FC2ブログ

記事一覧

ニュータウン


 「ニュータウン」と云うのは、計画を持って作られた「新しい街」と云う意味であろう。藪さんがまず第一に思い浮かぶのが多摩ニュータウンだ。

昭和30年代の高度経済成長期には、「もはや戦後ではない」の合言葉と共に、昭和33年にはアジアスポーツ大会が開催され、同年12月には東京タワーが開業した。子供の頃の藪さんは二時間待ちで展望台まで行きました(^∇^)

昭和39年には東京オリンピックが開催されたので、首都高速道路や新幹線をオリンピックに間に合わせる為に突貫工事で作り上げた。

当然ながら建設特需となり、東京で建設労働者になれば、地方で農業なんかやってるよりよっぽど金が稼げた。東京への一極集中化の始まりとも云えますが、その動きは350年前の家康の江戸城入場に似ています。

つまり家康は江戸と云う武蔵野の荒地に、戦乱の世の中を終らせて秀吉に真似て大阪堺のような商業を中心にした新興都市を作ったんです。つまりニュータウンですね(^∇^)

東京23区と云う狭い地域には、新規に東京へ流入した人たちの住宅を作れないので、かつては北多摩郡、南多摩郡、西多摩郡と云う地名だった都心部の西側の武蔵野地区に、多摩ニュータウンと云ういわゆる団地と云うスタイルのアパート群を作ったのです。

「東京音頭」と云うのは、作詞西條八十・作曲中山晋平で、昭和7年に丸の内音頭として作られた、東京の盆踊りの定番曲です。しかし戦前の東京の風景と、高度経済成長を遂げた東京の姿は違うだろうって事で、当時の東京12チャンネル(現テレビ東京)の開局15周年を記念して歌詞を募集して1979年に作られたのが「大東京音頭」。

今から38年前に作られた歌詞なので、今の東京の現状とはかなり違いますね。そろそろ時代に即した「新東京音頭」を作る時期に来ているのかも知れません。

「大東京音頭」の歌詞にある♪昔武蔵野 今ニュータウン・・・と云ってるのは多摩ニュータウンの事なんですが、当時の入居者は高齢化してしまい、誰も住んでいなくてゴーストタウン化している地区もあると聞きます。

都心部には広いキャンパスを作れない大学が多摩地区に移転して、学生が入居する事によって辛うじてゴーストタウン化を防いでいるとも聞きます(^ω^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年9月18日(月)午後7時過ぎ 白山神社

コメント

No title

多摩ニュータウンでは高齢化、千葉ニュータウンは規模の縮小となって、必ずしも成功とは言えない状況だと思います。
まあ、我が街も年寄りばかりでして、他の地域の事は言えないのですが……すぐ傍の北千住は大学もやってきて若者で溢れていますけど……(^^)

No title

多摩ニュータウンの住民(高齢者が多い)はすでに買い物難民化しているそうです。
広すぎて、クルマがないと動き回れないのです。

No title

おはようございます。(*^-^*)
櫓の輝きとしなやかに踊る姿が良いですね。
+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆
盆踊りでも激しい踊りもありますが、
しなやかさが綺麗だと思います。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
時代が変わっても昔ながらの「東京音頭」や「大東京音頭」が良いと思います。(*′艸`)

No title

お江戸の繁盛に反して近郊の農村の人口減少は半端じゃなかったようです。
二宮尊徳さんの小田原でも田んぼを耕す人が減ったと聞いております。
横浜若葉台を枯れ葉台なんて追う人もいます。(^_-)-☆

No title

*菖蒲園さん。。
ニュータウンと云えば、新宿なんてのはそもそも新しい宿で江戸の西の外れの内藤氏の敷地だった訳で、今は新宿御苑になってますが新宿は武蔵野の入口でした。

新宿や渋谷や池袋を始発とする私鉄ができて、東京が西方向へ発展しました。私鉄沿線に分譲住宅ができて、少ない通勤時間で過密する都心部よりも空気のきれいな広い場所で生活できると云うメリットがありました。埼玉県との県境の高島平にも大きな団地ができて、どう云う訳か、飛び降り自殺の名所になりました(^ω^)

藪さんが良く知っていた30年位前の北千住は、西口にはショッピングモールなどもできて新しい郊外の街を感じさせましたが、東口の開発は遅れていたように思います。昔はコツと云った千住も、今じゃ大都市の仲間入り・・・なんてのを、今の噺家はマクラで使ってるんですかねぇ(^ω^)

No title

*けんちゃん。。
新しく街を作るってのはそれなりに難しくて、職場への交通の便もさる事ながら、年月の経過に伴ったそれぞれの計画が重要です。

新婚夫婦が主な入居者だった場合は、数年以内には、歩いて行ける場所に子供の人数をカバーする保育園や幼稚園や小学校を作る必要があります。入れ物を作るだけではなく必要な人数の保母さんや初等教育の先生を確保する必要があります。

だからと云ってそれらの施設が十年以上必要なのかと云うとそうじゃない。何故なら、ニュータウンの入居者と云うのは、そこにずっと住み続けて世代交代する訳ではないと思うからです。

つまり自分が住んでいる多摩ニュータウンに愛着を持ってないんです。地元の祭りや盆踊りがあってもほとんど参加しないでしょうね。でも藪さんやローカルの人たちは違います。自分が生まれ育った小石川に愛着を持っていて、他の場所に住もうなんで思わないんです(^∇^)

No title

*まーぶるさん。。
白山神社のスペースは狭いので、櫓の周りの盆踊りの輪が乱れないように一メール間隔くらいガムテープを貼って輪にしてあるのですが、夜になるとそんなの暗くて見えないから、藪さんが疲れてクタクタになって取材していた、7時半頃には五重くらいの輪ができてました(^∇^)

東京の下町の盆踊りってのは、かつては狭い空き地でやっていたので、踊りの手が多少触れ合っても構わないと云う暗黙の了解があるんです。だから踊りが上手い人は、ゆる~く手を伸ばしてます。藪さんは観察魔ですから、そう云うところをちゃんとチェックしてます(^∇^)

盆踊りの曲ってほとんどが心ウキウキする、メジャーコード(長調和音)の曲で、マイナーコード(短調和音)の曲ってほとんどありません。

藪さんが最近の盆踊りを取材していて寂しいなと思うのは、藪さんが子供の頃に何度もやっていたペギー葉山さんの「南国土佐をあとにして」と云う曲をまったくやらなくなってしまった事です。盆踊りと云うと藪さんの思いいれは東京音頭じゃなくて南国・・・なんです(^∇^)

No title

*安寿先生。。
何度も申し上げてますが、少なくとも藪さんローカルの小石川や白山、更には谷根千地区には、銀座や浅草で失われてしまった東京の下町情緒が残ってるんです。

藪さんローカルなんかJRの駅が一つもないし、デパートもなく繁華街と云えば、夜遅くまではやってない夕方までの東京ドームシティくらいしかありません。ちなみに午前零時の東京ドームの状況を藪さんはゲスブに動画を貼ってます。藪さん以外には誰もいないんです(^ω^)

藪さんはうるさいのが嫌いだから、祭りの時以外はほとんど人がいない、播磨坂や白山神社や根津神社や湯島天神が大好きです。祭りの時には確かに人は集まるけどそれ以外の時は、過疎の町です。

でも近年藪さんが気に病んでいるのは、シビックセンターの北側の白山通り沿いがどんどん取り壊されて大きな集合住宅が作られている事なんです。神保町の南側にはオフィスビルが作られちゃって、日曜日の夕方なんか誰もいないゴーストタウン化しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ