FC2ブログ

記事一覧

皇居の白鳥


 日本列島を縦断した台風18号。九州、四国、本州、北海道のすべてに上陸した台風は、これが初めてらしい。

ところで、白鳥と云うのは渡り鳥。冬場になるとシベリアの池は凍ってしまってエサを獲る事が出来ないので、凍らない池や湖のある日本列島に渡ってくる。冬に渡ってくるので冬鳥と云う。一方、ツバメのように夏場に日本に来る渡り鳥を夏鳥と云う。

白鳥は渡り鳥とは云え、環境のいい場所があれば日本の湖沼に居付きます。藪さんが実際に確認した事がある居付き白鳥は、芦ノ湖の元箱根湾の西側の奥にある通称白鳥ワンド。山中湖の東側の平野ワンドです。

芦ノ湖や山中湖の白鳥は、自然に飛来したものが年間を通して居着いて子育てをしています。もう一つ有名なのが皇居の白鳥です。

残念ながら皇居の白鳥は自然に飛来したものではなく、当初は昭和20年代に上野動物園などから20羽程度を放鳥したらしい。白鳥は渡り鳥ですから人間の思惑に反してどっかへ飛んで行ってしまいます。

そこで飛べないように主翼を切って放鳥したらしい。藪さんはそれには猛烈に抗議する。人間の身勝手で自然を捻じ曲げるんじゃない。

動植物にご造詣の深かった昭和天皇が、何故そのような暴挙をお許しになったのか、藪さんには疑問です。おそらくバカな宮内庁が陛下には報告していなかったんだと思います。陛下なら不自然な白鳥が皇居のお壕にいるのを許すはずがない。

 撮影データ・・・平成29(2017)年9月18日(月)午前六時前 皇居大手門

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
月曜日は台風一過で風が強かったですね。
葉っぱがザワザワ音をたて、水面も風でゆらゆら。
白鳥さんは風を避けるようにお堀の隅で
毛繕いをしてますね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

Σ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
飛べないように主翼を切って放鳥したなんて・・・
惨いですね。(=`ω´=) ム!

No title

鳥の羽を切る行為は、今でもアチコチで行われているのでは無いでしょうか?
逃げない様にとの事なのでしょうが……。

No title

醜いアヒルの子がせっかく美しい白鳥になったのに飛べない白鳥って悲しいです。
白鳥はなんだか悲劇が付きまとっているような・・・
オデット姫も牧水の歌も何か悲しいです。"(-""-)"

No title

*まーぶるさん。。
藪さんローカルも朝のうちは風が強かった。ビルの谷間に流れる風は速度が増幅されるので、シビックセンターやドームの谷間風を抜けるのに一苦労します。ドームシティまで行った時にあまりにも強い風なので、取材を断念しようかと思ったくらいです。

さすがに台風の余波が残っているので、皇居ランナーはほとんどいなくて散歩をしている人の方が多かった。もしかしたら地下鉄に遅れが出ていたのかも知れません。

人間は自然界を捻じ曲げてはいけないと云うのが、藪さんの基本的な考え方です。皇居のお堀は芦ノ湖や山中湖とは違って白鳥が子育てをしたい場所ではありません。白鳥をペットにしてはいけません。

まーぶるさんは山中湖の南部の旭ヶ丘地区の白鳥を以前に取材なさいましたが、山中湖に居着いている白鳥は物凄く元気です。オオハクチョウは羽根を広げると2メートル以上にもなる猛獣です。可愛いからって手を出すのは危険。噛み付かれます。特に初夏に子育て中の白鳥は危険。下手に近付くと追い掛けられます(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
バート・ランカスターのドクターモローの島じゃないけれども、自然に逆らったら必ずしっぺ返しがあると思います。

普通に生きて普通に死ぬのが一番幸せなんだと思います。細胞をどうのこうのしてまで藪さんは生き続けたくない。その意味では藪さんは、よく判らないけどエホバの証人なんだよね(^ω^)

No title

*安寿先生。。
白鳥と云うと、藪さんは「ニルスの冒険」ってのを思い出します。風船おじさんじゃないけれど、ニルスと云う子供が白鳥の足につかまってどっかへ飛んで行っちゃった。そのあとどうなったのかは憶えてません(^ω^)

No title

> 藪井竹庵さん
「ニルスの不思議な旅」でラップランドなる地名を知りました。
小人から元に戻ってメデタシメデタシでした~。ヽ(^o^)丿

No title

*安寿先生。。
ニルスの物語はよく覚えてませんが、母上が入学前の藪さんに読んでくれたんだと思います。少年ケニアとかキップリングのジャングルブックに藪少年は憧れました(^∇^)

ムーミンもそうですが、日本との関連性が低い北欧って子供にとっては夢の国ですね(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ