FC2ブログ

記事一覧

富久


 菖蒲園さんにヤフーブログの落語部門を任せてしまって、藪さんはサボってばかりで申し訳ありませんでした(^ω^)

まあ暮れくらいはまだチューブに削除されていない動画を使って落語記事を書いても罰は当たるまい。

【富久】(とみきゅう)

【登場人物】
幇間(ほうかん=たいこもち)の久蔵(きゅうぞう)。浅草三間町(さんげんちょう=現在の浅草駒形辺り)の裏長屋に居住。酒癖が悪い為に方々の客をしくじり、目下失業中。
芝の久保町(くぼちょう)に住む、久蔵の上客の旦那。
町内の鳶頭(かしら)

【概要】(志ん生版)
酒乱の久蔵は、酒で客を次々としくじって浅草三間町の長屋で貧乏のどん底暮らし。仕事にあぶれて、師走の半ばになって当てなく歩いている。知り合いに呼び止められ、相手が隠居して富くじを売っていると云うので、乏しい懐から一分(いちぶ=2万円)を出して一枚買う。「鶴の千五百番」と云ういい番号だ。家へ帰り、なけ無しの小銭でお神酒を買って大神宮様へ供え、くじ札はお宮の中へ仕舞う。お下がりのお神酒を飲んで寝てしまう。

夜中にジャーンと来て、見当を見ていた近所の住人から、火事は久さんの客がいる芝の久保町辺りだぞと教えてもらう。火事見舞いに駆け付ければ出入りが許されるのでは? の心積もりがあるから一目散に走り出す。

出入りを許され、近火も収まって見舞い客の応対の手伝いをする久蔵だが、届いた酒を飲みたくて堪らない。酒が届いた事を旦那に知らせると、『そっちへ置いときな』と素っ気無い。久蔵が何度も酒の届いた事を知らせるので、それを察した旦那は、『お前は酒でしくじって出入り禁止になったんだろ。それを忘れちゃいけないぜ。でもまあ、遠くの三間町から駆け付けたご祝儀だ。飲みな! でも、たんと飲んじゃいけないぜ』。ってんで、飲んで寝てしまう。

また半鐘が鳴り、今度は浅草の三間町見当。旦那はふと思い出して久蔵を起こさせて、『こんな事は無いよ、無いけども、もし焼けちゃったら家へ戻っておいで』と久蔵を送り出す。

火事の掛け持ちをした久蔵の長屋は丸焼け。やむなく久保町へ戻り旦那の家へ居候。小遣いは貰えるが、久蔵としては自分の商売がしたい。それには、方々に借金があるのでそれを返さなくてはならない。数日ぶらぶら歩いていたが、人が駆けて行く。『何ですこれは?』と聞くと、富の当日だと教えられる。『そうだ、俺も買っていたんだ』と、久蔵も見に行く。いよいよ一番富。『本日の突き止めぇ~。鶴のせんごひゃくばぁ~ん』(^o^)

『オイオイ。ここに倒れている人がいるよ』。久蔵は気絶していた。起こされて、『どしたんだい?』と聞かれて、『あた、あた、当たったぁ~』。皆んなに担がれて連れて行かれて、『あなたが当たったんですか? じゃあ、札を出して下さい。札が無くちゃ駄目です』。『札は~。ポ~』。

しょんぼりして歩いていたら鳶頭に呼び止められて、『どこに行ってたんだよぉ~! 火事ん時ゃおめぇがいねぇから、奴(やっこ)に担がせて布団を持ち出した。さすがに芸人だな。立派な大神宮様のお宮があったから持ち出して家に置いてあるから持って行きなっ!』。鳶頭の家へ飛び込んだ久蔵は、大神宮様の扉を開けて、富札を発見した。『そ~かぁ。千両(八千万円)富に当たったのかぁ? 良かったなぁ。それでどうするんだ?』。『大神宮様のお陰で方々へお払い(お祓い)が出来ます』。

 データ・・・八代目 桂文楽 明治25(1892)年11月3日~昭和46(1971)年12月12日 享年79 前名=翁家馬之助 出囃子=野崎 紫綬褒章 勳四等瑞宝章 本名=並河益義 通称=黒門町の師匠

【雑感】
この演目は、私が最も好きな演目の一つです。演者の力量が問われる作品でもあります。実にダイナミックで、しっかりした作品です。志ん生も黒門町も十八番にしている作品です。どちらの大師匠のバージョンも非の打ち所が無いほど、研究して作り込まれていますので「鰻の幇間」同様、志ん生と文楽の違いを知るには最適な演目です。是非とも両方を聞き比べていただきたいものです。

三系統あるやり方のうち、現在残っている音源では、志ん生と文楽と可楽がそれぞれを受け継いでいます。黒門町のバージョンでは、当り番号が「松の百十番」になってます。志ん生は細かい事を考えずに、人間味のある酒飲みの久蔵の貧乏生活を演じていますが、黒門町のは細かい部分でちょっと違います。例えば、浅草三間町と芝久保町間(約10キロ)をマラソンランナーでもない野幇間(のだいこ)の久蔵が夜中に走って往復するには距離が長過ぎると考えるのが黒門町の発想です。ですから、浅草鳥越と日本橋横山町間(約5キロ)に距離を短縮しています。可楽バージョンでは、久蔵の長屋=日本橋へっつい河岸、旦那の家=芝久保町。当り番号=鶴の1555番。

三遊亭圓朝作。文楽はこの作品を心酔していた三代目 三遊亭圓馬から教わっている。昭和41(1966)年、74歳の時に文楽は、この作品で二回目の文部省芸術祭賞を受賞している。一回目は、昭和29(1954)年の「素人鰻」で、噺家としては初の芸術祭賞受賞。

客無しでこれだけの落語が出来た文楽は凄いと云う他ない。例によって出が拍手もないし寂しいので、藪さんが勝手に出囃子の野崎を追加しておきました(^ω^)

コメント

No title

この噺で面白いのは久蔵の描き方ですね。少し酒乱気味な文楽師と呑むとだらしなくなり寝てしまう志ん生師。その他にも細かい点が違っていて両方聴いても飽きませんね。
(^^)

No title

おはようございます。(*^-^*)
時間がなくて全部見れませんが・・・
落語は良いですね。ヽ(´∀`)ノ .:。+゜。
表情に仕草。人間像がイキイキとしてますね。
美味しそうにお酒を呑むシーンもたまりません。
(*⌒▽⌒*)

No title

幇間
酒でしくじった野郎が、酒呑んでホロ酔いから本格酔いに近い状態で火事見舞いの受付をするってんですから、
やっぱり落語なんだと、思わせてくれる一席です。久蔵!って名前の落語家、もっと居てもいいと思います。

No title

黒門町、流石に格調が高いですね。

No title

*菖蒲園さん。。
文楽はこの演目を圓馬から教わったと伝えられています。三代目 圓馬は文楽や金馬の事実上の師匠でしたから、心酔していた圓馬の富久をやるのにかなり苦労したはず。だから第四次落語研究会の高座では富休になっちゃったんですね(^ω^)

圓馬の繊細さを受け継いだと云われている文楽と、40過ぎまで売れなくて三語楼一門に入って爆笑落語を学んだ志ん生とは、おのずからやり方が違うんです。文楽はほとんどくすぐりを入れませんが、志ん生の富久は随所にくすぐりを入れてますね。

No title

*まーぶるさん。。
当初のチューブには十分までの長さの動画しか上げられなかったので、長い落語を分割して上げると云う苦労をしましたが、やがてグーグルと云う大資本が付いて、底なしに資金が必要な動画サーバが構築されたので、長い落語動画も一本で上げられるようになりました。

けちなヤフージャパンは、たった一年で金の掛かる動画サーバから撤退しました。現在ヤフーブログの記事に貼ってあるチューブ動画ってのは、けちなヤフージャパンがグーグルのふんどしを締めてるって事なんです(^ω^)

これが名人と云われた人がやっている本物の落語です。現在テレビで流れているインチキな落語と称しているまがい物とはぜんぜん違うと思います。落語に笑いは必要ありません。一人芝居でストーリーを語り、客を引き付ける実力があればね(^ω^)

No title

*Marsさん。。
こんな事を云うのはおこがましいんですが、圓朝が作った落語って整合性が取れていない部分が多いと思います。

酒でお得意をしくじった久蔵が、火事見舞いに行って出入りを許されたからって、すぐに酒を飲むなんて事はあり得ないでしょう。藪さんだって酒気帯びで捕まったあとには一週間くらいは反省して酒を呑まなかった(^ω^)

No title

*けんちゃん。。
その通り。格調が高くて落語の教科書のような映像です。

ちなみに文楽は富久の音源を13本残しました。そのうち映像は3本。この映像は文楽が72歳の時のフィルム映像。あとの二本は文楽が78歳の時の晩年のビデオ映像です。更に云うと志ん生は富久の音源を4本残し、可楽は3本です。馬生の富久も良かったですね。

No title

*盆町子さん。。
太棹で演奏する浄瑠璃の野崎を春團治の出囃子だと決めたのは二代目 春團治です。文楽は春團治よりも年上でしたが、二代目に心酔していて兄貴としたってました。文楽は春團治の許可を得て東京で野崎を出囃子に使わせてもらったんです。

文楽の他にも東京で野崎を出囃子に使った噺家がいました。圓生が戦後大阪から連れて来た三遊亭百生。百生は元は初代 春團治門下の桂梅團治でしたからルート的には正しい。

あとは小南さんですね。彼も小文治門下ですから初代 春團治とは関係があるんです。

志ん生の一丁入り。圓生の正札附。正蔵のあやめ浴衣。可楽の勧進帳。出囃子は二ツ目になった時に下座の三味線のお師匠さんがその人の芸風に合った曲を長唄等から引用して決めてくれるんです。もちろん小遊三のようにボタンとリボンと云う曲を自分で決める人もいます。

No title

冨久、おみくじは昔も今も変わりませんね
もっともそうした人間の心理を面白く話すのだから、半分本音で半分当たりぁしないと冷めています
笑って済まされるのが一番幸せですね
ナイス

No title

*右近さん。。
この演目は江戸時代に実際にあった話を、明治期の落語の大家だった三遊亭圓朝が落語にしたらしいです。

富くじで大金を当てるってのが貧乏な庶民の気持ち。それは現代の宝くじでも同じです。折角当ったのに火事で燃やしてしまったと思った久蔵。江戸は冬場に空気が乾燥しているので火事が多かったと云うのも入ってます。鳶の鳶頭(かしら)が留守宅の品物を持ち出してくれたってのも下町の人情です。

ちゃんとした落語ってのは単なる笑い話ではなくて、いろんな要素を良く考えてストーリーにしているんです。文楽は酒でしくじった幇間が、火事見舞いに行った事で旦那に出入りを許されると云う機微を語っていました。そこのところを聞き取って欲しいと藪さんは思います(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ