FC2ブログ

記事一覧

ツバメは何処


 ツバメが飛行しているのを発見できたとしても、ツバメの産卵床まで発見するのは非常に困難だと思われます。

何故ならツバメは人家のそばならどこでも子育てをする訳じゃないからです。ツバメは安全に子育てが出来る場所なのかどうかを、何度もその場所を訪れてチェックします。

安全だと判った時に初めてその場所に産卵床を作るんです。うがった見方をすると、ツバメによってそこの住人がどう云う連中なのかをチェックされているようなものです(^ω^)

大手町の気象庁の係員がこの数年ツバメを見ていないと云うのはなるほどなと思います。藪さんだって藪さんローカル以外でツバメの飛行は何ヶ所かで見ましたが、産卵床は発見できていません。

ツバメの産卵床を発見しやすいのは丁度今の時期と、セカンドランのツバメが子育てをしてヒナが大きくなる7月中旬頃です。巣立つ前のヒナはエサを求めてかなり大きな声で、ジャッ ジャッ ジャと鳴きます。その十日間くらいがツバメの産卵床を発見するチャンスです。

一度産卵床を発見してしまえば、だいたい毎年同じような場所に産卵床を作ります。去年巣立ったツバメが同じ場所に帰って来て子育てをする・・・まあ日本人的発想ですが、多分それはノーだと思います。

去年二回子育てがあって、四羽ずつのヒナが巣立った場合、二羽のお母さんと八羽の子ツバメになりますが、今年十羽のツバメが子育てをするのかと云うとそうじゃなくて、一羽のお母さんだけなんです。

つまりツバメには子育てをしやすい場所ってのがあるんだと思います。もちろん去年のツバメと云うケースもあるでしょうが、ほとんどは別のツバメが子育てをしていると思います。

ちなみにこれは、まだ学会には発表していない藪さん理論ですが・・・ツバメの産卵床はどうやってその場所が決定されるのか?

地域を巡回している五羽くらいのオスのヘルパーさん軍団と云うのがいて、そのうちの一羽のオスがチュピチュピ チュピチュパ ズィーと云うさえずりを電線などに止まってやります。その意味はここに子育てにいい場所があるとメスを呼んでいるんです。

以下の産卵床は、オスのさえずりを聞いて去年発見した産卵床です。またオスは単にメスを呼ぶ為に飛行中にもさえずる事があります。去年の藪さんは朝四時台にそのさえずりに引っ張りまわされました。

産卵床を発見するためには電線に止まってさえずっているオスを発見する必要があります。

  https://www.youtube.com/watch?v=0HsNFaLEACg
 撮影データ・・・平成29(2017)年5月16日(火)午前10時50分 都内某所M(=南戸崎)

コメント

No title

藪先生の理論は経験に裏打ちされているから、確かですね。誰かちゃんとした形で発表して欲しいですね(^^)

No title

気象庁も藪さんの所に来てツバメの動向を確認してほしいですね
文京区にはツバメが来ています
今年は子育てが遅れているのでしょうか
セカンドランが遅れるとうまく帰れるかどうか心配です
ナイス

No title

*菖蒲園さん。。
ありがとうございます。藪さんの場合は見たまんまを記事にしているだけなので、それがすべてのツバメの行動に当てはまるかどうかと云う問題があるんです。

ツバメは雌雄同じ柄だし、個体識別は出来ません。だからウィキペディアに書いてある事を読むと、そりゃ違うだろうって事が書いてあったりします。ツバメは一回目の子育てを失敗すると二回目の子育てをする事もある・・・だって(^ω^)

一羽のお母さんは一年に二回も子育てをしません。藪さんが申し上げているファーストランとセカンドランと云う、時期をずらせて日本に渡って来るツバメがいるって事を理解してない人が書いているんです。

藪さんローカルでは毎年確実に二回の子育てが成功し30羽以上のツバメのヒナが巣立っています。さっき都内某所Tの産卵床を観察したら、生後五日くらいの小さなモヒカン頭のヒナが顔を出してくれました(^∇^)

No title

*右近さん。。
気象庁の係員はサラリーマンですからツバメを見付けられないのは当然だと思います。よく鳥目だなんて云って、鳥は夜になって暗くなると目が見えないと思われてますが、それはまったくの間違いです。ツバメは真っ暗な中でも飛ぶ事が出来ます。

でも基本的に夜は寝ます。ツバメは早寝早起きで、午後7時頃には寝て朝3時半頃になると動き出します。ツバメの観察は朝四時台に周囲を見回るのがいい。藪さんにはそれが出来るけど気象庁の係員はまだ寝てるからツバメを発見できない(^ω^)

四月の初め頃から子育てが始まるファーストランは、六月の初め頃までに巣立ちます。それから一週間くらいすると別のセカンドランのお母さんがやって来て子育てが始まります。セカンドランの子育ても8月の初め頃までには巣立ちます。

巣立ったあとどこへ行くか? 藪さんローカルの場合は多摩川河川敷と思われます。秋口までに五千羽単位のツバメが集結し、一斉に南の島へ旅立つようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ