FC2ブログ

記事一覧

タチアオイ


 佃島の狭い路地を入って行くと、自宅前に植木鉢や発泡スチロールの容器に雑多な植物を入れたものを露天商の如く並べています。藪さんはそれを歩道園芸と云ってます。

自宅前に植木鉢を並べるってのは昔の東京の下町風景です。江戸開府四百年。江戸は徳川家康が、豊臣秀吉が作った大阪堺に対抗して作った新興都市ですから、地方からたくさんの人が江戸へ流入しました。

江戸幕府は神社仏閣を庇護して広大な土地を与えました。また二百余藩の大名を参勤交代で江戸詰めにしたために、広大な大名屋敷用の土地を必要としました。

材木問屋や米問屋などの大商人は金を使って店を構える事が出来ましたが、一般庶民は住むところがないので九尺二間(三坪)の狭い長屋に押し込められました。

江戸庶民は他に娯楽が乏しいので、金の掛からない園芸を好みました。豪商とは違って四畳半一間に土間と云う狭い長屋に住んでいる庶民は庭なんか持ってない。自分の家の前の道路は自分のものって事で、路地に植木鉢を置くのは東京の下町では当たり前でした。

東京には土がないと云う。どこもかしこも舗装されちゃうから、こぼれ種も芽を出すところがない。街路樹の根元には土があるし、コンクリートに割れ目があれば植物は逞しくそこから芽を出してきます(^∇^)

https://www.youtube.com/watch?v=B4O9AWqOwqE
 撮影データ・・・平成29(2017)年5月18日(木)お昼 播磨坂下

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
タチアオイが綺麗に咲いてますね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">
サツキは花が小さい。....〆(・ω・。) メモメモ
もう直ぐ満開になり、ピンクが街を彩りますね。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
ご取材お疲れさまでした。

No title

タチアオイの花がきれいですね
驚いたのはコンクリートのすきまから咲いている様ですが・・・たくましい
ナイス
確かにサツキは花が小さくてこれからがシーズンです
ただ最近は花色がいろいろあるので区別が難しいです
咲く時期で判断しています^^

No title

祖父母が持っていた長屋の軒先にはいつもたくさん植木鉢が並んでいました。
夏になると朝顔が格子の出窓に絡みつき、その下でオジサンたちが縁台で将棋を指していました。
私の子供のころの下町の原風景です。

タチアオイの花がゴミステーションの傍に同じように咲いています。何ともたくましい花です。

「まだ高くなるソプラノや立葵」 安寿

No title

*まーぶるさん。。
神田祭も三社祭の取材もサボってしまって申し訳ない。でも本来祭りってのは氏子中が楽しむものなので、藪さんが千代田区や台東区へ出張して取材しても、よそ者感が否めないんです。

ヤフーブログにも千代田区担当や台東区担当はいるはずです。藪さんは文京区担当ですから、今週末の湯島天神際の取材だけは、這ってでもやりたい(^ω^)

今は体力温存の為に近所の取材に徹してます。

No title

*右近さん。。
この播磨坂下には、誰にでも声を掛けて話をする播磨坂下おばさんと云う名物おばさんがいまして、このタチアオイの種は、20年位前に故郷の長野から持ってきて街路樹のイチョウの根元に撒いたそうです。

そのこぼれ種があちこちのコンクリートの割れ目に入り込んで、毎年これだけ大きなタチアオイが育つんです。街路樹の土の部分で歩道園芸をやっている事に関しては、文京区の土木課からやめてくださいと云う苦場がある事をおばさんから聞いています。

だからって、自分の家の前の美観はたまにしかやって来ない土木課の係員じゃなくて、地元住民が一番考えているんですよ。駐輪禁止の貼り紙に関しては、まだおばさんに聞いてませんが、おばさんがセットしたものだと思います。

No title

*安寿先生。。
先生の実家の区ではそう云う風景が当たり前だったと思います。

この播磨坂下のタチアオイは、最初は20年位前に播磨坂下おばさんが街路樹のイチョウの根元に種を撒いたのですが、その種が風によるものなのか、あちこちのコンクリートの割れ目に入って、毎年見事なタチアオイの歩道になります(^∇^)

タチアオイは丈夫ですよね。この播磨坂下の歩道でもいろんな色のタチアオイが咲いてくれます(^∇^)

タチアオイはコンクリートの割れ目からでも芽を出してグングンと3メートル以上の高さにまで伸びます。水戸光圀が龍安寺に寄進したとされる蹲(つくばい)には、口を中にした判じ文字のようなものが描かれていて、右回りに吾唯足知(われただたるをしる)と読めるそうです。

まだ延びる 北のミサイル タチアオイ・・・藪(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ