FC2ブログ

記事一覧

四万六千日


 お暑い盛りでございます。舟遊びの落語の「船徳」に於ける文楽の名フレーズが有名です。

場面展開のシーンで「四万六千日。お暑い盛りでございます」と語る。こんなに短い言葉で一瞬に真夏の暑い状況を客に伝える。文楽が工夫して考え出した言葉です。

落語家はバカにはできないんです。真剣に考えて、考えて、考え抜いてよしこれだと云うフレーズが出来た時に、初めて高座に掛けて演じるんです。それが八代目 桂文楽大師匠でした。今の噺家と云われるデモシカが何百人束になって文楽と勝負したって敵わない。

かつてはそんな凄い噺家がいたんだ。志ん生、文楽、円歌、金馬、正蔵、可楽、柳橋、三木助、柳枝・・・先代の小さん以前に物凄い噺家たちが東京落語を確立してきた。残念ながら小さんを超える噺家が出てこない以上、東京落語はもう終わったんです。

ふと思ったんだが、神社仏閣の格付けってのはあるんだろうか? 石松三十石船では、次郎長子分の格付けを虎造さんはやって、一番は大政、二番は小政。三番は大瀬半五郎で四番はサード長嶋・・・これは藪さんが作ったギャグ(^ω^)

それはさて置き、神社の一番手は伊勢神宮でしょう。二番手は出雲大社か? じゃあ東京のお寺の一番は? 呑みねぇ呑みねぇ、寿司を食いねぇ。上野の東叡山寛永寺でしょうか? じゃあ二番手は?

これが難しい。徳川家がいろんなお寺の庇護をしたので、徳川家の勢力争いになりかねない。浅草寺と護国寺はどっちが格上なのか?

相変らず藪さんの記事は、あっと云う視点から記事を書いてますね(^ω^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年7月10日(月)午前十時半 護国寺

コメント

No title

46000÷365=???やっぱり人は120年以上生きるって昔の人は思っていたのかしら???(^_-)-☆

この暑い時期の10時半に取材はちょっと心配です。

No title

小さんといえば。花録ときく姫。正式に婚約しながら10年後にダメになった理由って、一体何かあったんでせう?どこにも書いてないです。藪さんご存知ですか?一番興味あるのは協会と木久蔵は、その時どう動いたのか動かなかったのか?なんてす。下世話過ぎる無邪気なギモン誰かおせーて!くんなんし笑

No title

志ん生、文楽、円歌、金馬、正蔵、可楽、柳橋、三木助、柳枝…

現在は、

志ん生、席亭は誰かに継がせたいようですが、古今亭の総意を受け止められる器が不在。
文楽→小益の文楽
圓歌、三代目が亡くなったばかりなんで後継は未だだが、歌之介師匠が継ぐと思います。
金馬→お笑い三人組の小金馬の金馬です
正蔵→こぶ平の正蔵
可楽→目が不自由ですが、補助前座付きで高座を務めます。次は、可龍師匠かな?可楽
柳橋→当代は恵比寿顔の柳橋さんです
三木助→血筋から五代三木助が、九月に誕生します
柳枝、継がないですね。二代続けて早逝したから…敬遠されています。

No title

こんばんは。(*^-^*)
風鈴の音色が涼し気で良いですね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
朱色のほおずきも綺麗です。
ほおずき+風鈴=夏。(*′艸‘)
藪さんが元気になる夏ですね~。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

見ただけで長い階段は上らなくてもOKです。
護国寺も境内に鳥居があるのですね。w(゜o゜*)w
石塔のあるお庭も品が良く綺麗です。
遠くからでも楽しませて頂きました。╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

No title

===
志ん生、文楽、円歌、金馬、正蔵、可楽、柳橋、三木助、柳枝・・・先代の小さん
===
誰か一人、忘れちゃぁいませんかってんだ!https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s369.gif">

No title

落語に関しては、昭和の名人の再来を期待するのは間違っています。その昔にも「市電(都電)が通ってからは名人は生まれない」と言われたそうです。理由は寄席に通うのに歩かないで市電に乗ってしまうからだそうです。歩きながらの稽古が出来ないというのが理由でした。
確かに昭和の名人は明治期の名人よりも劣るのかも知れませんが、我々昭和の人間はそうは思いません。志ん生師や圓生、文楽師は明治大正の名人圓喬師の事を神様の如く語っていましたが、実際に聴けない我々には想像の産物でしか無い訳で、そう考えると後の世の人から見た名人は生まれる可能性はあると思います。また、それだけの人材が生まれると個人的には信じています(^^)

No title

圓生は、あえて忘れたフリでしょう。そして、野ざらしの柳好は、圓歌が入るならと思います。
まぁ、そんな事を言うと、文治もです。勿論、留さんじゃなく顔の長い茄子の文治!!

No title

*安寿先生。。
聖路加病院の日野原先生が104歳で亡くなりました。あの人は死なないんじゃないかと思ってたのですが、人間だからやっぱり死んじゃいました。近年のテレビで見るに付け、背中の曲がりが気になってました。日野原先生でも老いには勝てなかったのですね。

藪さんは獅子座の夏男です。ゴールド免許の更新に神田警察へチョット前に行きました。梅雨時のジメッとした気候は苦手ですが、これからのカラッとした暑い夏は藪さんの季節です。怒涛の取材を計画しております(^∇^)

No title

*盆町子さん。。
小さん云えば、小さんの娘の孫の花禄ってのはちょっと違うと思います。花禄は小さんの柳家の伝統を受け継いでいないでしょ?

木久扇(前木久蔵)は確かに落語協会の長老ではあるんですが、林家は柳家の傍系であって、何の力もありません(^ω^)

No title

*Marsさん。。
四代目までの志ん生は短命だったので、女房のおりんさんは志ん生襲名に反対したのですが、無頼漢の志ん生は反対されたら襲名しちゃう(^ω^)

さすがMarsさん。噺家の名跡に付いての裏事情をよくご存知です(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
星座占いの獅子座っていつなんだか知りませんが、藪さんは梅雨明けするとどんなに暑くても元気になるんです(^∇^)

今週末は文京朝顔ほおずき市。こんにゃくゑんまのほおずき市や伝通院の朝顔市の取材に行かなくちゃね(^∇^)

No title

*けんちゃん。。
神谷幸右衛門を失念していました。勉強し直して参ります(^ω^)

圓生を忘れるなんて藪さんどうかしてますね(^ω^)

No title

https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s86.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s368.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s276.gif">

No title

*菖蒲園さん。。
志ん生音源を百以上も残したラジオのニッポン放送が昭和20年代末に開局していなかったら、今の落語状況ってのは全くなかったと思います。

圓生でさえ貧乏のどん底だった。御座敷で稼いでいた文楽の庇護がながったら志ん生は、噺家としてはやっていけなかった。

そう云う噺家の厳しさが判っていない連中には、客を納得させる落語なんて出来ないんです。

No title

*Marsさん2。。
すいません。石松を忘れてました。こいつが一番強い(^ω^)

野ざらしの柳好と三木助は談志が持ち上げたからだと思うんですよね。そんなに凄い噺家だったとは思わないけどなぁ。

No title

*けんちゃん。。
藪さんでさえ圓生を忘れちゃう時代になりました。没後37年。今のミーハー落語ファンのほとんどは圓生を知らずに、先代圓楽がどうのこうのだなんてバカな事を云っている(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ