FC2ブログ

記事一覧

ツバメの学習


 「ツバメの学習」と云うと、ツバメの生態を学習すると云う意味になりますね。それは藪さんブログのツバメの記事をお読みになれば、お判りになるはずです。

ここで云う「ツバメの学習」とは、ツバメはどうやって子育てを学習するのかって事です。藪さんの知る限りまだどなたもその事に関する観察記事をお書きになってません。

現在の藪さんの研究テーマは、今年生まれたツバメのヒナは今年中に産卵するかって事です。メダカを飼育して観察なさった方ならお判りの筈ですが、今年生まれたメダカの稚魚は夏場にグングン成長し、25ミリを超えるような大きさになると産卵します。

じゃあツバメは? って事になります。今年生まれた大きなツバメの若鳥と、去年までに生まれた大人のツバメの違いを解説していないような方には、若鳥と大人のツバメの見分けも付かない訳で、今年生まれたヒナが今年産卵するかどうかなんて、観察しようとさえ思わないでしょうね。

そんな事を研究したってノーベル賞はもらえない。でも、文章の書き方によっては「イグノーベル賞(Ig Nobel Prize=人々を笑わせ、考えさせてくれる研究)」くらいはもらえるかも知れない。

今年生まれたツバメのお嬢さんが今年産卵するためには、オスのツバメと交尾しなくてはなりません。藪さんの観察によると、今年生まれのツバメのお嬢さんは産卵床を作ってます。しかしよく考えてみるとその行動は、お嬢さんの泥んこ遊びであって、産卵床を作っていると云う意識はないのではなかろうか?

昨日の早朝の観察では、電線に二羽のツバメが離れて止まっていて、時々オスのツバメがお嬢さんに乗っかって交尾をしようとするのですが、お嬢さんはやめてよしてと拒絶する(^ω^)

現在藪さんローカルでは、二羽のツバメが気が向いた時に土を運んできて泥んこ遊びをしてるのですが、交尾をしないので卵は生まれない。その状況がずっと続いてます。

そう云う観察が出来るのは、観察がしやすい環境にある藪さんローカルならではであり、藪さん以外の誰もそんな観察は出来ないと思います(^∇^)

https://www.youtube.com/watch?v=7twJ-M2q7vM
 撮影データ・・・平成27年7月10日(金)午前四時 藪さんローカル

コメント

No title

何だかこのごろの若い人たちみたいですね。
恋愛にも結婚にもましてや子育てにも関心がないとかって。

No title

おはようございます。(*^-^*)
\(゜□゜*)/え゙━━━!!!!!!!!!!!
巣に入っているのはヘルパーさんで・・・
お嬢さんに教えているのですね。
巣に入るのは雌だと思っていましたので、
驚きの事実です。
交尾を拒否するのは、お嬢さんがまだ成熟していないという事なのでしょうかね。ϵ( 'Θ' )϶
さすが藪さん素晴らしいご観察力です。
╭( ・ㅂ・)و グッ !

No title

*安寿先生。。
案ずるより産むがやすし・・・と云うか、その時期になれば産卵するんだと思いますが、今はママゴトをやってるだけ。

さっきも見てきたんですが、この状況と同じでお嬢さんが棒に止まっていて、オスのヘルパーさんが産卵床で動き回ってました(^ω^)

近所の産院ではお母さんが産卵床でジッと卵をあっためていて、ヘルパーさんが電線にいて見張っているのに・・・

No title

*まーぶるさん。。
卵が生まれてからは、ヘルパーさんは絶対に産卵床に入らないので、卵は生まれてないはずです。

今年生まれたメスは、まだ思春期になってないんだと思います。今日も暑いですが、去年の観察では産卵床で卵をあっためていたお母さんは口を開けてハアハアやってましたので、藪さんは産卵床の真下に水を撒いてやったくらいです。

でもまあ自然界では何が起こるか判りませんが、これから卵を産むとなると暑くて大変ですね。藪さんは獅子座生まれなので、クーラーがなかった時代ですから藪さんの母上は、さぞや暑かったろうと思います(^ω^)

No title

文科省が文系の予算を理系に振り向けるとやら、観察は大切です。が、そこから文学も生まれると思うんですが、文学部は不要なんて、かって、吉永さんに感化されかかった文系です。

No title

*十二六さん。。
文系が無駄なら、文科省や教育委員会はもっと無駄です。予算の削減をするならまず「隗(かい)より始めよ」でね、文科省の無駄な経費を削減してからにすべきです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ