FC2ブログ

記事一覧

神田明神


 藪さんは仙人ではなく皆さんと同じように毎年一歳ずつ歳を取りますので、子供の頃には神童と云われたのに年々脳が衰えてきて、ちょっとした事が思い出せない。昨日も「生活保護」と云う用語が出てこなくて苦労した(^ω^)

いろんな事を忘れているんだけれども、ブログってのはネット上の日記と云うコンセプトで生まれただけあって、日々の状況を出来るだけ毎日記事にしておくと、後で過去記事を読み直すとその時の状況が蘇ります。

と云う事で今年の元旦に神田明神へ行った時の記事は、今読み返しても面白い。
 江戸っ子だってねぇ? 神田の生まれよう・・・ってフレーズがありますな。

それに付いて考察してみるに、江戸時代に江戸っ子だなんて云ってたんだろうか? あのフレーズは、二代目 虎造さんが石松三十石船で使って「飲みねぇ、飲みねぇ、寿司を食いねぇ」と共に、娯楽の少なかった昭和20年代に流行し、それから神田で生まれるのが江戸っ子と云うようになったのかも知れません(^ω^)

落語に出て来る大工と云えば政五郎。どこに住んでいるかと云うと神田竪大工(たてだいく)町。つまり神田には威勢のいい職人が多く住んでいたから、そう云うタイプの人間を江戸っ子と云ったのかも知れません(^∇^)

物事をよく考察する人間は、小石川とか本郷に住んでいて、そう云う人たちの事は江戸っ子とは云わずに先生と云った(´,_ゝ`)プッ

神田と云う地名に関しては、ブラタモリでも紹介していましたが、あの陽がよく当る東向きの本郷台地の斜面を利用して段々畑が作られて、本郷台地に降った雨水が段々畑に行き渡り武蔵野の寒村でも良質の米が収穫できたので、神の田んぼ、つまり神田となったらしい。

境内に入ったら、根津神社では既に撤去されてましたが、師走大祓いの茅の輪が手水の右隣にまだ撤去されずに残ってました。しかし誰も茅の輪くぐりをやってなかった(^ω^)

あの場所には米俵の上に乗った大黒様の像があるので、そこへお参りする人が行列していたから藪さんは茅の輪くぐりが出来なかった。

神田明神は深川の富岡八幡宮と共に商売の神様と云われているので、会社系の参拝客も多く見受けられ縁起熊手を持ってました。今回は銭形平次の碑や本殿裏の取材はしなかったのですが、おそらく本殿裏には縁起熊手を売る屋台が出ていたのではないかと思われます。

今回の取材で藪さんは、神田明神はよく工夫しているなと思いました。神田明神は藪さんの超ローカルの神社とは違って、正月には数十万人以上のたくさんの参拝客が来る神社ですから、地元の神田警察が周辺道路を封鎖するのは当たり前。

神田明神は千代田区の領土なのですが、藪さんのところからは秋葉原の手前にあって近いので、並みのエドツコよりも神田明神の事をよく知ってる先生です(^ω^)

神田明神の境内に入るには、表参道の他に四ヶ所の入口があります。湯島天神とは違って表参道に行列を作らせない工夫がしてありました。参拝客はどこに並ぶのかがよく考えられていて、あちこちにお札を販売する場所が作られていました。たくさんの参拝客がいるのですが、それぞれに混雑が分散されていて、境内に入れないと云う状況ではありませんでした。

もちろん、神田明神は湯島天神よりも広い敷地を持ってるからそれが出来る訳で、藪さんが文京区の湯島天神を批判している訳ではありません(^∇^)

 撮影データ・・・平成29(2017)年1月1日(日)午前9時15分 神田明神

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
神田明神も朱色が美しい神社ですね。ヽ(´∀`)ノ .:。
+゜。
確かに混雑を分散させてますね。
茅の輪くぐりもあえてくぐらせないで
参拝者の皆様にお怪我のないようにしているように
思います。
落語の世界の「江戸っ子」と「先生」との違いが、
目に見えるように判ります。(*′艸`)

No title

ご参拝。
家内安全❗健康祈願❗
平成30年も宜しくお願い致します。

薮さんにとってより良き
お年となりますように〜(^-^)
年々寒さが和らいでいるように思われますが、、お風邪などしかずにお正月をお迎えくださいね。

🍶🍷 。

ななくさ(因みに1月7日・七草の生れ)

No title

*まーぶるさん。。
神社のレイアウトがどうなっているのかを考えてみるのも面白いです。

湯島天神はコンパクトに本殿周りを一周できるので楽に回れるから藪さんのお気に入り(^∇^)

神田明神は、拝殿前に広場を作ってます。神田祭の時に数多くの氏子町会の神輿が宮入りしますからね。茅の輪の件ですが、取材日は元旦でしたから大黒様の石像の前に移動したんだと思います。大晦日には拝殿前に置いて大祓いの儀式をやったんだと思います。

根津神社でも6月30日の夏越の祓い同様に、大晦日には唐門の前に茅の輪が置かれていたと思われますが、元旦に行った時には撤去されてました。

大黒像の右横にいた神馬の件ですが、今年の5月の神田祭の前に取材に行った時には拝殿の右横に移動してました。神田明神は現在工事をしていて、拝殿の左側に大きな建物を建築中です。ですから駐車場やその上の庭園も撤去されてました。

No title

*ななくささん。。
江戸っ子ですね(^ω^)

「風邪などひかずに」がどうしても「風邪などしかずに」になってしまう。「ひ」と「し」の区別が藪さんも良く判らなくて、変換には苦労してます(^ω^)

ななくささんも、良いお年をお迎えくださいね。

大晦日の夜は何とか雨が降らないみたいなので、ドームのジャニーズ事務所のカウントダウンイベントはそっちのけに、除夜の鐘の取材に行きたいです。

今年は七社の神社巡りはやめて、小石川七福神巡りをしたいです。ななくささんも七福神巡りはいかが? 記事根多になりますよ。

No title

私は神田明神そばの寮に若いころ10年近く住んでいました
年末にお参りして、正月は三日過ぎに行きました
明神裏の公園が遊び場でした^^
今年もいろいろお世話になりました
来年もどうぞ宜しくお願いいたします
良い年をお迎えください

No title

ご無沙汰してます。パソコンがストライキでお伺い出来ませんでした。
子供のお古でそれを10年以上使っていたので寿命が尽きたようです。
新しく買い換えます。

神田明神懐かしいです。近くの末広町に仲良しが住んでいたので時々立ち寄りました。

No title

*右近さん。。
神田明神には、拝殿に向かって左側、手水の右横に大きな大黒様の石造がありますね。だから商売の神様として会社関係の団体の初詣が多いですね。三が日明けの四日や、会社の始業日の参拝が多いようです。

本殿裏の左横に公園がありますね。現在は駐車場やその上の屋上庭園を壊して大きな建物を建築中です。去年は元旦に神田明神へ行きましたが、その状況が判っているので今年は正月明けに取材に行きたいと思ってます。

昨年はたくさんのコメントと「ナイス」をありがとうございました。今年もお元気でお過ごし下さい。

No title

*盆町子さん。。
まあ会社関係のお参りってのはお付き合いのようなモノで、お参りする気はないけど行かないと業務に支障をきたす(^ω^)

そのあとの打ち上げが楽しみで行くようなもんですね(^ω^)

この後に靖國神社へ行ったのですが、女性の和服は見なかったけど男の和服を見ましたよ(^∇^)

No title

*安寿先生。。
藪さんがメインに使っているパソコンは、10年以上前のモノでVista-OSです。最近矢鱈とシャットダウンするようになりましたが、パソコンなんてのは不完全な家電であり碌なもんじゃないんです。

ITが未来の技術だなんて云ってるのは何にも判ってない、振り込めサギに騙される連中と同じようにバカなんです。藪さんは新しいパソコンを数台持ってるのですが、糞(失礼^^)マイクロソフトなんか信用してないので、一番使いやすいと思ってる、マイクロソフトがウィルスの排除サポートを終了したVista-OSを使い続けます。

国のパソコンシステムがウィルスにやられた時に、東京都のシステムは影響を受けませんでした。何故ならパソコンウィルスってのは古いシステムには対応していないからです。

マイクロソフトがサポートを終了したからって全然問題ないんです。むしろ最新ウィルスから安全なパソコンになったと云えます。ただしそれは40年近くパソコンをやってる藪さんのようなエキスパートだから云える事で、一般の人は延々とマイクロソフトと云う詐欺師に騙され続けるのです(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ