FC2ブログ

記事一覧

ピコ太郎と祭り


 ピコ太郎とはなんじゃいな? 2016年に「ペン・パイナポー・アポー・ペン(PPAP)」と云う訳の判らない歌入り踊りでブレークしたらしい。

ヒョウ柄の変な衣装にマフラーとパンチパーマとめがね。細いドジョウひげをマジックで描いている。どう考えても怪しいオッサン。186センチと云う長身から繰り出すゆったりとしたシンプルな踊りは。どう云う訳か子供には大受けする。

トニー谷をパクったような感じでどうせポット出の一発屋だろうと思って藪さんは関心がなかったのだが、ピコ太郎の衣装ではなく古坂大魔王(本名=小坂和仁)と云う芸名で、シンセサイザーによるサウンド作りの薀蓄を聞いた時には、なるほど、こいつは只者ではないと思いました。

ずっとお笑い関係の三流タレントとしてやって来たのですが、当然ながら時代と合致しチャンスを掴まなければ売れない。音楽的な事をやってた時に談志の目に留まり、「お前のそれはいい。いつか売れるぞ」と云われて頑張ったらしい。

そして誰も売れるとは思ってなかったPPAPの動画を10万円で作ってチューブに上げたら、大ブレークした。藪さんも今年になって初めて見たが、なかなか面白い。45秒と云う短さが雑妙の長さなんだ。あれ以上余計な事をやって長くするとドンドン詰らなくなる。

で、田町と中真砂の合同神輿の渡御を取り巻いていたコスプレ連中の中に、ピコ太郎のコスプレがいた。最初右手に持ってるパイナップルが刺さっている棒は何かと思ったのだか、リンゴも刺さってる。つまり、PPAPのコスプレグッズなんですね(^ω^)

おそらく原宿あたりのコスプレ屋へ行くと、ピコ太郎のヒョウ柄の衣装やPPAPの棒を売ってるのかも知れません。藪さんがこのコスプレイヤーに好感が持てたのは、神輿をタダ見ている子供たちを楽しませていた事。祭りの定番である白い地下足袋を履いていた事。更に洒落ていたのは着ていた半纏。あの背中のマークは東京オリンピックの図柄です。

藪さんはこの神輿の渡御を百鬼夜行と称しましたが、好感が持てたのは、いろんなコスプレイヤーたちは神輿を担いだりせずに、見物人を楽しませていた事です。

考えてみると伝統の祭りだなんて云っても、それって過去のものなんですよね。それがスムーズに子供たちに受け継がれて行くのならいいけれど、おっさんがフンドシでけつめた出して神輿を担いでいる姿って、どう思うんだろうか?

40年くらい前に亡くなってしまった志ん生や圓生の落語って、もはや残された音源や映像でしか再現できません。落語もそうなんですが今の祭りって、子供たちにとってはライブの祭りが重要なんですよね。だからこそ、伝統的な神輿も重要だけれども、子供たちに出来るだけ祭りの面白さを判らせようとしているこの地区の神輿渡御は、他ではやっていないけれども素晴らしいと藪さんは思いました。

 撮影データ・・・平成29(2017)年9月23年(土)午後六時半過ぎ 本郷四丁目清和公園下

コメント

No title

こんばんは。(*^-^*)
先頭はパイナポーですね。(*′艸`)
花札マンにお子ちゃまに大人気の「ミニオンズ」の被り物。
コスプレも楽しめるお祭りなんですね。(*⌒▽⌒*)
半被にフンドシはカッコイ~と思ってますが、
お子様たちから見ると
PPAPの方が親近感があるのでしょうね。(*´pq`)クスッ

No title

ピコ太郎さんだけでなく、談志家元はいち早く初期のたけしさんや、爆笑問題の才能を評価してました。稀代の見巧者であったと思います!家元はイロイロやったけど映画監督にだけは手を出さなかった。一本くらい撮っても良かったと思います。

No title

*まーぶるさん。。
藪さんの虎の穴(虎穴に入らずんば虎子を得ず=試してないので知らない事)は、アニメや漫画なんです。藪さんが子供の頃にはまだアニメがなかったので、テレビの少年ジェットや月光仮面はすべて実写版でした。その後鉄腕アトムのアニメが放映されましたが、まったく興味が湧かなかった。

空飛ぶ円盤を吊っている釣り糸が見えている方が楽しい(^∇^)

もちろん今の子供たちは、藪さんがあの頃楽しいと思った事とは違うんです。ルミホタルとかケミホタルと云う、化学物質を使った発光体なんか藪さんの時代にはなかった。でも今は、お婆さんでさえケミホタルを耳たぶに付けている(^ω^)

藪さんはこれまでに何度も祭りの取材をしてきましたが、こんなにぶっ飛んだ祭りは初めて見ました。しかも本郷と云う地元なんで、来年は優先的に取材したいです(^∇^)

No title

*盆町子さん。。
昭和11(1936)年1月2日生まれの談志は、昭和27(1952)年の16歳の時に高校を中退して、当時小さんを襲名したばかりの文楽の預かり弟子だった37歳だった頃の小さんに入門します。

入門が五年後輩で二歳年下の志ん朝に、半年前に真打ちになられてしまって、その半年間は志ん朝を兄さんと呼ばなくてはならなかった。それが談志の生涯のトラウマになったと思います。

でもしょうがない。戦後昭和の大師匠の志ん生や文楽や圓生や正蔵には、強力な弟子がいて、自分の師匠の小さんはまだ若かったから、真打ち昇進が後れたと云う事が、小さんとの不和になったのかも知れません。

No title

(*´▽`)ノ ・゜:*:゜★こんばんわ~☆・゜:*:゜
お疲れ様です。( ^^) _U チュウハイドウゾ
「ケミホタル」とは何ぞや??と思って検索したら
光る釣り具なんですね。(*′艸`)

藪さんローカルのお婆さん達はおされ~。(*⌒▽⌒*)
まだまだ若者に負けない活気がありますね。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

*まーぶるさん。。
ケミホタルと云うのは、イカなどの明かりが好きな魚用に、夜釣りの時に仕掛けに付けて集魚用として使ってました。細長いプラスチックの中に二種類の薬品が入っていて、外側のプラスチックをポキっと折ると薬品が混合して青、赤、黄色、緑の蛍光色を二時間ほど発色するものでした。

30年ほど前からは、盆踊りの時の子供たちの腕輪として縁日で売られるようになりました。その商品名はルミカライトになっているはずです。百円ショップでも売ってますが、いろんなサイズがあって各色を繋げて長くする事も可能です。

今回初めて見たのは、お婆さんがピアスのように小さなルミカライトを耳たぶに付けていたんです。盆踊りを見てもそうなんですが、祭りってのは歌舞伎の語源と云われている「傾く(かぶく)」世界なんでしょうね。

だから男たちが矢鱈とTバックのフンドシをして、お尻の頬っぺたを見せたがる(´,_ゝ`)プッ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ