FC2ブログ

記事一覧

湯島天神は遠かった


 ヲイヲイなんだよこのタイトルは?

湯島天神なんざ、藪さんの家から電チャリで直行しても十分で行けるし、神田明神の横にある公園の坂を下って行けば、まっつぐに湯島天神の表鳥居に行ける。電チャリなら三分で行ける。

藪さんはオリーブ・・・じゃなかった・・・ナイーブな人間だから、寅さんと同じようにすぐにヘソを曲げて旅に出ちゃう。でも結局は柴又に帰って来る(^ω^)

って事でね。藪さんは2月3日に湯島天神の豆撒きも取材してるんですが、その記事を書く気力が湧かなかったんです。だから湯島天神の記事を書くのが遠かった(^ω^)

冬季オリンピックもさる事ながら、藤井聡太君の活躍は凄過ぎる。朝日杯と云う将棋のタイトルは、現在の八タイトルに次ぐレベルなんですが、現在の佐藤天彦名人や羽生二冠を負かしさらに決勝戦で広瀬八段に勝って優勝しちゃった。

わずか15歳の卒業式間近の中学三年生がとんでもない快挙です。オリンピックの金メダルを十個くらい取ったような凄い事なんだけれども、将棋を知らない人には判らないだろうね(^ω^)

 撮影データ・・・平成30(2018)年2月3日(土)午後2時45分 湯島天神

コメント

No title

おはようございます。(*^-^*)
残雪に梅の開花。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">
風情があって良いですね。+.゚(*´∀`)b゚+.゚☆
こんなに混んでると怪我人が出ないかと
心配してしまいますね。ヾ(・ω・`;)ノ
中学生なのに名人達に勝ってしまうなんて凄いですね。
藤井君昇段ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆オメデトォ♪

No title

こんにちは😃
記事更新が、遠かった・・・
(^-^)
時間と、また、書く気持ちが一致した時でないと、中々大変ですね。
私なんて、今は時間に追われて忙しくしています。
貧乏暇なしとは・・・私の事。

薮さんは、取材に頑張っていますよ。

(^-^)、お身体ご自愛くださいね。

No title

私は将棋は全くの門外漢。藤井君の記事が出るたびに夫が一生懸命説明してくれますが解ろうとしない身には糠に釘です。
中学生が国民栄誉賞の人に勝ったのですから凄い中学生だってことぐらいま解りますが・・・
湯島天神の梅がきれいなんでしょうね~。(*^-^*)

No title

平昌五輪後、圓楽党に「麗楽」が誕生する予感がします!!

岩渕麗楽(スノボ)が可愛い!プロフィールや経歴と五輪出場に収入は? http://hirohiroblog.com/leila-iwabuchi/

藤井六段と同年代です。如何にも東北の香りを感じる少女です。親は、エリック・クラプトンのファンなんですかね?金曜日が決勝です。

No title

この間C級だったのがもう六段ですから凄いです
まだ中学生だからどんどん伸びますね
国民栄誉賞の羽生竜王を破っての快進撃に官邸も面食らっている様です
藪さん無理せずに暖かい日に出かけてください
まだ風が冷たいです

No title

私は将棋は駒の動かし方ぐらいしか分かりませんが、凄いということは判ります。(^^)
囲碁なら多少は出来るのですが……。

No title

*まーぶるさん。。
この映像は半月以上前の2月3日のモノですから東京でも大雪が降ったあとの映像なので雪が残ってますね。現在は東京の雪はすべて消えてます。

この後実際の豆撒きの記事を書くつもりですが、今年は例年になく大混雑だったと思います。湯島天神では簸川神社と違って入れ替え制ではないので、あんな状態では子供が豆を取るのは危険です。もうちょっと考えていただきたいと思いますね。

藤井六段の凄さは将棋をご存じない方には実感がないと思いますが、百年に一人と云うような逸材です。藪さんは彼と同時代人であってよかったと思います。現在15歳半で中学三年生の彼は、将棋界のすべての記録を塗り替えると思います。

No title

*ななくささん。。
2月3日の湯島天神の取材動画は、まだ編集してませんがあと数本あります。最近は矢鱈と眠くて記事を書こうとすると眠くなって書けません(^ω^)

播磨坂の黄色の24番さんや、白山神社の階段上や清和公園の河津桜は、もう花の盛りは過ぎちゃったでしょうねぇ。花の色は移りにけりなイタズラに、藪さん取材で眺めせし間に(^ω^)

牛天神の日曜日の献梅会の取材もサボっちゃった。湯島天神の梅まつりは来月の8日までですが、梅は今が盛りでしょうね。土日には野点や舞台で奉納演芸もあります。今週の日曜日は松坂屋のお祭り広場から出発して湯島天神へ宮入りする天神神輿の渡御があるので、お天気が良ければ何とか取材に行きたいです。

No title

*安寿先生。。
回り将棋とか、挟み将棋とか、軍事将棋なんてのもやりませんでした?

藪さんが子供の頃は当然ビデオゲームなんてのはなかったから、子供の遊びと云えばメンコやベーゴマやビー玉やけん玉でした。雨が降った時には、当時は子供が多かったから誰かの家へ集まって将棋でした。

ちゃんとした将棋は本将棋と云ってましたが、本将棋以外にもお金将棋とか、将棋の駒を使ったいろんな遊びがありました。五目並べも良くやりました。

湯島天神は電チャリで十分で行けるので、行こうと思えば行けるんですが、最近出不精になっちゃって、なかなか行く気力が出ません。小石川後楽園は旧水戸藩邸ですから当然ながらたくさんの梅の木があるのですが、梅の時期には他へ取材に行っちゃうので、梅まつりをやらない水戸様の取材はしてません(^ω^)

No title

*Marsさん。。
麗楽は噺家の場合は「れいらく」でしょうが、スポーツ新聞の見出しに麗楽とあると、これは「れいら」ですね(^ω^)

♪チャカチャカチャカチャ~ン・・・と云うイントロで始まるクラプトンの「レイラ」をどうしても思い浮かべますね(^ω^)

最近の日本人の名前って、何と読むんだか判らないのが多いですね。太郎とか花子なんて名前はほとんどなくなってるみたい(^ω^)

No title

*右近さん。。
藤井君が三段の奨励会を卒業して四段のプロになった時の初戦が加藤一二三九段。それから29連勝。それにストップを掛けたのが、現在「勇気玉(ゆうきぎょく)」と云われている玉の動きを編み出した佐々木勇気五段です。

その一敗はしましたが、その後も藤井君は勝ち続けて勝率八割以上でプロ五十勝して最年少五段になりました。そのたった16日後に全棋士が参加する朝日杯で優勝して、最年少六段になりました。

藤井君に敗れたとは云え、現在の将棋界のトップは羽生竜王・棋聖二冠です。いずれ藤井君は二十歳までに、八冠のタイトルの幾つかを獲得するでしょう。でもその時に羽生二冠は大きな壁になるはずです。

藪さんが藤井君を応援する理由は、まだ中学三年生ながら非常に謙虚だからです。しかもインタビューのコメントが考え抜かれていて素晴らしい。政治家に見習わせたいですね(^ω^)

No title

*菖蒲園さん。。
藪さんは志ん生と同じで囲碁はまったくできません。五目並べなら出来ます。その違いは馬生の笠碁のマクラになってますね(^∇^)

囲碁将棋は結構落語に取り上げられてますね。碁泥とか将棋の殿様なんかです(^∇^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藪さん

Author:藪さん

月別アーカイブ