FC2ブログ

記事一覧

白梅太鼓


 太鼓と云うと、藪さんが子供の頃は秋祭りの盆踊りの櫓の上で叩かれる太鼓でした。その他の太鼓は、祭りの山車のドンドンカッカです。それ以外は子供のおもちゃは別にして、藪さんローカルの下町では見た事がなかった。

しかしその後、藪さんの移動範囲が広がってくると、伝統的なお囃子ばかりではなく、新たに様々な太鼓演奏が始まりました。

毎年五月の神田祭りの時には神田囃子を演奏しているし、湯島天神には酔鼓連と云うお囃子のグループがあります。根津神社では根津鼓連が氏子町会の神輿渡御を先導するし、秋の根津千駄木下町祭りの時には、不忍通りふれあい館横の特設ステージで、お囃子を演奏します。

お囃子ではなくて、東京には太鼓演奏のグループもあります。幼児から大人までやっている助六太鼓。根津神社には権現太鼓。そして、湯島天神で何かのイベントのたびに演奏されるのが白梅太鼓です。

湯島天神の白梅太鼓は、初春の梅祭り、五月の例大祭、11月の菊祭りの時に演奏されます。根津神社の権現太鼓もだいたい同じようなパターンで、ツツジ祭りや九月の例大祭、十月の下町祭りの時に演奏されます。

藪さんの過去記事をご覧いただければ、それら全てを取材しています(^∇^)

藪さんは確かに最近怠けて取材に行かない。でもいいじゃん。ヤフーブログに、藪さん以上に文京区の取材をしている人っているの?

池波志乃さん(62)と中尾彬さん(74)の終活のテレビ番組を見ました。中尾さんは千葉と沖縄に持っていたアトリエを処分し、二万枚の写真を焼却した。志乃さんは文京区小日向の還国寺にある美濃部家の墓から、父親の馬生を分骨して谷中の長久院に中尾さんがデザインした、三つの白い石を積み上げた墓碑銘無しの墓を作りました。

ちなみに藪さんがいつも落語データを参照させていただいている、「落語はろー」さんのブログの、馬生の墓の記事。
http://mirach.asablo.jp/blog/2015/09/13/7791256

長生きするのって辛いね。自分が死んだあとの事まで考えなけりゃならない。藪さんがいなくなったら落語を正しく評論できる人っているの? ヤフーブログでは話題が広がらないのでライブドアブログが希望ですね。(^ω^)

https://www.youtube.com/watch?v=2kT337r0OcY
 撮影データ・・・平成29(2017)年3月4日(土)午後三時過ぎ 湯島天神

コメント

No title

我が街では「しょうぶ祭り」の時は「やまと太鼓」と言う会が来て演奏します。正直、あまり上手く無いと思っています(^^)
それとは別に私の所属しているお祭りの睦では小学生達のお囃子を教えて後継を育てています(^^)

No title

馬生の分骨の話題は、馬生三十三回忌のイベントで知りました。まだ、実際のお墓は参った事はありません。

No title

こんにちは。(*^-^*)
日頃のご取材から良い場所からのご撮影ですね。
混雑の中ズームでバッチリ見えますね。
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆
太鼓の音も掛け声も鈴の音も良いですね。
白梅太鼓の威勢の良さに神様も喜んでいるでしょうね。
ヽ(*´∀`*)ノ.+゚~♪.+゚

No title

*菖蒲園さん。。
佐渡には鬼太鼓座(おんでこざ)と云うプロの太鼓グループがありますが、各地のお祭りで演奏するのは同好会レベルですね。根津神社の権現太鼓のお嬢さんたちが休憩しているところを見た事がありますが、体育会系ののりの年齢の近い先輩後輩と云う感じでした。

かなり練習はしているはずですが、プロとして活動できるほど仕事場がないので、セミプロと云う感じです。ノーギャラではないと思います。

播磨坂の桜まつりのイベントでは必ず複数の中高生の和太鼓演奏がありますが、近年の文京区の学校のクラブ活動では和太鼓クラブが増えているようです。そう云えば、護国寺の豆撒きの前や靖國神社のみたま祭では、新しいスタイルの太鼓演奏をやってました。

No title

*Marsさん。。
文京区の還国寺の美濃部家の墓の取材は過去に何度もやってました。墓の左横にあった石版の墓誌には志ん生以前に数人、その左側に馬生の戒名も書いてありました。現在はその墓誌は新しい物に変わっていて、馬生の戒名は書かれていません。

馬生が分骨されたのは、5年前の2012年の夏以降だと思います。snob先生のブログの記事で知って、4年前の谷中祭りの時に分骨された馬生の墓を見に行きました。「無」としか書かれてないので、以下の記事でルートを確認しないと墓がどこにあるか判らないと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64278626.html

四年前にはまだ呟きを入れてないので、判りにくい動画になってます。BGMは馬生の出囃子の鞍馬です。

No title

*まーぶるさん。。
湯島天神の表鳥居は南側にあって、そこから真っ直ぐに入って行く拝殿前が当然の事ながら一番混みます。お参りをしたあとは梅園のベンチに座って三百円の合格甘酒を飲む(^ω^)

春日通り沿いの北回廊は、普段は展示場なので舞台で何かやってる時以外はガラガラです。呟き音声を入れながら太鼓演奏を撮影するには、50メートル以上離れる必要があります。

太鼓は最古の楽器だと云う記事を過去に書きましたが、太鼓の音は遠くまで届くので原始社会では、様々な叩き方により情報を伝達する手段だったと思われます。

No title

藪さんのブログは落語の特集が多くて、たまに覘きますが良いですよ
良い資料になると思います
文京区、特に湯島天神界隈は藪さんの右に出る人はいないんじゃないですか、毎回ご苦労様です
ナイス
太鼓の音は腹に響きます^^

No title

*右近さん。。
落語の記事を書いても、ヤフーブログでは特定少数の人からしかコメントが来ないってのが、5年以上やって来て判りましたので、落語の記事を書くのはやめました。

十個以上のIDでチューブに上げた落語動画にはリコメをしてませんが、数百を超える皆さんのコメントは全部読んでます。菖蒲園さんが別のハンドルネームで以前からやっているライブドアの落語ブログの方がはるかに活発にコメントがありますので、藪さんも時々コメントさせていただいてます。

先代十代目 馬生の長女の池波志乃(本名=中尾千津子 旧姓=美濃部千津子)さんは谷中の住人ですので、ご主人の中尾彬さんと連れ立ってほとんど毎日、不忍池周辺を散歩しているようです。残念ながら藪さんは一度もお二人に出会った事はありませんけどね(^ω^)

太鼓演奏の音はかなり大きいので、呟きを入れてなかった頃は近くで根津神社の権現太鼓なんかを撮影していたのですが、呟きを入れるようになってからは太鼓演奏はちょこっとしか撮影してません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ