FC2ブログ

記事一覧

ツバメ


 ツバメと云う渡り鳥は毎年春の終り頃に南の国から子育てをする為に日本にやってくる野鳥です。野鳥だから環境省の係員が観察しているのかと云うと、どうもそうではないらしく桜の標本木同様に気象庁の係員が観察しているらしい。

東京の気象庁は大手町にあるんですが、snob先生情報によると、この数年気象庁から半径5キロ以内で一羽のツバメも発見できていないらしい。

おいおい! それがお役所仕事だって云うんだよ。藪さんローカルは大手町の気象庁から5キロ圏内だぞ。藪さんローカルでは毎年五ヶ所で二回の子育てが行われていて、25羽以上のツバメのヒナが巣立ってます。

確かに、藪さんローカル以外で随分ツバメを探したんだが見付からない。現代に於いてツバメが都心部で子育てをするためには最大の天敵である人間の理解が必要なんです。産卵床を作ればその下に土や柴が落ちるし、一日に6ミリも成長するヒナは旺盛な食欲で、落ちるフンの量も半端ではない。

それを汚いと感じて産卵床を撤去したら、ツバメは危険を感じて二度とその場所では子育てをしません。藪さんはツバメの産卵床がどこにあるかなんてベラベラと喋ったりはしません。何度かお話をしてツバメに理解があるなと思った人だけに産卵床がある場所を教えてます。気象庁の係員には教えません(^ω^)


https://www.youtube.com/watch?v=Xw_5nvzsYe4
 撮影データ・・・平成29(2017)年4月7日(金)午後六時 ツバメのお宿

コメント

No title

(*´▽`)ノ ・゜:*:゜★こんばんわ~☆・゜:*:゜
ツバメちゃんのご観察お疲れさまです。
(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!!
ツバメの観察は気象庁の係員さんなのですね。
ツバメ前線がありそうですね。(*´pq`)クスッ
二羽がそれぞれの棚にチョコンと座って
産卵床はここで大丈夫かな!?と
偵察しているように見えます、o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
でも・・・藪さんのカメラを敵視してないですね。

No title

*まーぶるさん。。
ツバメはツガイで子育てをする・・・なんと云ういい加減な理論でしょうか?(^ω^)

藪さんのように24時間観察しやすい場所で観察しなかったらツバメの生態なんか判らないですよ。しかもツバメの行動ってワンパターンじゃないんです。藪さんは記事上げを休んでいた間もずっとツバメの観察は一日に何度もしてました。

今年のツバメの行動はよく判んない(^ω^)

夜中に観察すると表の棚には一羽もいなくて、裏の棚に一羽だけ寝てたりする。つまりツバメの行動ってワンパターンじゃないんです。でもご安心下さい。白山通りのペンキ屋さんでも藪さんローカルのツバメのお宿でも、現在はちゃんとお母さんが抱卵状態に入ってます(^∇^)

藪さんはツバメに動きがないと、チュピチュピ、チュピチュパ、ズィーって話しかけてます。するとたいていはツバメが首を上げます、藪さんの鳴き真似がツバメに通じているんです(^∇^)

No title

ツバメの鳴きまねって反応があるんですね。
最近は我が窓辺にウグイスが来ます。
ホーホケキョってビックリするくらい大きな声で鳴きます。口笛でホーホケキョって答えるとまたホーホケキョって鳴いてくれます。
でも山鳩の鳴きまねは出来ません。(^_-)-☆

No title

*安寿先生。。
ツバメのさえずりは、オスがメスに対して産卵できる場所がある事を知らせるモノで、電線に止まってさえずるばかりではなく、飛行しながらもさえずるんです。これは藪さんのように徹底的にツバメに密着観察しなかったら判りません。

ツバメはツガイで子育てをしているだなんて、表面的な事しか見ていない人はツバメのさえずりがどう云うものかさえ知らないと思います。ツバメのさえずりは非常に重要であって、朝四時過ぎにツバメがさえずっていたら、一週間以内にその場所の近くに産卵床が出来ます。

ウグイスの声が聞けるなんて素晴らしいロケーションです。生まれたヒナのDNAには鳴き声が刷り込まれていないので、親の鳴き声の真似をしてちゃんと鳴けるようになるんですよね。

一日に何度もツバメの観察をしていると、ツバメのお母さんは藪さんやツバメのお宿の奥さんの足音を憶えます。藪さんが四年間90センチ水槽で自室で飼育していたブラックバスも藪さんの足音の震動を聞き分けました(^∇^)

No title

> 藪井竹庵さん☆
ウグイスは今のところ鳴き方が幼いです。
3月頃までの笹鳴きが終わってようやくホーホケヨって鳴くようになりました。
これからはケキョケキョって鳴けるようになってそれが長く続いて鳴くいわゆる谷渡りの鳴き方になります。
幼いうちに手名付けてみようかしら???

メダカも私が行くと水槽の底から上がってきて餌を待ってます。ヽ(^o^)丿

No title

*安寿先生。。
ウグイスの幼鳥は親の鳴き声を真似して鳴けるようになるので、人間と同じですね。英語の環境で赤ん坊を育てれば英語を喋る事ができるようになります。と云う事はウグイスの幼鳥を隔離してカッコウの鳴き声を聞かせ続ければ、カッコウと鳴くようになるのか?(^ω^)

メダカは無事に世代交代しているようでよかったです。水の汚れと夏場の高水温さえ気を付ければ、メダカは結構丈夫で一年半生きます。それと結構獰猛で、エサが少ないと共食いしますから気を付けて下さい。

No title

前の日は6時前、今日は少し遅れて、でもちゃんと帰ってくるんですね
日中はどこへ行って餌探しているんでしょうか
田んぼは都内にないし、公園で探しているんでしょうが、カラスもいる事だし大変です
早くつがいになってくれればいいけど

No title

*右近さん。。
ツバメはなんで民家のそばで子育てをするんだろうか? 他の野鳥のほとんどは野山で子育てをしているのに・・・(^ω^)

それがツバメの選択で、野山よりも民家のそばで子育てした方が天敵が少ないと考えたんだと思います。野鳥の卵やヒナを狙うヘビやイタチは藪さんローカルにはいません。ツバメは天井近くに産卵床を作るので猫も届かない。唯一カラスが問題です。

だからこそ、カラスからツバメをガードするにはどうしたらいいかと、日々ツバメのお宿のご夫婦と藪さんは話し合っている訳です。でもカラスも同時期に子育て中でエサが必要なので、カラスにヒナを奪われる事も数年に一度くらいはあります。それよりはるかに多いのは、人間が産卵床を撤去する事です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ