FC2ブログ

記事一覧

ラジオ体操


 東京地方の小学校では昨日で一学期が終り、今日から夏休みってのが一般的です。

ガキの皆さんは夏休みだって~とダレちゃって、朝寝坊になっちゃって生活のリズムが乱れがち。って事で町会が主体になって朝六時半からラジオ体操をやるのが普通です。

ちなみに藪さんローカルの町会でも、今日から8月1日まで路上でラジオ体操会をやります。藪さんが子供の頃からやってたのでその歴史はかなり古いです。

文京区の大塚公園がラジオ体操発祥の地とされています。他にも発祥の地を名乗る場所があるのですが、それはあくまでも夏休みだけのラジオ体操会であり、文京区のように年間を通して十ヶ所(今年から伝通院が一ヶ所増えました)で一年365日年中無休でラジオ体操会をやっているところは少ないと思います。

教育の森公園は、かつては教育大学があった場所です。現在は筑波学園都市に移転して筑波大学に名称を変更しました。通信教育の放送大学の拠点でもあります。

教育の森公園は文京区の防災広場にもなっています。災害弱者であるお年寄りがラジオ体操に参加するのは健康的で素晴らしい。ラジオ体操が終わったあとにお年寄りたちは茗荷谷のマックでお茶してます。ちなみに藪さんもロコモコを食ったりしてる(^ω^)

病院でたむろしているお年寄りよりもはるかに健康的だと思います(^∇^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年7月12日(水)午前六時半 教育の森公園

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
皆さんの笑い声も聞こえてきますね。
体を動かして、「笑う」
元気で長生きの秘訣かもしれませんね。 !(●⌒ー⌒●)!
朝食は朝マックやロコモコなんですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/096.png">
おっされ~。〃⌒ー⌒〃

No title

ごぶさたしております。
私の小学生時代は8月末日までラジオ体操をやってましたが、いつの間にか夏休みの途中で打ち切る所が増えてきたように思います。
そちらではお年寄りが朝マックですか。なんか不釣合いに思うのは私だけでしょうか?

ところで来週の月曜と火曜は大阪の天神祭で、地元の商店街には町会ごとのお神輿が展示されはじめました。
その展示場所には湯島と同様「天五町会」とか「天六町会」などと書かれています(大阪の天神橋は一丁目から八丁目まであります)。
大混雑にはウンザリしますが、それでも天神祭は楽しみにしています。

No title

*まーぶるさん。。
文京区のお年寄りは元気ですよ~(^∇^)

ラジオ体操が終わる時間は6時40分。そんな時間からやってる店はオールナイトでやってるマックくらいしかないんです。藪さんが最初に茗荷谷のマックへ入った時は驚きました。お客さんの半分は白い体操服を着たラジオ体操帰りのお年寄り(^∇^)

藪さんがマックの宣伝部だったら、絶対にその映像を使うな(^∇^)

No title

*進撃の阪堺さん。。
そうですね。以前は町内のラジオ体操は結構長くやっていて、「出」のハンコを知ってるおじさんにいっぱい押してもらってたりしました(^ω^)

近年では除夜の鐘がうるさいと中止しちゃうところもあるようで、朝6時半のラジオ体操にも苦情があるのかも知れません。町会の役員さんもボランティアでやっているので、夏休み中ずっとやるってのは無理があるのかも知れません。

お年寄りにだって社交場は必要です。朝早くからやってるところはマックくらいしかないんです。病院でさえ朝九時からですからね(^ω^)

大阪天満宮の夏祭りですね。たしか船で巡行する神輿もあったように思います(^∇^)

No title

ラジオ体操の第ニ、をもう10年以上はしてないな、とこれ見て気付きました。第二の個性的な伴奏の作曲は、団伊玖磨さんだそうです。平尾昌晃さんの訃報は急で驚きました。高齢で未聴の噺家さんは、間に合ううちに直に聞いとかなきゃと思案しちゃいました。円窓、伯楽、圓丈など。芸協は大勢いてたいへんです。

No title

*盆町子さん。。
ラジオ体操は何度も通ってればすぐに憶えますよ。近年では指導員の先生は、対面して体操がしやすいように左右反対にやってくれたりします。ラジオ体操をやってみると、若い頃のようには身体が動かなくなっている事を実感します(^ω^)

平尾さんは二十代後半で胸の病でサナトリウム(療養所)生活を強いられました。ダイアナのヒットで16歳で来日したポール・アンカに刺激されて、三歳年上の平尾さんはロカビリー三人男の中で唯一、自分で曲を作る事にしました。歳を取って自分ではロカビリーが歌えなくなったので、歌謡曲を作るようになりました。

盆町子さんは高座派のようですね。夏目漱石は三四郎と云う小説の中で、三代目 小さんと初代 圓遊の比較をしました(^ω^)

そして「小さんと同時代に生きている自分は幸せである。少し早くても遅く生まれても小さんを聴く事が出来なかった」と云う内容の事を書いています。

No title

*続き。。
漱石の時代には落語音源もビデオもありませんでした。だからこそ名人の落語を聴くにはその名人と同時代人である必要がありました。

でも今は違います。確かに高座を見るのとは違うんだけれども、600を超える素晴らしい志ん生音源が残っている。圓生や文楽や正蔵の素晴らしい映像もある。(誰かさんがチューブに上げている^^)

噺家には旬があると思います。高座で見るのなら旬の内じゃないともう遅い(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ