツバメを徹底的に観察しないと判りません(^-^)v

って事で、三日前の3月25日にはまだ藪さんは、ヒヨドリとスズメの桜の花の食事スタイルに付いて、観察時間が少なかったので以下の動画では間違えた呟きをしていますが、その二日後の昨日の午後の観察で確証を得ました。

それはまた推敲して後日記事にしますが、ヒヨドリは長いクチバシで花の蜜を吸うだけです。一方スズメは、花には目もくれず、花の下の茎の部分を食い千切ってその水分を舐めているんです。だから、播磨坂の緑道公園の一番下にあるピンクの番号札の38番さんと39番さんのソメイヨシノの花が、五弁のソメイヨシノの花ごとクルクル回転しながら上空からたくさん降ってきていました。それらはすべてスズメが食い千切った花です。

だからと云って、スズメがソメイヨシノの花を全部食い千切って散らしてしまう訳ではありません。38番さんと39番さんだけがスズメの標的になっていて、その下には数百のソメイヨシノの開花した花が落ちていましたが、37番さんから坂上の木はまったく花が落ちていない。

う~ん。自然のバランスって凄いなぁ(立松和平の感じで^^)。カラスにバカと云われている人間如きが野鳥にエサをやって自然にチョッカイ出しちゃいかんですよ(^ω^)

https://www.youtube.com/watch?v=_16_YgZatkw
 撮影データ・・・平成27(2015)年3月25日(水) 文京区播磨坂

コメント

No title

啓蟄が過ぎてもまだ雀の餌になるような虫がいないこの時期には雑食の雀は生き抜くためになんでも食べるんでしょうね。
それにしても水分を取るのならなにも桜を食いちぎらなくても他に水分を取ることはできるのにどうして花びらを食いちぎってまでそんなことをするのでしょうか?
燕の時と同じように雀についても徹底的に観察してください。
つぶやきの間違い訂正がよく解って面白かったです。

No title

おはようございます。(*^-^*)
確かにカラスが「馬鹿。馬鹿。」と言っているようですね。
(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!
都会に住むカラスは嘴の曲がったカラスなのですね。
....〆(・ω・。) メモメモ
スズメは可愛く見えて桜の水分だけ舐めて
お花を落としてしまう悪い子なのですね。( ̄ー ̄;

綺麗に開花したお花を見たいと思う人間のエゴかしら!?
テロップも面白かったです。
良い一日をお過ごしください。(^_-)-☆

No title

雀も考えてやっている訳ではないと思いますが、不思議ですねえ。縄張りか何かとも考え難いですね。
これが自然のバランスなら見事ですね(^^)

No title

ご苦労様でした。
志ん朝師匠は、「三枚起請」等では、「かかあ」と啼くと話してましたが、確かに「バカ」にも聞こえますね。
揺れるテロップが、ほほえましいですね。

No title

*安寿先生。。
スズメが何故、桜の花ではなくて茎の部分を食い千切るのか・・・藪さんは数種類のスズメ語(警戒音等)を理解しますが、その理由が判らない。

鳥はどうやって捕食するのか? アヒルにはクチバシの内側に薄刃の歯列みたいなものがあって、ブラックバスの口にあるような、咥えた魚を逃がさない構造になってます。

鳥は人間のように口で咀嚼する訳ではありません。木の実などを咥えて飲み込みます。じゃあ桜の花を飲み込むのか? そんな野鳥はいない。鳥には人間と同じように舌があるんです。鳥の舌の構造はちょっと調べにくいのですが、猫の舌と同じようにザラザラしていて、薄い刃のようになっているんだと思います。

猫が水を飲むところを観察すると・・・舌を水に浸けてペロペロする。つまり薄い刃状の舌に溜まった水を舐める訳ですね。人間のように水をグイっと飲めないですからね。

スズメが桜の茎を食い千切って水分を舐めていると云うのは藪さんの推測です。でもそう考えるのが妥当です。この件に関してはもう少し考察します。

No title

*まーぶるさん。。
「聞き成し(ききなし=コケコッコーとかの動物が発する音を、人間が発音出来るように置き換える)」ってのは難しいですよね。

ウグイスがホーホケキョと鳴いていると思ってしまうのは、誰かがそう云ったからだと思います。この動画でも藪さんはわざと「バカ」と云う言葉を多用して、カラスが「バカ」と鳴いていると思うように皆さんを洗脳してるんです(^∇^)

鳥の撮影って難しいですよね。3秒とジッとしていてくれない。でもこのカラス君は長い間ジッとしていてくれて上手く撮影が出来ました。カラスはワシやタカのような猛禽類には分類されてませんが、よく見ると猛禽類と同じようなクチバシをしていますね。ツバメの巣をぶっ壊すバールのようなクチバシですね(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
野生動物と云うのは常に危険と隣り合わせです。もし雀が一羽でいて、そばに腹を空かせたカラスがいたら・・・その雀はカラスに食われる可能性があります。

前橋とかの地方都市では、ムクドリのフン害に困ってるようですが、藪さんローカルではムクドリはせいぜい湯島天神で二、三羽見る程度です。それは何故なのかを考えると・・・藪さんローカルではムクドリが子育てするのは困難だと思われるからです。

ムクドリの雛はカラスの恰好のエサになるし、ムクドリのエサは多数いる雀のエサと競合します。

播磨坂緑道の一番下にあるピンクの38番さんと39番さんの花が雀の集中攻撃にあっていて、それ以外の木にも雀がいない訳じゃないのですが、桜の花はほとんど落ちていないんです。

人間が余計なお節介をしなくてもちゃんと自然のバランスは保たれているんです。桜の木がダメになっちゃうんだとしたら、そもそもその場所は桜に適していないんだと思います(^∇^)

No title

*キャバンさん。。
藪さんは幾つかの雀語の他にも、幾つかのカラス語をも理解します。イルカだけが幾つかの音を使い分けているのではなくて、カラスや雀だって鳴き声を使い分けています。藪さんのように観察しないから判らないだけです。

この動き回るテロップは、藪さんの意図ではありません。文字を動かすなんて事は見るのに疲れますので藪さんはそんな事はしません。しかしチューブのこの動画のテロップが動いているのは・・・なんとチューブの手振れ補正によるものなのです(^ω^)

つまりチューブの手振れ補正は、本来なら静止しているテロップがこれだけ動き回ってしまうほど補正しているって事ですね(^∇^)

No title

今日、今帰りました。
影像のカラス、東京で初めて聞きました、かわいい。
カラスさんとんと、文京区ではマークされて。。。
花落ちる、観察力、恐れ入りやす、鬼子母神と。
人妻の奥さん、この季節、植物園で桜並みのベンチ、人が少なくて最高、だんなさんは?
一度ご一緒したかったが、お別れ・・・
で、藪さんの自然観察と、社会観察の違い、
播磨坂は品がいいね、奥さん方がござを敷いて、オムスビ食べて、たくろうじゃないが、いろっぽいね・・・
一句ひねりたいが、疲れて、近くにスタンドのママさんとおしゃべり・・・。今日、帰る???

No title

*十二六さん。。
藪さんローカルには植物園と云うカラスのお宿あありますので、朝からカラスが実に様々な鳴き声を発します。もちろん雀も同様。単純なのは鳩で、童謡の歌詞にあるポッポッポ~じゃなくて、プップル~と云う一種類の鳴き声しか聞いた事がありません。

野生動物に対して害鳥だとか害魚とか害獣なんて云うのは、最大の害獣=人間の身勝手からくる見方だと思います(^ω^)

播磨坂は観光地ではないってところが静かでいいのかも知れませんね。久堅町と云う地元町会の屋台しか歩道での出店は許可されてないし、緑道ではボーイスカウトのロープワークとかガールスカウトのマシュマロ焼きとかって、文京区らしい教育的なイベントしか許可されてません(^ω^)

歩道にある喫茶店は歩道にテーブルを出して、緑道の桜を眺めながらワインを飲ましてるってのは、おされ~でよろしい(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ