FC2ブログ

記事一覧

一葉忌


 文京区は「文の京(ふみのみやこ)」と云うくらいですから、明治期にはたくさんの文人が住んでおりました。ですからその住居跡などの史跡がたくさん残っています。

24歳半で若くして亡くなった樋口一葉(明治5年3月25日~明治29年11月23日)もその一人です。一葉と云ったら本郷菊坂が有名で、このブログでも何度も取り上げておりますが、一葉が使った井戸だとか、貧乏だった一葉が通った質屋の蔵が史跡として残っています。

一葉記念館は台東区千束(浅草)にあって様々な遺品が展示されてますが、121年前の11月23日に亡くなったのは、菊坂に近い文京区(戦前は本郷區)の丸山福山町(現在の文京区西片町)でした。

現在の西片町には、洋服チェーン店さんの敷地に文京区教育委員会が建てた樋口一葉終焉の地の碑があります。毎年11月23日の一葉忌の前になりますと、献花がされています。

これはかなりマイナーな地元情報ですので、ほとんどの方はご存知ないと思います。かく云う藪さんも、隣にあるAEON系のまいばすけっとと云うコンビニスーパーに数年前に缶チューハイを買いに行った時に、何でこんなところに花が飾ってあるんだろうと思って調べて、初めて知りました。

地元民しか知らない事っていっぱいあるんですねぇ。ブログってのは、どっか有名なところに観光に行って誰でも記事にするような事を書くんじゃなくて、自分しか知らないような事を記事にしてこそ、オンリーワンの価値があるんじゃないでしょうかねぇ(^ω^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年11月26日(日)午前七時前 白山通り西片町

コメント

No title

ご無沙汰しています。
お元気でなによりです。
昨年、吉原近くの一葉記念館に行ってきました。
わずか9か月、吉原近くで荒物・駄菓子屋を開業した経験を経て、ここに転居して、1年あまりの間に「大つごもり」「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」を一気に書いて亡くなりました。まだ、筆で原稿用紙に書いていた時代です。達筆でした。
啄木忌は、よく行きます。区長の献花を職員が確認に訪れるようでなんとも、こういう町会の献花が、一葉忌に合います。
寂しい葬列は丸山福山町から本郷を上り、谷中を下り、日ぐらしの火葬場で煙となり築地本願寺に葬られ、
法名は智相院釈妙葉信女。
斎藤緑雨は通夜、”霰降る田町に太鼓聞く夜かな”
と、詠んでいます。

No title

業務スーパー(^_^)/

アルコール、ノンアル、水など
飲料がめちゃめちゃ安いですよー
神田店にはお弁当やおにぎりも
あります‥お味は……

(・∀・)イイネ!!

No title

ラジオ体操の後、、一葉の碑、私も知りませんでした。
菊坂にある、住居後、井戸などはよくしっています〜、細い路地一本手前の細い路地に入った所に家族四人と、犬1匹で暮らしていました、一年間でした、「私の大嫌いなチュー太郎🐀」がシソかに現れ、お風呂場で、私が気がつく前に主人が囮、お風呂場に夜遅く、🍤エビフライの尻尾を仕掛けた、私には内緒でです。
その後確信を持って一戸建ての貸家大屋さん(知り合い)相談して、お風呂場大改装。やはり古い家、夜中に壁をガリガリ❗
耐えられなくなり、引っ越し、今度は家を買う❗埼玉でした。

No title

八代目桂文楽の黒門町の自宅は、文楽師匠が住む前は、樋口一葉が住んでいたとか。そして、何度も10数回転宅なさったと聞いております。
黒門町のお宅跡は空き地で、草が生えている状態ですが、都で買い上げて二人の石碑を建てては、と、黒門町最後の弟子・小満ん師匠が仰っていました。
小池都知事!人気取りに是非一考!

No title

この碑といい、かの質屋さん、浅草の記念館といい一葉ファンには必見の場所ですね。
一葉日記を読み込んで住んでいた場所を訪ねる文学散歩なんてあるようですね。

No title

こんばんは。(*^-^*)
以前の記事を覚えてます。
あの時もそうでしたが、美しいお花が供えられていましたね。
毎年忘れられることなく・・・
皆さんのお優しさに樋口一葉さんも
喜んでいらっしゃるでしょうね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

(o・。・o)あっ
寒さ対策に「ワークマン」の衣類があったかいそうです。
外で働く方に為に作られているので
ストレッチ性も良く動きやすいそうです。
近所のおじさんはワークマンのジャンバーを
ゴルフウエアーにしてるそうです。(*′艸`)
寒い中、ご取材お疲れ様でした。(^_-)-☆

No title

*十二六さん。。
一葉忌の前になると、記念館の付近の歩道には「一葉忌」の幟が何本も立ちますね。

一葉は短い人生でしたが、志ん生もビックリするほど転居を繰り返しているんですよね。志ん生の場合は家賃や借金が払えないんで夜逃げでしたが(^ω^)

藪さんは読んだ事はありませんが、安寿先生は一葉の日記が面白いと仰ってましたね。

啄木も26歳の早死にでしたが、昭和22年に文京区に合併する前の本郷區の菊坂町や小石川區の久堅町に転々と住んでましたね。

写真撮影をしていないのでちょっと記憶が定かではないのですが、湯島天神が春日通りの切通しに面しているところは駐車場になってます。そこの敷地の坂上の方に、啄木が本郷から上野広小路の新聞社に通う時に、毎日この切通しを歩いて通ったと云う説明パネルがあったと思います。

今度湯島天神の取材に行った時に、忘れなければその説明パネルを写真撮影しておきます(^∇^)

No title

*盆町子さん。。
夕方の情報番組でやってたのですが、業務用とは云え客の9割が一般客らしい。牛乳の一リッターパックにプリンや珈琲ゼリーを入れたのを売っている。プロの店と云っているハナマサでさえ、一キロの焼きそばやサラダの一キロ袋は売ってるが、そんなモノは売ってない。

藪さんは買わないけど、人気スーパーにはどう云う品物が置かれているのかを見て回るのが好きなんです。神田店の方が近そうかな。とにかく体調の折り合いが付いたら見に行ってみます(^∇^)

No title

*ななくささん。。
以前の一葉終焉の地の碑は、子供の頃に阿部様の坂と云っていた、旧町名の丸山福山町から登っていく急坂にあった阿部邸が台風で崩れた時に一葉の碑は埋まってしまったらしい。

それで文京区教育委員会が新たに洋服のコナカの敷地を借りて白山通りに作ったらしい。まだ新しいから作られてから十年くらいなのかも知れません。

ウチなんかは子供の頃は乾物屋でしたからネズミの住処(すみか)でした。夜寝る時には毎日天井でネズミが運動会をやってました(^ω^)

No title

*Marsさん。。
そうですね。一葉も上野黒門町に住んだ事があるとか。今とは違って昔は、借家もそうだけど布団やその他の荷物はほとんど損料屋からの借り物だったのではなかろうかと思います。だから手ぶらで簡単に引越しができちゃったんじゃないですかねぇ。

江戸の庶民と云うのはほとんどが地方からの出身者ですから、金を持ってる商人を除くと長屋住まいでしたから、明治になっても自分の家を持つと云う意識は庶民にはなかったんでしょうねぇ。

No title

*安寿先生。。
そうなんですけれど現在の町名は、本郷1~7丁目になっちゃっていて、旧町名が判るのはお祭り時の半纏くらいです。弓町ってどこだって事になりますが現在の本郷一丁目で、白山通りのドームから壱岐坂を登った途中までの事です。

菊坂にある菊坂コロッケには、そこの店主が作った史跡めぐりの地図が置いてあって、B4版一枚の用紙ですが、確か二百円で売ってます(^ω^)

No title

*まーぶるさん。。
一葉が亡くなったのは121年前。しかも一葉が亡くなったのはこの碑がある場所ではありません。何故なら藪さんが子供の頃の白山通りは、今の半分くらいの広さしかなかった。

都電の廃止と共に道路を広げたんです。ツバメのお宿のご主人のお店もその時の立退きでなくなりました。一葉終焉の地の碑は、同じ丸山福山町ではあるのですがもっと東側の急坂の途中にあったのですが、台風で家が崩れて埋もれちゃったので、教育委員会が新たに白山通りに面したところに作ったのです。

いつ作ったのかは調べても判らなかったのですが、まだ新しいので十年ちょっと前くらいじゃないでしょうか。

No title

*まーぶるさん2。。
ああそうですね。吉幾三がCM曲を歌ってたと思いますが、♪やる気 ワクワク ワークマン・・・ですね。

霞ヶ浦をバスボートで百キロで飛ばす時に着ていた釣り用の防寒つなぎがあって、それなら風や雨や雪でもへっちゃらなんですが、スキーのジャンパーが着ているようなウエアですので、電チャリを漕ぐ小回りは利きません(^ω^)

No title

文京区は昔ながらの情緒あふれるところが多いです
公園も多いし、地元オンリーワンの情報も参考になります
湯島に住んで万世橋に勤めていた時があったので寄る年波で懐かしさが募ります
金のないときの散歩は湯島から湯島天神、不忍池、根津神社を廻って帰ってきます
秋葉原も近いので良く行きました
帰りは御茶の水、水道橋、順天堂大、本郷と通って寮に戻ります
寮の飯は必ずありますから安心して帰れます^^
本郷界隈、湯島界隈は知っているつもりでも藪さんの記事を読んで知ることが多いです

No title

*右近さん。。
文京区は江戸城のお膝元と云う事もあって、大大名の屋敷の跡地が公園などになって残っているので、緑が多いです。

水戸藩の屋敷は小石川後楽園。五代将軍綱吉が将軍になる前に住んでいた白山御殿は、小石川植物園。加賀藩の屋敷は東京大学本郷キャンパス。柳沢吉保の屋敷が六義園。細川邸が新江戸川公園。千駄木の須藤公園や湯島の旧岩崎邸も大名屋敷跡です。

徳川家が庇護した神社仏閣も広大な敷地を有してます。護国寺や伝通院、根津神社もそうですね。だから都心にありながら大規模な開発が出来ないので、古い江戸情緒が残ってます。

東京大学の敷地は国の所有だと思いますが、あれを売ったら東京オリンピックなんか簡単にできちゃう財源になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ