FC2ブログ

記事一覧

セカンドランのツガイ


 ツバメはツガイで子育てをしているんじゃないと云ってるのに、何でツガイなの?

人間の場合は一匹のオスと一匹のメスがツガイで子育てをするのが普通です。そうじゃないと有名人の場合はゴシップ週刊誌に書き立てられて、謝罪会見をしなくてはなりません。ツガイじゃない場合は犯罪なのかと云う疑問もありますが・・・(^ω^)

自然界ではツガイで子育てをしている動物は実は少ない。ツバメ同様に複数のオスと複数のメスによる集団的子育てと云うのが普通です。つまり遺伝的に血が濃くならないように、複数の遺伝子を取り入れた種が生き残ってきたと考えられます。

産卵床を作り終えたツバメのメスは、藪さんがヘルパーさんと名付けた複数の地域のオスグループと交尾して、毎日一個の卵を産みます。3~7個の卵を産み終えてから抱卵(卵をあっためる)状態になります。

卵の個数差は何に関係しているのかを考え中ですが、まだ結論は出ていません。産卵場所の環境によるものと考えられ、近所に複数の産卵床がある場合は卵の数は少ないようです。つまりその地域にある種の環境ホルモンが働いて、たくさんの産卵床がある地域では、個々の産卵床の卵の数は少なくなるものと思われます。

大人のツバメはどこで寝ているのか? 某所Tのように止まり木がセットしてあって夜中でも常夜灯のある場所じゃないとなかなか観察は出来ません。藪さんローカルにある四ヶ所の産卵床でも、ここ以外ではヘルパーさんがどこで寝ているかを観察できていません。

https://www.youtube.com/watch?v=VB3lSbkNiPY
 撮影データ・・・平成29(2017)年7月1日(土)午前四時前 都内某所T

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
早朝からご観察と記事アップお疲れさまでした。
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
サギもムクドリも集団で生活しています。
餌が豊富にある場所は卵の個数が多いと聞きました。
我が家では雛が大きくなって
お母さんも産卵床で寝ていません。
前の家の軒下で寝ているようです。ϵ( 'Θ' )϶

No title

ツバメの子育ては藪先生の研究観察が一番分かりやすいですね。確かに色々な事が未だ判っていないのですね。だから興味が湧くのでしょうね(^^)

No title

先月ツバメが巣立った後になぜかたった一羽だけ飛んでいたツバメがいました。
どこかに他の家族がいたのかな~。
ヘルパーさんなのかな~?

月が替わったら見かけなくなりましたが。(^_-)-☆

No title

*まーぶるさん。。
前の家さん。お母さんのフンに寛容であって欲しい(^∇^)

現在の藪さんローカルではお母さんは裏のポール。ヘルパーさんは表のポールに寝ている事が多いです。残念ながらまだヒナの頭は見えません。

No title

*菖蒲園さん。。
まーぶるさんがローカルのツバメに付いてウチのゲスブに写真を貼ってくださったりコメントしてくださったので、実はいろんな事が新たに判りました。都会のツバメの子育てと都会ではない場所でのツバメの子育ては、明らかに違うと云う事です。

気象庁の係員が大手町ではこの数年ツバメを見ていないと云ったら、ツバメは絶滅危惧種なのかと思ってしまいます。でもそれは都会ではツバメが子育てしにくくなったと云う事であり、地方ではまだまだツバメがちゃんと子育てをしているって事なんです。

No title

*安寿先生。。
この時期に一羽だけで飛んでいるツバメはオスのヘルパーさん軍団の一羽です。お母さんはそれこそカルガモの如く、幼鳥を4,5羽連れて飛行訓練に忙しい。

幼鳥には落ちこぼれが多くて、お母さんの飛行に付いて行けずに迷子になっちゃう。自力ではエサが取れないので餓死しちゃうんですが、ヘルパーさんがちゃんと迷子にエサをやってます。そのうちに子供たちをねぐらに寝かせたあと、お母さんが迷子の幼鳥を迎えに来るんです(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ