FC2ブログ

記事一覧

新嘗祭奉納餅搗き大会


 藪さんローカルでは毎年12月第一週の日曜日に、地元のお寺で町会が餅搗き大会をやってます。子供のためのイベントで縁日的な店も出して風船を子供に配ったりしてます。

今年も12月3日の日曜日に地元の寺の是照院(ぜしょういん=圓朝のお兄さんが住職をやっていた事もある)の境内でやったのですが、どう云う訳か藪さんはいつもこの時期になると体調が悪くなっちゃってまだ一度も取材をした事がありません。

と云う事でまたまた三年前の靖國神社の餅搗き大会の取材記事(^∇^)

11月23日は勤労感謝の日の祝日です。つまり、働いている人に感謝をする日って事なんだと思います。でも考えてみると、働いていない人っているんだろうか? ちなみに藪さんは遊び人だから働いていない(^ω^)

肉体労働者とか営業社員だけが働いてるんじゃありません。子供だって奉公に行って働いているし・・・今はどう云う訳か子供は働いちゃいけないって事になってますが、そりゃ変だろう。

藪さんのウチは乾物屋だったから、12月に入ったら昆布巻きを作ったり、乾物屋の暮れは何かと忙しくて、藪さんは店の手伝いをしてました。

世間では仕事納めだなんて云ってる28日以降は、両親はほとんど徹夜で働いているような状態でした。新巻鮭のような正月用の食品が入荷しますので、店の外の道路にまで商品を並べます。

小学生の藪さんが主に任されたのは豆屋です。黒豆や小豆や大豆やうずら豆を一合升や五合升で量って店の外の道路で売る豆屋の店長です(^∇^)

客から重箱を預かって、お任せでお節料理を詰めて翌日に渡すって事もやってましたから、毎年30日と31日の夜は徹夜で重箱詰めをやってました。日中の忙しい時に重箱詰めのような時間の掛かる面倒臭い事はやってられませんから、どうしたって閉店後の作業になるんです。

大晦日の深夜に詰めた重箱を客が元日の朝に取りに来ますので、元日の午前中は店を開けておかなくてはなりませんでした。だから藪さんは子供の頃に紅白を見たり、親に初詣でに連れて行ってもらった事なんか一度もなかった。

藪さんが今あるのは、両親の勤労のおかげである。だから両親の勤労に感謝しなければ、藪さんは人間じゃない。

いけね。また飲み屋のヨタ話になっちゃった(^ω^)

まあそう云う事で、靖國神社で23日の10時からやる新嘗祭の取材に行ったら、本殿区域の道路の下で餅つき大会を威勢よくやってましたので撮影しました。

このあとまだ10時前だったので骨董市の取材をして、そのあと神職たちが例の木靴でズチャラズチャラと拝殿へ向かい本殿へ入って行きましたが、本殿内は一般公開されてないのでマスコミのカメラも来てませんでした。

 撮影データ・・・平成26(2014)年11月23日(日)午前9時過ぎ 靖國神社

コメント

No title

意外と知られていなくて、私も知らなかったのですが、靖国神社には明治維新の時の幕府軍の戦死者や西郷隆盛は祀られていないのですね。やはり賊軍と言う事なんですね。
知りませんでした。ならばA級戦犯の事も何とか出来そうですがねえ……無理なんでしょうか? (^^)

No title

こんにちは。(*^-^*)
お豆屋さんの店長さんだったのですね。
可愛い店長さんでご商売も繁盛したでしょうね。
o(*⌒―⌒*)oにこっ♪
(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
今は撮影禁止になっている拝殿。
貴重な映像です。

ご利益がありそうなお餅ですね。 !(●⌒ー⌒●)!

No title

*菖蒲園さん。。
靖國神社は明治天皇が命名したのですが、当初は東京招魂社と云う名前でした。表参道の中央にある大村益次郎の銅像が有名ですが、大村は官軍の司令官で東京招魂社の場所を選定した人です。残念ながら東京招魂社が出来る前に暗殺されてしまいました。

西郷隆盛は公家の岩倉具視と共に江戸城無血開城を行った官軍側の将軍だったのですが、明治になっても庶民の生活は良くならないと云う声に押されて最後に明治政府に反旗を翻したので賊軍になりました。上野の西郷さんの銅像はまっすぐ薩摩藩の鹿児島に向いてます。

大村益次郎の銅像は、左半身になって上野の方を見ています。それは上野の西郷さんの銅像を見ているんだと云うのが都市伝説です(^∇^)

A級とかB級ってのは、連合軍の軍事裁判で戦勝国が勝手に決めた国際的には無効な裁判です。現代ではそんな裁判は通用しません。イラクのフセイン大統領を裁いたのはイラク人の法廷です。日本人の戦犯を裁く権利があるのは、日本の法廷のみです。

No title

*まーぶるさん。。
♪かわいい、かわいい、お豆屋さん(^ω^)

小学生がおばさん相手に商売をするんですから大変なんですよ~。ちょこっと一掴みオマケしてあげると客が喜ぶと云う、商売の駆引きをその時に学びました(^ω^)

11月23日の靖國神社の餅搗き大会は誰でも参加できます。今年は餅搗きをやろうと思ったのですが、残念ながら体調不良で行けませんでした。搗き上がったお餅も無料でふるまわれます。もちろん朝9時過ぎに行かなくてはなりません(^∇^)

拝殿の中は靖國神社ばかりではなく護国寺やその他の神社仏閣でも撮影禁止です。神様や仏様を撮影しちゃいけないんです。だから藪さん動画はほとんど遠景とか斜めから撮影している筈です(^∇^)

No title

新嘗祭は皇居でも23日に行われる様ですね
新米でお餅を作って天神、地祇に感謝し、来年の豊作を祈ります
式内社のほとんどが新嘗祭を執り行う様です
氏子が中心になって行う所も少なくないと云う事です
神田を持って厳粛に行われる所は数少ないようです

No title

*右近さん。。
皇居にはちゃんと田んぼがあって、天皇陛下自ら田植えをなさり、稲刈りをなさいます。皇居の新嘗祭の儀式は神事ですから、マスコミのカメラは入れません。

もちろん湯島天神でも新嘗祭をやりますが、24日にやります。一般には非公開です。稲穂は売店で売ってます(^ω^)

浅草神社(三社)もそうなんですが、田圃を作る敷地がないのでプランターで稲を育ててます。飯田橋の東京大神宮を取材したら、木の樽で稲を育ててました。秋に収穫して新米として氏子に提供するものと思われます。

旧水戸藩邸の小石川後楽園の庭園には、菖蒲田の横に50坪ほどの田んぼがあります。三代将軍家光の母(春日の局だっけ?^^)が庶民の心を忘れてはならないとして作らせた田圃で、四百年近い歴史があるんですが毎年地元の柳町小学校五年生が田植えをし稲刈りをして、収穫した米は給食で食べてます(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ