FC2ブログ

記事一覧

悠々として急げ


 「悠々として急げ」と云うフレーズは、欧米でよく使われているラテン語の諺の「festina lente(フェスティナ・レンテ)」を日本語にしたものだと思います。作家の開高健(かいこうたけし 1930~1989 享年59)さんが頻繁に使っていた言葉で、定かではありませんが彼の訳語なのかも知れません。

開高さんはアラスカやアマゾンでの釣りの本を何冊も出してますが、決して上手い釣り師だったとは思いません。でもその釣りたいと云う根性は到底彼には敵わない。寒いモンゴルの湖に立ち込んで、一本の杭となって何度もルアーをキャストするなんて事は藪さんはやらない(^ω^)

ちょっと話が逸れて恐縮ですが、藪さんはブラックバス(以下バスと省略)と云う物凄く頭のいい魚の釣りに出会ってからは、釣りの概念がまったく変わりました。

バスの成長率は環境によっても違いますが、富士五湖のような山上湖の場合は水温が低いので30センチを超えるには四年以上掛かります。バスの寿命はだいたい十年ちょっとなので富士五湖で40センチを超えるようなバスはほぼ寿命を迎えています。

この件長くなるのでカットしますが、開高先生が亡くなった次の月の、1990年一月の牛久沼でのウチの釣り大会は、開高健追悼ブラックバス釣り大会としました。寒かったけど楽しかった(^∇^)

で、今年は異常ツバメですよ。来たのは早かったんだけれどもなかなか産卵床を作らない。今のところ去年より一週間以上遅れてます。

確かにこの状況ではsnob先生が仰るように、大手町の気象庁から5キロ以内でこの数年ツバメを見ていないってのはうなずけます。多摩川河川敷には五千羽以上のツバメが飛来している筈ですが、そのうち何羽が都心で子育てをするんだろうか?

で、自然に逆らわずノンビリ生きようと、銭儲けに翻弄されてしかめっ面をして生きようと、寿命が来れば死ぬ時ゃ死にます。でもこれだけは云える。何かをしようと思ったら出来るだけ若いうちにやりなさい。歳を取って身体が動かなくなっちゃうとできなくなります。

200馬力のエンジンをセットした20フィートのバスボートで、霞ヶ浦を100キロ以上でぶっ飛ばしてバス釣りをやるなんて事は残念ながらもはやできません(^ω^)
http://www.youtube.com/v/4CPIqTfN-h4
https://www.youtube.com/watch?v=4CPIqTfN-h4
 撮影データ・・・平成29(2017)年4月6日(木)午後六時 ツバメのお宿

コメント

No title

一寸学をひけらかせますと、festina lenteはもとはギリシャ語(大学時代ギリシャ語を2年間勉強しました)σπεῦδε βραδέως(山型のアクセントはυだけではなくεとυの両方にかかりますが、そういう書き方がわからないのでこうしておきます)を痴愚神礼賛を書いたErasmusがラテン語にしたものです。
lenteはただ単に遅いという意味で「悠然」の「悠」という意味は含まれてはいません。

というようなことはともかく
===
何かをしようと思ったら出来るだけ若いうちにやりなさい。歳を取って身体が動かなくなっちゃうとできなくなります。
===
身体ばかりではありません、結局気力の方が先に衰え、それが身体を動かすのを億劫にするのです。
アラエイ(80歳凸凹)になっても懲りずにテニスをやっていますが、「あっ、こっちが狙われる、そっちへ動かなければ」と頭ではわかっていても動けない。神経は命令しても身体が言うことを聞かない。

「歳は取っても浮気はやまぬ、やまぬはずだよ先がない」という都都逸。浮気に限らず煩悩すべてが衰えないのはさみしいことです。

No title

festina lenteは一般には「ゆっくり急げ」と訳されているようです。

No title

おはようございます。(*^-^*)
わ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪
藪さんのツバメちゃんの記事お待ちしてました。
動画の藪さんの声も藪さんも楽しそうです。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
立派な燕尾も美しいですし可愛いですね。
ヾ(((o^Θ^o)))ノ"
後から入ってきたツバメちゃんは、
まだ産卵床の場所を把握してないのかしらhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_d159.gif">(*′艸`)
二羽でお喋りも・・・カワ(・∀・)イイ!!
(=・ェ・=? ホエ
遅くなった分セカンドランも遅くなりそうですね。
ヾ(・◇・)ノ ピヨピヨ
今年の子育てはどうなるのでしょうね。(*′艸`)
楽しみにしています。ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

No title

日本の格言
「急いては事を仕損じる」に、少し通じるようにも思いますが、「悠々として急げ!」の方がポジティブでカッコいい。

No title

開高さんのアラスカでの釣り三昧、ずいぶんTVで見ました
お酒を飲みながら嬉しそうに話しているのが思い出されます
悠々として、好きな言葉ですがまだその心境に至っていません
いつもせっかちで落ち着かないですが、これが自分だと割り切って受け入れています
動けるときに動けはその通りですね
旅も行ける時が吉日で、タイミングが狂うとすべてダメです
一人でならOKですが、仲間がいるとそれぞれの都合でなかなか好い天気に恵まれません
ツバメの産卵床、気に入らないのでしょうか心配です

No title

確かに、何かをしようと思ったら出来るだけ若いうちにやらないと駄目ですね。歳を取ると知識は増えますが体力が続きませんね。
でも今日は、藪先生が帰ってくれたので嬉しいです(^^)

No title

*けんちゃん。。
体力よりもむしろ気力の衰えの方がダメージが大きいですね。気力さえあれば多少足腰が痛くても、長い階段を上って神社の取材に行けます。気力がないと、体調は悪くないのに取材に行くと疲れるからと思って、何もせずに寝てるだけ。

今の藪さんが一番パワーが出る時は、酒切れになって酒を買いに行く時です。足腰が痛かろうと大雪の中だろうと、酒欲しさに這ってでも買いに行きます。酒呑みの決死隊(^ω^)

lenteってのは、作曲家が曲のテンポを指定する、レント(ラルゴの次にとてもゆっくり)と云う用語と関係があるんでしょうね。アンダンテ・カンタービレってのは、ちょっとゆっくりと歌うようにですね。

No title

*まーぶるさん。。
今朝のツバメの観察では、卵を産み始めた感じがします。表の右の棚は去年の産卵床なので、そのまま卵を産む訳はなく、新たに土を乗せるはずなのですが地面には土が落ちていない。

ゴミの日に掃除に来るおばさんを新しく雇ったので、前のおじさんとは違って産卵床の下まで掃除して水を撒いちゃうので、水木土曜日のフンや土の観察が出来ない(^ω^)

朝五時過ぎにはツバメは寝床からいなくなるのですが、今朝は30分以上右の棚に一羽がいて、もう一羽が電線と左の棚を何度も往復し、右の棚で交尾しているような状況も見られました。その後は一羽もいなくなったのでまだ全部の卵を産み終えていない状況と思われます。

根津神社の取材のあとに白山通りのペンキ屋さんを見に行ったら、ツバメが産卵床にいてクチバシで腹の下を突いている感じなので、既に全部の卵を産み終えて抱卵に入った模様(^∇^)

No title

*Marsさん。。
急がば回れってのもありますが、若干ニュアンスが違いますね。高杉晋作や坂本龍馬や吉田松陰の事を考えると、今の30歳なんてガキでしかない(^ω^)

No title

*右近さん。。
サントリーの前身の壽屋の宣伝部にいた開高さんが20代で芥川賞を取った時にはガリガリに痩せてました。その後ベトナム戦争時のサイゴンで現地レポートを書いたりしているうちに、藪さんのように煮詰まっちゃう時もあったらしい(^ω^)

そんで釣り師になったんですね。若干ヘミングウェイを意識したのもあるかも知れません。サラリーマンじゃないので金と暇があるから世界各地に釣りに行きました。

サントリーは開高さんを使ってたくさんの夢のある素晴らしいCM映像を作りましたね。ダルマ(オールド)を水筒のように首からぶら下げて、アラスカの線路脇で列車に向けて旗を振る。それは、フラッグ・ストップと云って列車が止まって乗せてくれる。

そんなCM映像は開高さん以外には誰にも作れなかったですね。藪さん動画もなんとか開高さんの感性を生かしたい(^∇^)

No title

*菖蒲園さん。。
今日は4月29日。根津神社が一番熱くなる日です(^∇^)

根津神社では年中無休でラジオ体操をやってますが、今日は文京区ラジオ体操連盟ばかりではなく、台東区や世田谷区のラジオ体操会も来賓として来てくれて、150人を超える規模のラジオ体操をやります。もちろん藪さんは取材に行ってきました(^∇^)

つつじ苑のつつじは、今年はまだまだこれからって感じでしたね。満開に咲いていたのは根津裏門坂(日医大病院の坂)の歩道です。動画撮影してきましたので徐々に記事にして行きます。

No title

仰る通りlento(イタリア語)はラテン語のlenteがもとになっています。
ドビッシーには「レントより遅く(La plus que lente)」という曲があります。
https://www.youtube.com/watch?v=FP0UF5GBpJw

No title

*けんちゃん。。
藪さんが通った某私立大学の付属高校は、一学年が50人5クラスで250人でした。中小企業の悪がきが通う高校でバカばっかり(^ω^)

高校に入学した時の最初のテストで、まったく勉強をしない藪さんが250人中七番でした。勉強なんかするヤツは馬鹿だと云う、昔の旧制高校のような素敵な雰囲気がありました。モダンジャズ派とクラシック音楽派に分かれていて、プレスリーファンだなどと云うとバカにされました(^ω^)

どう云う訳か藪さんは、ラルゴ、レント、アダージョ、アンダンテ、アンダンティーノ、モデラート、ビバーチェ、プレストと云う、音楽の速度の表現を憶えているんです。もちろんその他の速度指定には、メトロノームで合わせやすいように一分間の四分音符の拍数表記もありますけどね。

ドビッシーはいいですよね。ジャズプレイヤーにはドビッシーファンが多いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ