FC2ブログ

記事一覧

文京区防災広場


 別に文京区のお隣の台東区の悪口を云うつもりはないのだが・・・台東区の防災広場に指定されている初音の森より、教育大学が筑波に移転した跡地を利用した文京区の教育の森公園の方がはるかに広いし、防災広場としての様々なニーズに対応していると思います。

これは決して、藪さんの地元に対する我田引水ではありません。災害時にどうやって防災広場へ非難する訓練ってのを台東区ではやってるんですか?

文京区の防災広場に指定されている教育の森公園では、一年365日毎朝6時半からラジオ体操をやっていて、お年寄りを中心にして百人以上の方が毎日参加してます。それはすなわち、災害弱者であるお年寄りが災害時にはいつものように防災広場であるラジオ体操会場へ行けるって事なんです。

って事でね。文京区は世界一素晴らしい場所だと思います。こんなにネットで文京区の宣伝をしている藪さんに対して、今の成澤区長さんは藪さんに文京区名人の称号をくれない(^ω^)

https://www.youtube.com/watch?v=PmBKoh1TYiY
 撮影データ・・・平成27(2015)年10月24日(土)午前11時半 文京区教育の森公園

コメント

No title

教育大の跡地がこうなっているのですね。高校時代、学校の前から有楽町行きのバスに乗ると、教育大の前を通りました。バス停で教育大付属高校の女子が沢山乗って来ました。当時はチャック柄のミニスカートで、当時の自分は眩しく感じたものでした(^^)

No title

おはようございます。(*^-^*)
確かに毎朝ラジオ体操に訪れているお年寄りの皆さまは
避難できますね。
素晴らしいです。+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆
木々の色が変わって秋の訪れを感じます。
着ぐるみを追いかけていたのかしら??
お子ちゃまの走る姿も可愛いですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
ご取材お疲れさまでした。(^_-)-☆

No title

なんとなく、文京区って頭が良い人が多く澄んでいるような感じがします^-^

No title

*菖蒲園さん。。
都内には結構広い場所があって公園も多く、東京は世界一緑の多い都市だと云えます。

その理由は何かと云うと・・・何もなかった武蔵野の荒地に家康が新興都市を作って、徳川幕府が諸藩の大名の参勤交代のための広い大名屋敷のスペースを確保したからです。

ご多聞にもれず、この後に筑波大学となった東京教育大学の跡地も、江戸時代には水戸黄門さんの弟の松平頼元の広大な大名屋敷でした。昭和53(1978)年に教育大学が筑波大学と合併して移転したあとは、しばらくは空き地になっていて凧揚げの名所だったのですが、8年後の昭和61(1986)年に教育の森公園が作られました。

No title

*まーぶるさん。。
台東区は不忍池の東側とか、上野の山のスタバ前の広い広場で体操をやっているのを見掛けますが、防災広場の初音の森ではラジオ体操をやって無いはずです。初音の森にはゲートがあるので、多分夜間は締めちゃうんだと思います。災害は夜中にも発生するんだって事が判ってないのかな?(^ω^)

土曜日の午前中にも拘らず物凄い人出だったので、藪さんは電チャリを押して人混みを抜けねばならなかったほどです(^ω^)

明日はハロウィーン。百円ショップで買った骸骨のお面をかぶって渋谷に取材に行こうかな?(^ω^)

でも明日は靖國神社でフリマがあるし、明治神宮の秋の大祭だし、日曜日から湯島天神で菊まつりが始まるし、神田古本まつりの最終日だし。でもまた藪さんの右足首は炎症を起こしちゃって、松葉杖が無いと痛くて歩けない。困ったもんだ(^ω^)

No title

*くろまめさん。。
いや、頭がいいかどうかは見た目では判りません。藪さんは単なるまつり好きの酔っ払いですしね(^ω^)

No title

文京区は避難する場所がいっぱいあって安心ですね。
台東区だってとりあえずうえの野山があるし…
聞いた話ですが墨田区は避難する場所が皇居だって???
スカイツリーから歩いたら10キロ近くあるんじゃないでしょうか?
3・11の時に帰宅難民になった友人が慶応病院へ駆け込んだら待合室で毛布を貸してくれて具合が悪くなったらすぐ言ってくださいって…当たり前だけどとっても安心したそうです。

No title

安寿さま、よこはいりごめんなさい。さすがに皇居ということはありません。こないだ防災マップも配布されましたが、区内に点在してます。ただ、だだっ広いところがありません。ちょっと広めのところは隅田・荒川沿いで津波や洪水には対応できない…関東大震災のときの被服廠跡も避難場所…

No title

snobさん
首都高速から見える白鬚東の都営アパートが墨田区の防災壁だって聞きました。
あの長い団地そのものが防災時に役立つとか。じゃあ住民はどこへって逃げるのかって時にテレビでは皇居って言ってましたのでビックリしました。
本所の被服廠跡も大正12年当時でも多数の犠牲者が出たとか。
両国の住人が今度また戦災があったら天皇陛下のところに行くって冗談交じりに云っていたのでその手もありかと思いました。
本所深川には友人がいっぱいいます。住宅密集地だけに考えると恐ろしくなります。

No title

*安寿先生。。
文京区には江戸城に近かった関係上、たくさんの大大名の広大な屋敷ああったんですね。それらのほとんどはその広大な敷地のまんま現代に於いては形を変えて再利用されてます。

小石川後楽園は徳川御三家の水戸藩の上屋敷であり、東京大学の本郷キャンパスは加賀前田藩の屋敷。小石川植物園は五代将軍綱吉が将軍になる前に住んだ白山御殿と云った按配です。

上野の山は広いんだけれども、防災施設としての設備が整ってません。雨風を防ぐ仮設のテントや毛布、食料や水や仮設トイレなどのライフラインは、それがちゃんと揃っている教育の森公園には敵わない。

墨田区の避難場所が皇居ってのは、ちょっと距離が遠過ぎますが。丸の内のオフィス街で帰宅困難になった方々の受け入れ場所としては最適かも知れません。

大病院はもっとも安心できる避難場所ですね。多少の怪我ならすぐに医師が対応してくれます。教育の森公園には都立大塚病院がそばにあります(^∇^)

No title

*snob先生。。
東京都が配布した黄色い「東京防災」と云う小冊子ですね。藪さんも一通り目を通しましたが・・・まったくダメ(^ω^)

災害が起こった時にどうしなさいってのばっかり書いてある。一般人にとってはそんなのは馬の耳に念仏なんですよ。まず、どこへ逃げろ! ってのを最初に書いて欲しかった。その後のケアは専門家じゃなかったら判らない。

皇居が避難場所ってのは丸の内のオフィス街で被災した時の帰宅困難者の避難場所の例として表記したものだと思います。

No title

*安寿先生2。。
藪さんも白髭橋の隅田川の河川敷に建設されているアパートの建物は、基本的に南北の縦長に建設されている事を知ってます。普通のアパート建設ってのは日差しを取り入りれために東西に建設されるものなんです。だからあのアパート群は延焼防止のための防災壁の役目も果たしているってのを藪さんも聞いた事があります。

防災壁ではありませんが、主要道路の交差点は広小路と云って、延焼防止の為に建物を作らせなかったんですよね。両国広小路がその典型で、両国橋のたもとには家を作らせなかった。その後簡易的な見世物小屋は許可になって、両国広小路は江戸時代には見世物小屋や寄席などで賑わいました。動物園もあったようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ