FC2ブログ

記事一覧

橘流寄席文字


 寄席文字と云うのは独特の書体で書かれます。芝居文字や相撲字などと共に江戸文字に属しています(それぞれの書体はすべて違います)。

現在の寄席等で使われている寄席関係の文字はすべて橘流です。東京の場合、台東区の下谷神社に「寄席発祥之地」の碑がありますが、それは江戸の最初のプロの噺家と云われる初代 三笑亭可楽らが、下谷神社の境内で木戸銭を取って寄席興行を行った寛永(じゃなくて寛政)年間の1798年から数えて二百年を記念して、建立されたものです。

また、その碑の隣には「寄席はねて 上野の鐘の 夜長哉」と云う、落語好きだった正岡子規の句碑があります。子規はおそらく、同じく落語好きだった盟友の夏目漱石と連れ立って、上野鈴本で三代目 小さんを聴いたに違いないと藪さんは推測します(^∇^)

参考までに下谷神社の取材記事・・・http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64293729.html

で、寛永(じゃなくて寛政)年間に始まった寄席興行と云うのは、それまではその手のお笑いは見世物小屋で行われる事が多かったので、江戸庶民に落語と云うスタイルを知ってもらうために、宣伝ビラと云うポスターをあちこちに貼りました。

当初は普通の書体で文字が書かれていましたが、30年ほど経過した天保年間になると、提灯や半纏に書かれた字体と歌舞伎の勘亭流の字体を折衷して作り出した独特な書体がビラ字と云われました。

それらのビラ字は、震災や戦災によって姿を消してしまいました。戦後落語の天皇と云われた上野黒門町に居住する黒門町の師匠(八代目 桂文楽 1892~1971)は、噺家を廃業して神田立花亭の楽屋主任をやっていた橘右近(1903~1995)に、ビラ字を集大成し寄席文字を復活するように命じました。

右近は江戸時代からのビラ字の膨大な資料を収集し、独特の書体を確立しました。昭和40(1965)年には文楽の勧めで「橘流」寄席文字を創始し、その書体が現代に至っています。

って事で、文京シビックセンターで行われていた文京博覧界の伝統工芸の部屋で藪さんが、橘右之吉さんのブースを撮影しながら例によって橘流寄席文字に付いて呟いてますと・・・右近さんの筆頭弟子の左近さんの話になった時に、左近は私の兄弟子ですと話し掛けて来た人がいました。

藪さんは、その展示場の係の人かと思って最初は無視して撮影していたのですが、なんとその人が橘右之吉さんでした。右之吉さん、あの時はたいへん失礼いたしました(^ω^)

鷲神社の二の酉の取材に行こうと焦ってましたので、余裕のある取材が出来なかったのですが、右之吉さんに「藪井竹庵」と書いてもらえばよかったなと後で悔やみました(^ω^)

データ・・・橘右之吉 昭和25(1950)年1月23日~ 本名=吉田秀男 右之吉さんの詳細に付いてはウィキで・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%98%E5%8F%B3%E4%B9%8B%E5%90%89

右之吉さんて藪さんと同学年じゃないか。藪さんて精神的にガキなのか、同年代の人と比べると20歳以上若く見られます。だから右之吉さんて年上のおじさんかと思ったら、藪さんと同い歳だった(^ω^)

 撮影データ・・・平成26(2014)年11月22日(土)午後 文京シビックセンター

コメント

No title

寄席文字
橘右近が現在のスタイルにしたと、聞いたような?にぎわい座のめくりを書いている橘流の先生はよく存じております。
なんか知りすぎると、頼めない感じになります。寄席文字は、字の大きさを整えやすい書体らしいです。

No title

おはようございます。(*^-^*)
次の年はこの催し物は行ってなかったので、
この動画も貴重な動画ですよね。〃⌒ー⌒〃
藪さんと同じ年だったのですね。
確かにお声に感じからも
藪さんの方が若く感じられます。ヽ(*´∀`*)ノ.+゚~♪.+゚
またお会いできると良いですね。o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

No title

この時の記事は覚えています。
あのような時は、色々な事を忘れてしまうのですね。
いつか頼める事を願っています(^^)

No title

*Marsさん。。
一之輔は日大芸術学部で落研だったから、高田先生や亡くなった右朝の後輩で、多分橘流の書家だった右朝の影響だと思いますが在学中に橘左近さんの寄席文字に弟子入りしました。帝国ホテルでの真打ち披露興行の時に、左近さんから木に書いた看板を貰ってました。

橘流の書家は現在は若い人も含めて20人以上いると思われます。その中でも右之吉さんは高齢の左近さんに代わって、一番活躍しているんじゃないでしょうか。普段は三宅坂の国立劇場の裏の演芸場の方へ入って行く右側にある、資料センターのようなところに詰めているようです。

No title

*まーぶるさん。。
今年のぶんぱくは体調不良で取材をサボっちゃいましたが、まさに一期一会で毎年伝統工芸の出し物が違うので、ぶんぱくで右之吉さんに出合う事はもうないでしょう。

右之吉さんは以前にも紹介しましたが湯島天神のお祭りのポスターの文字もお書きになっていて、藪さんとは違ってかなり活躍なさってます。足腰は痛くないんだろうか?(^ω^)

右之吉さんは伸びのある低音で渋い声なんですよね。藪さんの場合はどっちかと云うとミーハーな高音です。落ち着いて喋ればそれなりの大人の声なんだけれども、いつも即興でギャグを考えながら喋ってるので、まともな大人の声じゃありません(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
この日は浅草の鷲神社の酉の市の取材に行くのをメインに考えてましたので、遅くなって寒くならないうちに行こうと思ってたから、シビックセンターの一階でやっていたぶんぱくの取材は適当に切り上げちゃいました。

後で考えると右之吉さんが暇そうにしていたので、酉の市の取材は取りやめにして一時間以上右之吉さんといろんなお話をすればよかったなと反省しきりです。でもこう云うチャンスって二度と来ないんですよね。だから短い人生で、何をメインにするかってのを考えなくちゃいけませんね。

No title

私もこの時の記事は覚えています。
書いている手元をもっと映してほしかった~。
看板文字と現代書家の書く文字との違いが見たかった~。
現代の書家の席書はいろいろなところで見ることはありますが右之吉さんの書くところは私的には見ることはありません。
藪さん以上に私の方が残念です。( ゚Д゚)

No title

*安寿先生。。
撮影するのは失礼かと思ったので映しませんでしたが、藪さんはちゃんと右之吉さんの筆の運びを見てましたよ。

書道ではなくてレタリングに近いですね。書道は一気に字を書いて何度も字をなぞるなんて事はしませんが、橘流の場合は最初に字の位置決めをしてから、それぞれの線に何度も筆を入れて膨らませて行くと云うやり方です。ですから書道とは違って、一気に書いている訳じゃないんですよね。

二行の場合は右之吉さんは右利きですから、右側から書くんじゃなくて、まず左の文字を書いてから右の文字を書きます。こんな事を喋りながら撮影していたら右之吉さんに怒られちゃいますよね(^ω^)

No title

子供のころにお習字の先生が書いた字の上をなぞると提灯屋のマネはダメって云ってました。
看板文字は提灯の字と同じようになぞるんですね。でもなぞることは必ずしも悪いことじゃなくって書き終えた後ちょいと補筆するのもありなんです。
(^^)/

No title

*安寿先生。。
書道の場合は、一気に感覚で書くので墨のかすれなど同じものは二つとないですよね。

でも橘流の書体は決まっていて、印刷したようにすべて同じ書体で書くんです。客席が埋まるように出来るだけ紙面いっぱいに文字を書き、墨のかすれなどは空席をイメージするのであってはならないんです。

それじゃあ印刷すればいいじゃないかと思いがちですが、寄席の高座で演者名が書かれているめくりは、その都度橘流のお弟子さん達が書いていて、使いまわしはしないのが普通です。

ちなみに東京落語会などのホール落語ではあらかじめ演目が決まっているので、プログラムに書かれているように演題がめくりに書かれていたりしますが、一般の寄席では演目は噺家が楽屋入りしてから、根多帖と云って前座がそれまでの高座で演じられた演目を書いているものを見てから演目を決めるので、めくりには噺家名だけしか書かれていません。

No title

寛政だったような?

No title

*雛やさん。。
ありがとうございます。下谷神社で最初の寄席興行が行われたのは、寛永年間(1624~1645)じゃなくて、寛政年間(1789~1801)でしたね。訂正しておきました。

No title

橘右近、左近さんですね
TVの大喜利にも書いていますよね
独特の文字は橘流江戸文字と云うのでしょうか

No title

*右近さん。。
橘流寄席文字が使っている筆は、隈取り筆と云うそうで、太くて毛先が短いのが特徴です。右之吉さんは太筆と細筆の二本を使ってました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ