FC2ブログ

記事一覧

バハマママ


 なんじゃそりゃ? ってお思いでしょうが、近年では「ドラえもん音頭」などと共に子供たちがノリノリで踊っている盆踊りの曲で~す(^∇^)

盆踊りの楽しさを分析してみると、老若男女が同じ「振り」で少しずつ前進しながら踊る事ではなかろうか。藪さんが小学生時代には、体育の時間に「オクラホマ・ミキサー」だとか「藁の中の七面鳥」などの幾つかのフォークダンスの組み踊りを体育の授業として踊らされました。

フォークダンスが盆踊りと違う点は、多くが男女の組み踊りであり、盆踊りや多くのディスコダンスのように、一人踊りではないので「振り」を間違えられない事です。盆踊りの場合は一人踊りなので、多少振りが違っていても誰にも咎められないのがいい点です。

藪さんは社会人になってからは毎週のようにディスコへ行ってました。当時のディスコにはいろんな料金体系があって、新宿の歌舞伎町にあったカンタベリー・ハウスのように、タイムカード式ってのもありました。

入場時にタイムカードを押し、帰る時にタイムカードを押して、何時間いたかで料金を払うシステム。駐車場の料金スタイルを応用したものと思われます。

先輩に連れられて高級ディスコへも行きましたが、藪さんが仲間と行ったディスコは若者がいっぱい集まる低級ディスコ。いちいち注文した食い物とか飲み物をチェックしていたら、店員の数を増やさなくてはならないので、呑み放題食い放題のバイキングスタイルのタイムカード方式でした。

藪さんはディスコへ踊りに行ったんじゃなくて飲みに行ったんです。二時間ってのが最低料金だったので、二時間以内にオールドのボトルを一人一本以上飲んでました。赤提灯へ行くより安かったので、「ディスコへ飲みに行くか?」って出かけてました(^ω^)

ディスコで踊っている連中がバカに見えましたよ。経営者に踊らされて時間が経つほど金を取られる。藪さんのグループは踊りなんかまったくやらずに、ディスコに入ったらすぐにウィスキーのがぶ飲みを始めました。二時間二千円だったので、踊る暇なく時間を気にしながら飲んでばっかり。相当のアル中だね(^ω^)

もちろん腹ごなしに踊ったりもしました。藪さんがやったのはディスコダンスのオリジナルのプレスリーダンスです。プレスリーが歌いながら踊った事により、当時は卑猥だと云われて攻撃されたりましたが、20年も経過すると音楽に合わせて踊ると云う事が市民権を得たんです。

で、バハマママってのは盆踊りの最初の英語曲ではなかろうかと思います。歌詞を全部出すと著作権法に違反するので、藪さんが適当に斜め訳をしますと・・・

バハマ母ちゃんは街で一番でかい家を持ってたんだが、問題多発。6人の娘がいたんだが誰も結婚してない。ゴタゴタだらけ。何と一人のトンチキな男が6本のバラを持ってやってきた。6人は映画女優のように見えたんだが・・・(藪適当意訳^^)

まあそう云う内容の歌詞だとは思って踊ってる訳じゃないと思うが、楽しけれりゃいいジャンってのが盆踊りなんだよね(^∇^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年9月18日(月)午後6時 白山神社

コメント

No title

音に誘われて出かけてみるとついつい踊りだしてしまうのが盆踊り。薄暗いのではっきり顔が見えないのが嬉しいです。
今日は遅くなってから雨とか?盆踊りちょっと心配ですね。(^^♪

No title

おはようございます。(*^-^*)
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
子供達がノリノリで踊れて楽しければ良いと思います。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
二時間以内にオールドのボトルを一人一本以上は・・・
ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!
確かに赤ちょうちんよりは安いですけど~。
都内のディスコは華やかでしたよね。ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆

No title

ディスコですか! 若い頃に何度か行った事があります。慣れた同僚に連れて行かれました。確か六本木のディスコでした。(^^)

No title

*安寿先生。。
盆踊りっていつの時代からやってたのかは知りませんが、もしかしたら、天照大神が雨の岩戸にお隠れになった時に、芸能の神様と云われている、アメノウズメノミコトがストリップダンスをやった事が起源なのかも知れませんね(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
まあ、20代の藪さんは、お新香一皿もあれば、二時間でボトル一本くらい飲んじゃいましたよ。でも今はアルコールで肝臓を壊さない事を勉強したので、そんな馬鹿な呑み方はしません。

肝臓のアルコール分解酵素がアルコールを分解するには時間が掛かるんです。その時間を超えて酒を呑んだら確実に肝臓を壊して肝硬変とか肝臓がんで死にます。藪さんはアルコールに付いて勉強したから今だに死なないんです(^∇^)

あのディスコの時代。藪さんはディスコなんかに惑わされずに、もっと真剣に仕事に取り組んでいれば良かったなと思います。藪さんて信じられないかも知れませんが、メチャクチャ真面目人間なんですよ(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんは六本木のディスコにも行きましたが、単に踊ってるなんざバカらしいと思ってるので、六本木の交差点のアマンドの対面にあったビルの地下にあった、ミスター・ジェイムスと云うカントリー音楽のライブハウスにはよく行きました。

最初に連れて行ってもらったのは、直木賞作家の東理夫さんでした。テリーと云っていた寺本圭一さんのライブも見ました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ